初めての石垣島・宮古島旅行に必要な持ち物リスト!事前準備はしっかりと!

公開日: : 最終更新日:2018/05/25 旅・観光

      

旅行を楽しむコツは最高の準備!

初めての離島旅行前は、飛行機の時間と同じくらい事前準備が気になると思います。
まぁそれも含めて離島旅行の醍醐味なので、大いに楽しみましょう!

 

 

じゃねぇー!!

危ねぇ、危ねぇ。
「楽しみましょう!」の一言で、危うくこの記事の存在意義を欠くところでした(笑

私の経験上、離島旅行の事前準備は「必ず必要なもの」「あると良いもの」「多めに必要なもの」「少なめで良いもの」の4つに大別されます。

特に必ず必要な物が不足すると、現地での余計な出費にも繋がります。
いや、現地調達できればまだ御の字。
最悪品不足で購入出来ない事も考慮しておくべきですね。

この際ですから、忘れないうちに一通り揃えちゃいましょう!

端的に持ち物リストを列挙しても良かったんですが、書きながら自分も楽しくなってきていつも通り長くなっちゃいましたw
なので、最後まで気長にお付き合いください!

▼離島旅行は飲む日焼け止めが大活躍!
やかないサプリ

サンダル(必ず必要)

海に入ることを考えている方は、必ずサンダルを持参しましょう。
ちなみに、ビーサンではなくクロックスのようなヒールストラップ付きのサンダル推奨!

「海に入るだけなのにサンダル必要なの?」

という疑問が聞こえてきそうですが、サンダルには海とあなたを守るという2つの意義があります。

離島の海の浅瀬には、足の踏み場もないくらい大量の珊瑚が生息しています。
むしろ珊瑚以外の踏み場がない。
なので、もしサンダルを履いていないと、鋭い珊瑚を踏んだ時に怪我をしちゃうんです。

珊瑚なんて避けて歩けばいいんでしょ?という甘い考えは絶対に持たないほうがいいです。


実際の珊瑚はこんな可愛いもんじゃなく、もっとゴツくて岩に近い感じ。
どちらかというとこれ、


サイズはそのままに、こいつをもう少し平べったくして、表面をヌメラせて、軽いトゲを装飾したのが離島のサンゴ礁。
こんな奴が至る所に生息してれば、踏むことは不可避でしょうw


写真中央あたりから海の色が変わってるの分かりますか?
新城海岸(宮古島)の写真なんですが、この黒っぽくなってる部分は全部珊瑚。

厳密には岩の表面に付着している生物をサンゴ礁と呼ぶらしいですが、この際それは置いておきましょう。
それよりも重要なのは、この範囲と大きさです。

断言しましょう。

珊瑚を踏むのは避けられません。
そして裸足で踏めばメッチャ滑ります。
滑って転んで手をつけば手を怪我します。
同時に足の裏も怪我をします。
手足だけならまだしも、最後は心が折れます。
それを防ぐのがサンダルだす。

それ以前に離島の海は「サンダル着用必須」のビーチが多いんですよね。
これはサンゴ礁を保護する目的ですね。
自然保護は旅行者のマナーっす。

というわけで、サンダルには海とあなたの2つを守る意義があると結論づける事ができるわけです。
大事な事なので二回言いました。はい。

靴とサンダルの両方を持っていくのが面倒な人は、クロックスの「スウィフトウォーター」がオススメですな。
水陸両用を自称してるだけあって、速乾性と機能性に優れてます。

普通のクロックスでもいいんですが、正直滑るんですよね。
珊瑚の上に乗った瞬間に「ヌルッ」と。
それがかなり軽減されちゃうわけです。

海に入るならサンダルは必須です。(大事なことなので2か・・)

水着(必ず必要)

海に入るなら必ず必要なのが水着。
当たり前すぎて書くのを躊躇いましたが、実は私、離島旅行で水着を忘れた経験があります。
当たり前すぎて逆に忘れたパターンw
最終的に現地で購入しますた・・・。

そういう事が無きよう、一応書かせてもらいました。

仮に海に入る予定がなくても水着は持っていくと良いかも。
実際海を目の前にすると、「ウオーーー!めっちゃキレイだーー!」ってなるので。

ちなみに、水着に関しては複数枚あるとグッドかも。

タオルの件でもお話ししますが、沖縄は(特に離島)湿気がヤバすぎて洗濯物が乾きません。
なので、「さーて今日も海入ろー!」ってなった時に、ジメッとした生乾きの水着を履くことになるかも。
それが耐えられない人は複数枚あると便利ですね。

水着を新調するならQUIKSILVERROXYBILLABONGO’NEILL などのサーフ系商品を専門に扱ってるお店がベストです。
理由は言うまでもなく、海用にしっかりと作られてる水着だから。

ただ、男性はネットで充分かもしれませんが、女性の場合は試着無しはちと困りますよね。
下乳はみ出ちゃったりしたら恥ずかしいですし(笑
男としては嬉しいですがw

そういう方は、VacaStaという返品OK、試着OKの水着専門通販サイトがオススメ。

買いに行きたいけど行く時間がない。
水着の試着は恥ずかしい。
でも試着無しは流石に怖い。

そんな要望に応えた通販サイトですね。
痒い所に手が届いちゃう感じサイコー!

出来ればラッシュガードも一緒に購入すると吉です。
言うまでもなく、日差しが半端じゃないので。
もし予算に余裕があれば検討してみてくださいな。

サポーターも忘れぬよう!
これ意外と忘れがちですからね。

日焼け止め(絶対必要)

正直、離島旅行を楽しむには日焼け対策が一番重要だと思います。

サンダルは忘れても海に入らなければ良い、水着は忘れても私服で入れば良い。
少し楽しさは削がれますが、所詮それまでのこと。

ですが、日焼けはそうはいきませんよー。
焼けてしまった以上、その辛さに耐えなくてはいけませんから。

私は男ですが、日焼けがメチャクチャ嫌いです。
まず、何より痛いのが嫌い!風呂が苦痛になるのが嫌い!服が擦れて痛いのが嫌い!あーほんと嫌い。
女々しかろうがそんなの関係無い!嫌いなものは嫌いなんだ!!

日焼けしたことを想像するだけで、ワナワナと震えが出てきます(笑

余談ですが、私が初めて宮古島に行った4年前、連れの一人が日焼けで39度の熱を出しました。
さすがに一人にするのは可哀相だったので、それ以後の予定は全て変更&キャンセル。
自分が辛いならまだしも、同行者の予定も変えざるを得なくなったことが相当辛かったみたいっす。
今だに回想しては謝り、謝っては回想を繰り返しています(笑

日焼けにはこうした潜在的なリスクがあったりするんですな。


まず基本的な所から話せば、日焼け止めは最低2本は用意しておくと吉。
さらに、顔用と全身用で分けてあると尚良し!!

顔用は化粧下地と日焼け止めが一体になったKOSEの澄肌CCクリーム、全身用は資生堂のアネッサがいいかなと。(女性の場合
男性の場合はアネッサだけで十分ですね。

2つとも国内最高値のSPF50+/PA++++なので、これ以上に紫外線をカットする化粧品は日本には存在しません!

、残念ながら、この程度の日焼け対策では離島の日差しは許してくれないんですよ。
実際、私も初めての宮古島旅行の時は結構焼けしちゃいましたし。

以降、私が併用してるのが飲む日焼け止め。
塗る日焼け止め、飲む日焼け止めの両方を使って、内と外の両方から日焼けをブロッック!!みたいな。

で、コスパを考えると飲む日焼け止めはやかないサプリがオススメですねー。

オススメ理由は幾つかあるんですが、やっぱり消費者のニーズにマッチするからですかね。

はっきり言って、飲む日焼け止めって何処の商品も値段が高いんですよ。
しかも定期縛りのところが多いので、単価8000円の4回以上購入が約束させられたりして、短期で飲みたい人の要望とイマイチ合致しないんです。

「え?日焼け止めなのに3万以上もするの?!!」みたいな。

その点、やかないサプリにはいわゆる定期縛りもない上に、単価も安いので、「旅行期間だけ飲めれば十分だわ!」って人には特にオススメしたいですね。

(どーでもいいかもしれませんが、私も沖縄旅行時には必ず持参してます。薬事法に引っかかるので具体的な効果には言及しませんが、まぁ特に不満なしって感じですね。)

やかないサプリ

んで、もし値段度外視でそれなりのを購入しようと検討してるなら、圧倒的にメディパラソルがオススメです。
100%自然由来なので子供でも飲めますし、購入者の実感度も90%超えてます。

まぁその分値段も高いんですが、毎月先着500名限定で「モニター」と称してプライスダウンセールやってるんで、そういう機会を狙ってみてはいかがでしょうか。

飲むタイプは旅行の1週間〜10日前に飲み始めるのが最も効果的と言われているので、それに合わせて飲み始めるとグッドです!

そして、これだけは覚えておいてください。

離島の日差しはまさに異世界。
焼けるではなく、焦げる、です。

正確な時間の感覚(必ず必要)

楽しい空間に滞在しているときは、決まって時間が早く過ぎます。
いわゆる相対性理論ってやつですかね。(詳しく知らない

そして、早く過ぎる時間に逆行するように多くのスケジュールが待ち受けています。
しかし、時によってそのスケは破られます。

でもいいんです。破ってもいいんです。
だってその空間が楽しいんだから。

ですが、予約の時間を過ぎてしまうのはマズイ。
迷惑かけちゃうから。

そして、これは海に入ってる時にも同じ事が言えます。

あまりに綺麗な海を前に時間を忘れて遊んでしまう。
でも、それでいい。
だって綺麗なんだから。

ですが、日焼けには要注意です。

海で遊んでいると、数時間は平気ですぎちゃいます。
この間、日焼け止めは取れ、無意識のうちに紫外線を浴びることになります。
アネッサみたいなウォータープルーフの日焼け止めでも、小まめに塗り直さないとクソ焼けますよ。

で、ホテルに帰って大騒ぎ。
風呂に入って大絶叫。
夜眠れなくて翌日最悪。

だからこそ飲む日焼け止めが便利だったりするんですよね。

タオルと着替え(必ず必要)

前述しましたが、離島の気候は超が付くほど高温多湿。
気温もさることながら、一瞬サウナかと勘違いするほどの湿度です。

ずーっとサウナの中にいる事を想像すれば、洗濯物が乾かないのは想定の範囲内。
おまけに、生乾きの洗濯物が潮くさいんですよね。
なんか気分までしょっぱくなるw
無論、乾燥機が常備してあるホテルなら話は別ですが。

あとは、海に入った後にもタオルは必要でしょうから、大きめのタオルを2枚くらい持参しておくといい感じです。

何事にも限度があるので一概に大量持参とはいかないでしょうが、私の友人は3泊4日の旅行でパンツ10枚持参してましたよw
しかも、相当汗が気持ち悪かったらしくその10枚全部履くというw

まぁそんな感じです。(どんな感じだよ

アクティビティーの予約(必ず必要)

ダイビングやら地元工芸体験やらは必ず事前予約が必要です。
多分、閑散期は当日受付もあると思うんですが、繁盛期は確実にリームー(無理)です。

特にダイビングは1日がかりで行うので、仮に予約し忘れたなんて事があったらその日1日が台無し。
さすがに笑えないっすよね(笑

予約取りましたか?
お金振り込みましたか?

出立前に必ず要チェック!!

もし今から大急ぎでアクティビィーを探す方はあそびゅー!アクティビティジャパンの二つが便利ですよ。
石垣・宮古島で行われてるアクティビィー一覧を閲覧、その場で予約できます。

合計で1000近くアクティビーの紹介が出てるんで、お気に入りが見つかると思いますよー。

上着(あると良い)

暑い場所に上着とはなんたる矛盾!

いやいや、暑い場所だからこそ上着が必要な時もあるんです。
例えば、お店の中とか。

マジ、冷房効きすぎワロタwww

ってなります。
内外の温度差で結構やられます。


あと、意外と見落としがちなのが飛行機の中。

飛行機の中って結構寒いです。
暑いより寒い方が体調不良者が出にくいのか?ってくらい寒い。
冷えは万病のもとらしいのでお気をつけください。

まぁ毛布を貰えば済む話なんですが、私みたいな小心者はスッチーに声を掛けるのもビビっちゃう。
備えあれば憂いなしです。

女性の場合は、トレンカ(?)ラッシュガード(?)があると日差しと過冷房の両方ガードできるので便利かも。

シュノーケル道具(あると良い)

必要ない人もいると思うんで(あると良い)にしましたが、私個人としては絶対にあった方が良いと思います!!!
これが有ると無いとでは、海での満足度が300%以上変わってくると思いますよ!!!!!

300%は冗談抜きです。
有ると無いとでは満足度がマジで違います。

その証拠に、初の離島旅行の時に唯一シュノーケル道具を持参していたツレがいたんですが、そいつのシュノーケルを皆んなで取り合いしたくらいですw

ゴーグルでも十分楽しめるんですが、眉間部分の視界が有るのと無いのとでは大違いなんですよねー。

ついでに曇り止めもっと。

かっこ悪い?
いやいや、みんなシュノーケル着けるので気にしなくて大丈夫ですよw

おっと、忘れてた。
シュノーケルや水着を入れるバッグ的なのもあるといいっすよ。

濡れてもいい用に安いやつで。
モデルは女性ですけど、これなら男女どちらでもいけるデザインだと思います。(しかも安いし。

グラサン(あると良い)

沖縄に限らず、水面の反射は目に悪いのでサングラスはあった方が良いですね。
予算に余裕がある方は、偏光レンズと呼ばれる光の吸収を抑える機能に特化したレンズのサングラスがオススメ。

偏光レンズ安いやつはこんな↓

ただ、これは女性なので男の人にはちょっと・・・。

男性用のスポーツアイウェアの王道といえばオークリーのフロッグスキンですね。
私もフロッグスキンを愛用していますが、軽いしデザインも洗練されてるのでかなりお気に入りです。
高いけど・・・。

形にこだわりがない方は、コールマンが激安ですよー。

オークリーの1/8くらいのお値段です(笑

酔い止めと熱中症対策(あると良い)

もし離島でダイビングをする予定があるなら、酔い止めがあると便利。
酔わない人もいると思うので必須ではありませんが、なるべく用意しておくと良いかなと思いますね。

ちなみに、私は船酔いを甘く見ていて船上でゲロリました。
まさに船上が戦場と化した瞬間ですw


ただ、私の場合は間一髪で海上にゲロったので事なきを得ましたが、もし船上でゲロってたらと思うと・・・・・。
海上だけに船上がゲロの会場にならずに済みましたーというお話でした。←しつこい

アネロン ニスキャップ 9カプセル(大人用酔い止め)

こどもセンパアS 10錠(子供用酔い止め)

あと、前述したように高温多湿なので熱中症対策は必要ですね。
塩タブレットや庇の深い帽子があると良いですよ。

▼愛用のハットです

この手のハットはストラップがついてるので必要ないときは首にかけておけるし、360度庇が付いてるので首筋も守れて便利です。

あと、念には念を入れて首筋にタオル巻いておくと良いですよ。
マジで日焼け防げるんで。

携帯用ポータブル充電器(あると良い)

スマホで写真を撮りたい!って人はポータブル充電器があると便利です。
ポケモンGOの時も相当売れたみたいですが、チーロのモバイルバッテリーがマジで便利っす。(チーロだけにちーと高いけど

大容量 チーロ モバイルバッテリー

プラグが2か所あるので2台同時に充電出来るし、3.4Aと高出力なので充電がメッチャ早い!

ただ、リチウムバッテリーなので水には注意してくださいね。
濡れたまま放置すると下手すりゃ燃えますよ。

CD(あると良い)

これはかなり見落としがち!

離島旅行はレンタカーがマストアイテム。
車なしでは何処にもいけません。



ここまで説明すればCDの意義に気がつく人も多いでしょう。

車内で気分を上げるために必要なんです!!


これはかなり好意的に捉えた場合ですけどね(笑

もうちょっと悪意を持って言い換えると、地元のラジオ正直飽きるんですよw
到着直後は「オー!!沖縄やー!!」って感じでグッドなんですが、30分もすると慣れちゃいます。。

人間の順応は良くも悪くも優秀みたいです。
で、そういう時のためにもCDがあると良いですよー、って話ですね。

ちなみに私はいつもケツメイシのCDを持参してます!
ケツオタなので、旅行で盛り上がるオススメの曲などが知りたい方はコメント欄にどうぞ〜。

iPodなどで再生しようと考えている方は、シガーソケットを抜いて良いか事前に確認してきましょう!
場合によっては抜いちゃダメーって言われる可能性もあると思うんで。

飲食店の予約(した方が良い)

多くの人は食べログで探すと思いますが、店を見つけた時点で安心しちゃいけませぬぞ。
いざ店に着いてみると、「今日は予約がいっぱいで・・・」なんて言われる事も少なくないっすよ。(特に石垣島

離島の飲食店は数が限られる分、人気店に観光客が殺到する傾向にあります。
倍率の高い店はいつまでたっても倍率が高いので、早めに予約しないと席が取れないんです。

そういう事態を見越して、今この記事を読み終わった時点で予約の電話を掛けるべし!!

善は急げ!

クレジットカード(あると良い)


もはや現金が時代遅れのご時世。
クレカは持っておくと吉です。

お土産や現地での食事、給油などでお金が掛かるのは承知してると思いますが、最初から大量の現金を持ち歩くのは憚られますよね。
だったら都度銀行で下ろせばいいじゃん!とはいかないのが離島の欠点。

一応コンビニにATMはありますが、まぁ数が少ないw
そんなわけで何かと現金不足に陥りがち。
なので、クレカが一枚あるだけで全然違いますよ。

あと、大きな支払いって意外な時に来るものです。
旅行で怪我して病院に行く事も想定っと。
そういう時にクレカは便利です。

もしクレカを持っていなければ。三井住友VISAのクラシックカードがオススメっすね。

オススメする一番の理由は、VISAカードが使えない場所見たことが無いからです。
おまけに三井住友VISAなら年会費かからないし。
発行までの時間が早いのも良いですね。

一応お伝えしておきますが、国内旅行傷害保険の付帯を希望するならゴールドカード以上が条件です。
もちろんゴールドなので年会費1万円かかりますよー。

なので、これが最初の一枚だ!って人はクラシックカードで十分でつ。

バス用品一式(あると良い)

一応ホテルにアメニティーは用意されていますが、愛用品じゃないと嫌だ!って人もいると思うので、そういう方は一式持参ですね。
もちろん歯ブラシも含めて。

似たような理由で、枕にこだわりがある人は枕も持参で!

免許証と保険証

財布に入れておけばオッケーですよね。
これに関しては理由を書かずとも用途はわかると思うので、

 

 

割愛( ^ω^ )

 

 

楽しむ心(必須)

離島旅行の究極の持ち物はこれ。
楽しむ心があれば、ちょっとくらい忘れ物したって大丈夫!!

水着忘れたってパンツで入れば良し!(え

金が無くなったら借りれば良し!(おい

でも、日焼けだけは本当に気をつけて!
過度な日焼けは楽しむ心を奪い去っていくから・・・。(経験者は語る



なんか、色々と長く書きすぎてまとまりがなくなったので、最後に列挙して終わりにしますねー。

(必須)

・日焼け対策
・水着
・サンダル
・現金
・航空券
・免許証と保険証
・充電器
・着替え・替えのタオル
・楽しむ心

(あると良い)

・上着
・シュノーケル
・CD
・携帯用バッテリー
・酔い止めや熱中症対策
・クレジットカード
・バス用品一式
・シーブリーズ的なやつ

【番外編】こいつは沖縄に出現するらしい

沖縄には例のあいつが出現するらしいですぞ。


こいつ。
って、サ○ーゴだけに沖縄に出現とは発想が安易だなw

まとめ

ちょっと書きすぎた感がありますが、楽しんで頂けました?



あれ、ちょっと待て。
これって楽しんでもらうために書いた記事じゃないような・・・・。

まぁいいか。

しっかりと準備して、離島旅行を満喫してきてくださいな!!
めんそーれ、イミソーレ!

色々と古くてスマソ。

では。

澄肌CCクリーム
やかないサプリ

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

石垣島観光なら竹富島の海や自然、街の景色を楽しもう!

沖縄の自然を満喫するなら石垣島でしょ! こんにちは新常宗です! 夏に向けて旅行の準備を着々と

記事を読む

朝霧JAMに初参戦!服装や持ち物、駐車券チケットが分かり難い?

↑ ↑ ↑ ふもとっぱらキャンプ場の夜は幻想的なイルミネーションに彩られます 朝霧ジャムに初め

記事を読む

宮古島と石垣島の違いを比較。旅行ならどっちがいいの問題

石垣島or宮古島はどっちオススメ? この記事は、離島旅行を計画する際に大多数の方が悩む壁、

記事を読む

JTBとHISの沖縄旅行(石垣島)の見積もり比較。2万も差が・・・

安旅派?or豪華派? 旅行プランを立てる際に、必ず気になるのが予算編成だと思います。 国会で

記事を読む

宮古島観光なら海とビーチでしょ!海が綺麗すぎてワロタw

宮古島は海がステキ! 前回の石垣島レポートに続き、今回も始めて宮古島に行く人に向けていろいろと

記事を読む

飲む日焼け止め「やかないサプリ」の効果を口コミガチレビュー!

日焼け止めは塗るから“飲む”へ! 今まで日焼け止めは化粧品コーナーの一部に陳列され、塗布するタイプ

記事を読む

リゾバ体験談!リゾートバイトのリアルな口コミ、オススメのアプリを紹介!

↑リゾバの休日に撮った白浜の写真です! リゾートバイト、略してリゾバ。 今若い女性を中心にリゾ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▼オススメの格安の医療脱毛!▼

レジーナクリニック
若手理学療法士が3度の転職実体験を語ってみる

転職は自分の未来を変える大きなチャンス 将来に向けてのキャリアアップ

新入社員が会社辞めたいのは逃げ?ゆとり世代の先輩として一言

あー辞めたい、会社行きたくないなー 新入社員で退職を考えている方、こ

宮古島と石垣島の違いを比較。旅行ならどっちがいいの問題

石垣島or宮古島はどっちオススメ? この記事は、離島旅行を計画す

会社を辞めたい新卒の新入社員へ。仕事が辛いなら早期退職したらいい

社会は正論しか言わないよね この記事にたどり着くまでに色々な「新卒退

宮古島観光なら海とビーチでしょ!海が綺麗すぎてワロタw

宮古島は海がステキ! 前回の石垣島レポートに続き、今回も始めて宮

→もっと見る

  • ▼露出の増える夏に向けて!▼

    パルクレールジェル

PAGE TOP ↑