高級腕時計選びはブランドやデザインよりもサイズを重視すべき

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 時計とか

      

なぜ時計は男の心を惹きつけるのか?

先日時計に関する記事を書いたんですが、その後時計屋にふらっと立ち寄って気がついたら新たな腕時計を一つ購入していましたw

今回私が購入した腕時計は「オメガシーマスターアクアテラ」というモデル。
型番号はややこしくなるので伏せておきます。

そして実はロレックスにも似たようなモデルの時計があり、値段的にもデザイン的にも新社会人に届きそうなモデルなので、腕時計の選び方を含めこの場で色々と情報をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

 

アクアテラの全体像はこんな感じ

new_img_3926new_new_img_3927new_img_3928
今回購入したモデルのスペックは、3針、手動カレンダー、自動巻き、シースルーバック。
ケース径は36mm。

自動巻というのは機械式時計特有の巻上げ方式のことで、背面に付いている振り子が振れるたびに自動でゼンマイを巻き上げてくれる機構のことです。

シースルバックというのは2枚目の写真のように背面がスケルトンになって内部機構が見える状態の時計のことです。

ちなみに今回私が購入したモデルは現行モデルでは無いので現在生産はしていません。
私が知るアクアテラの最新モデルはこんな感じ。


オメガ シーマスター アクアテラ クロノメーター マスター コーアクシャル 

普通にカッコいいですね。

私の所有するモデルは文字盤が黒ですが、こちらの新しいモデルは濃いめの青なのですごく爽やかな印象を受けると思います。

時計選びのポイントは?

私が時計を選ぶ上で必ず重視しているポイントは、

1、デザイン
2、ブランド
3、サイズ感

以上の3点です。

デザインやブランドは人の好みがあるでしょうが、3のサイズ感は以外と重要。
自分にあったサイズの時計であれば、よりカッコよく見せることができます。

new_img_3928
私の腕の周りは16㎝で今回購入した時計のケース径は36mmです。
自分で言うのもなんですが、このサイズかなりジャストフィット。

これが40mm以上の時計だとかなりゴツゴツした印象を与えてしまいます。

G-SHOCKがスーツに合わない理由はまさしくそれなんです。
G-SHOCKはケース径が大きすぎるのでどうしてもボテっとした印象を与えてしまうんです。

new_img_3929
並べた画像の方がより分かりやすいかも

new_img_3931new_img_3932
手首周りに対しての時計の径が全然違うのが見てわかると思います。
6mmサイズが違うとここまで大きな印象になるんです。

もちろん時計の厚みなどもありますが、それでも用途によって腕時計のサイズは変えるのがいいと思いますよ。

フォーマルな場面には小さめの時計を

先ほども言ったように径が大きい時計は目立ちやすいのであまりフォーマルな場面には向きません。
ピッタリスーツがカッコよく見えるように時計も気持ち小さめの時計を選ぶとカッコよく見えます。

私のように手首周り16〜17センチ前後の人であれば36mm〜38mmくらいのケース径が経験上ちょうどいいサイズだと思います。
このあたりのサイズは実際に見るとけっこう小さく見えるんですが、傍目から見るとすごくカッコよく見えるサイズなんです。

このサイズ感で社会人に一番人気のあるモデルはロレックスのエクスプローラー1というモデルですね。


ロレックス エクスプローラー1 Ref.214270

このモデルは3針、自動巻き、シースルーバック、手巻きカレンダー搭載なので、アクアテラと全く同じスペックです。

ですが、残念ながらエクスプローラー1のケース径38mmのモデルは中古でしか出回っていません。
それでいて値段が全く落ちないのでどれほど人気があるかは想像に難くないですね。

そして最初に紹介したアクアテラの現行モデルのケース径は41.5mmなので少し大きめ。
このサイズ感ではビジネスシーンでは大きすぎるのでエクスプローラー1の方がサイズ的には無難です。

社会人がしている時計でよく見るのが「クロノグラフ」という機構を搭載した時計なんですが、基本的にクロノグラフは40mm以上のケース径の物がほとんどなので、ストップウォッチ機能が必要ない人は3針のシンプルな時計をしている方がスマートに見えると思いますよ。

ロレックス・オメガが人気なのには理由がある

私は基本的にミーハー嫌いなのでロレックスやオメガを敬遠してたんですが、今回初めてオメガの時計を購入してなんとなく人気の理由が見えてきました。

やっぱりなんだかんだ値段の割にデザイン性も高くサポートもしっかりしています。
それでいて防水機能などのスペックも他の高級時計メーカーより高いので、「実用性」が高いんです。

パテックやバシュロンなどの高級時計は腕にしているだけで気を使ってしまうので、あまり実用的ではありません。
完全に宝飾時計、女性でいうダイヤの指輪みたいな位置付けです。

なので、「仕事でガシガシ使いたいけど安い時計はしたくない!」という人にはオメガ・ロレックスの2ブランドはオススメですよ。

時計は一生モノ

時計は時を刻むだけではなく、あなたとともに生きて行くモノです。
使えば使うほど愛着がわき、味が出てくるものです。

なので最初は安いのを買おう!ではなく、自分が良いと思う時計があれば思い切って購入するべきです!
結果的にそれが安いのであれば良いんですが、高いから買うのやめとこーは後で絶対後悔しますよ!!
一生使うつもりで奮発してみてください!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

高級時計が欲しい人に伝えたい!買って良いこと悪いこと

高級時計は良いことばかりじゃない! こんにちは、なんちゃってブロガーの新常です。 この記事にたど

記事を読む

パテックフィリップのアクアノートが私の左腕にやってきた。

世界最高峰の至福 最近は気温が下がってきて一段と体調管理に気をつけている新常です。 以前衝動的に

記事を読む

社会人なら初ボーナスの使い道はいい腕時計でしょww

腕時計買っちゃう? みなさんこんにちは。 当ブログ管理人の新常でございます。 予め断っておき

記事を読む

時計大好き歴10年の私が20代若者にオススメの腕時計を紹介!

この記事は機械式時計のみを紹介します みなさんこんにちは。 新常です。 最近になって、1年近

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑