「 オススメの小説など 」 一覧

池井戸潤のオススメ小説ベスト5を紹介!

池井戸潤を読もう! 池井戸潤さん小説の醍醐味と言えば勧善懲悪。 どの作品を読んでも作風が一貫しており、逆転に次ぐ逆転の展開は読んでいて爽快ったらありゃしない! そんな池井戸潤さんの作品の中でも、

続きを見る

小説作家・池井戸潤の作品はなぜ面白いのか?

社会の縮図がそこにある こんにちは。 新常です。 今回は表題にもあるように、なぜ池井戸潤さんの作品は面白いのか?というのを考えてみたいと思います。 本を読む習慣がない人も、そうでない人も、池

続きを見る

加藤シゲアキの小説「ピンクとグレー」の感想を書評っぽく

イケメンで文才あるとかずるくない? みなさんこんにちは。 新常です。 表題にもあるように、加藤シゲアキさんの「ピンクとグレー」の感想を書いていくわけですが、そもそも皆さんは加藤シゲアキさんをご

続きを見る

医療者にオススメ!久坂部羊の小説「悪医」&「芥川症」

久坂部文学は医療系小説の最高峰!(だと思ってる お医者さんの作家と言えば、森鴎外、安部公房(医者じゃないかも)、渡辺淳一さんあたりが有名でしょうか。 最近では海堂尊さんも人気がありますよね。

続きを見る

悪の教典は映画(動画)と小説のどっちから見るべきか論争

悍ましい?それでいいじゃない 皆さんは今は亡き深作欣二監督作品「バトル・ロワイアル」という映画を知っていますか? 発表された当時、あまりに作風が残虐だったので世間の風当たりも当然厳しく、映画発表時

続きを見る

「無痛」を読んで久坂部羊の描写力に吐きそうになった

医療×ミステリー=エグい 私は最近純文学にはまっていて、川端康成、夏目漱石、安部公房、三島由紀夫、谷崎潤一郎ら、純文学を代表する作家の作品をここ半年で一通り読み漁ってきました。 そんな純文学ブーム

続きを見る

谷崎潤一郎の小説「痴人の愛」は比喩表現の宝庫だった

谷崎文学は比喩の宝庫 どうもこんにちは。 新常です。 私事ですが、最近谷崎潤一郎さんの小説にすっかりはまっています。 おかげで日本文学ってなんとなく喰わず嫌いだったんですが、そのイメージを一

続きを見る

▼「君の名は。」7/26より高画質無料配中です!!
君の名は。バナー

PAGE TOP ↑