早実、清宮幸太郎はホームランバッター?元名門野球部の僕が語ってみる

公開日: : 最終更新日:2016/12/13 スポーツ

      

2015年の夏の甲子園をホームランと共に大きく賑わせた清宮選手。
大きな体と、スバ抜けた雰囲気の持ち主で他を圧倒していたのは記憶に新しいところです。

そんな清宮選手の凄さと弱点を元名門野球部員である僕が生意気ながら独自の視点で語ってみます。

少々自慢が入るかもしれませんが、お付き合いのほどよろしくお願いしますw

スポンサーリンク

 

少しだけ僕の経歴を

小学校の5年生から野球を始め、気が付いたら高校卒業まで野球を続けていました。

中学時代のチームメイトには元中日のT投手や今も社会人で活躍している選手が2名ほどいます。
高校時代の一つ上の先輩は今も某球団で活躍する現役のプロ野球選手。
一つ下のエースは大学で日本一になりました笑

現役時代、練習試合の相手もそうそうたる学校でして、巨人のO選手、横浜のT選手、ロッテのK投手、F投手など、のちにドラフト1位指名を受けた選手のいるチームと毎週のように試合をしてきました。

というわけで、そこそこの環境で野球やってきたんで少し語らせてください笑

 

清宮選手の凄さに迫ります

それでは早速ですが、甲子園での活躍を見ていて感じだ点を幾つか挙げてみたいと思います。

メンタルが凄い!

僕の学校は上下関係が厳しい学校でしたので、先輩がいた時は毎日ビクビクしながら練習や試合に臨んでいました。

早実の内部事情はあまり分かりませんが、清宮選手はそんな素振り一つ見せず「俺が打てば勝てるでしょ?」的な雰囲気を出しています。

このメンタルの強さは圧巻です。
そして、それよりすごいのが勝負強さ。

僕も一度2万人規模くらいの観客がいる中で試合をした事がありますが、とてもじゃないですが平穏を装う事が出来ませんでした。
実は観客の声ってグラウンドにいる人に結構聞こえていたりするんですよ。

そんな雑音が多い環境の中で、一年生の清宮選手がまるで庭で遊んでいるかのようなあの立ち振る舞い。
小中学校時代の実績の賜物なのでしょうが、あのメンタルには恐れ入ります。

彼はきっと頭がいい

実際の学業の成績もいいそうですが、彼は野球脳にとても秀でているように感じます。

間の取り方や見逃し方など、高校生ながらにしっかり狙い球を絞っているように見えます
おそらく配球を頭に入れているのと、状況判断に優れているのでしょう。

特にランナーがためっている状態では低く強い当たりを打とうと言う意識を持って打席に立っているように感じます。

内角から真ん中よりの甘い球を狙い、それ以外はファールで逃げる、これを徹底していますね。

狙い球をフルスイングできる度量

清宮選手に長打が多い理由はここでしょう。
狙った球をしっかり打てるだけでは無く、その球をフルスイングする事が出来ています。

微塵の迷いも感じません。

そして何より大きいのが、一打席目からフルスイングできているということ。

一打席目にあそこまでしっかりフルスイングされてしまうと、投手の心理としてストレート系の球は怖くて投げにくくなってしまいます。
その結果変化球を多投し甘く入ったところを痛打されるといった展開がお多いように感じます。

ボールの少し下を捉える技術が凄い!

夏の甲子園で見た方は覚えていると思いますが、清宮選手の打球は弾道があまり高くなくてもスタンドまで届いてしまうのです。

つまり、ボールの伸びが異常なんです。
ボールにかなりのバックスピンが掛かっているため、弾道が低くても異常にボールが伸びていくのでしょう。

ジャストミートをさせる技術があってこその、少しだけ芯を外せる技術なのだと思います。

差し込まれる事が少ない

実は個人的にこのポイントが清宮選手の最も優れている部分だと思っています。

清宮選手が得意としているコースは恐らくインコースから真ん中内よりの懐に近い部分です

野球経験者の方には分かるかもしれませんが、このコース実は最も差し込まれやすいコースなんです。
なので、私はインコースのボールがあまり得意ではありませんでした。

そのインコースを「待ってました!」と言わんばかりに、さらっと打ち返してしまう清宮選手はやはり只者ではありません。(僕と比べても仕方ないですがw

特に清宮選手の構えは、オープンスタンス気味で内側に思い切って踏み込んでくる打撃スタイルですので、肩が内側に巻き込まれやすく本来インコースを打つのにはあまり向かないはずなのですが・・・。

さらに言ってしまうと、清宮選手はバッドのヘッド部分を投手に向けたままバッティング動作に入ります。

これはヘッドが遠回りしてしまうため、差し込まれやすいはずなのですが、そんなことは彼のスイングスピードがあれば問題ではないのでしょう。

ライト線の打球がファールにならないスイング

これも野球経験者であれば分かるかもしれませんが、基本的にインコースのボールは引っ掛けるか差し込まれるかの二択なんです。

いいバッターはポイントが近いので差し込まれる。(体が開く)

へぼいバッターは振り遅れないようにポイントが前になり引っ掛けるんです。(体が前に突っ込む)

結果としてスライス・フック回転がかかる事が多く、ファールになりやすいのです。

しかし清宮選手は最後までしっかりと体が開かずに残っており、前に突っ込むこともないく、理想的なヘッドの抜け方をしています。
ですのでライト線ギリギリに打ってもファールにならないのです。

足腰の強さが生み出している抜群のヘッドスピードがなせる技でしょう。

ホームランバッターでは無くアベレージヒッター

清宮選手の打撃を見ているとホームランバッターというよりアベレージヒッターな印象を受けます。

その理由はただ一つ。

弾道が低いことです。

ホームランの打ち損ないがヒットなのでは無く、ヒットの延長がホームランであるパターンのバッターでしょう。

甲子園見ててわかったと思いますが、清宮選手のホームランは綺麗な放物線というより、スタンドに突き刺さるといった感じ。

そして、それを可能にしているのが清宮選手の持つ抜群のミートセンス
甘い球や狙い球のミスショットの少なさは驚くべきものがあると思います。

今後が末恐ろしいです。

 

僕が思う今後の清宮選手の今後の改善点

生意気ながら甲子園の打撃を見ていて気になった点を幾つかお話させていただこうと思います。

真ん中低めに落ちる球が苦手?

甲子園や大学選抜チームとの試合で見せていたように、甘いコースのストレートはどんなに速くても打ち返すだけの力を持っています。

ですが、どうも落ちる球への対応がイマイチなように感じます。
顎が上がってしまう癖があるのでしょうか、ヘッドが下がってしまいポップフライになる事が多いように思いました。

そして、苦手と分かっていながらどうしても手が出てしまう傾向にあるようです。

投手としても真ん中からボールゾーンに落ちる球を投げるのは難しいでしょうから高校生の間は問題無いでしょうが、プロを考えた時に大きな弱点となりそうな感じがします。

アウトコースが苦手?

全体的にインコースに手を出している傾向があるため、アウトコースを広くとる審判にぶつかると少し手こずるかもしれません。

構えはしっかり踏み込んでアウトコースに対応出来そうな雰囲気はあるのですが、あまりアウトコースに手を出そうとしません。
仮に出したとしても、しっかりしたスイングでは無く少し泳ぎながらカットするといった感じです。

アウトコースが苦手なのか、それとも意図的にカットしているのかは分かりませんが打率としては高くなさそうです。

流打ちはできるのか?

積極的に手を出すコースがインコース中心という事もありますが、基本的にライト線に飛ぶ打球が多いです。
そのため、流打ちが苦手なのか?という印象を受けます。

もしそれが本当であればサウスポーの真ん中から外角に逃げるカーブ系のボールにはかなり手こずるかもしれません。

まとめ

春の甲子園出場は絶望的と言われていますが、2016,2017年とあと3回も甲子園で見れる可能性が残っているので、今後どれだけストロングポイントを伸ばしてくるのか楽しみです。

アベレージヒッター型と書きましたが、清宮選手にはそんな垣根は関係なくスケールの大きな選手になって、日本の野球界を背負って立つ選手になってもらいたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

藤浪晋太郎投手の2016年の成績を大胆予想!

今シーズンはMVP候補か? 高卒で3年連続二桁勝利を挙げている藤浪投手。 松坂投手以来の快挙です

記事を読む

大谷翔平選手の2016年の成績を大胆予想!二刀流が少ない理由

未知なる二刀流を具現化した選手 ここまで異次元の成績を平然と残しているように思える大谷選手。 昨

記事を読む

2016年プロ野球新人王を過去のデータから大胆予想!

シーズン開幕前ですが、今年の新人王を大胆予想してみたいと思います! 今年ももう少しで春の選抜、プロ

記事を読む

大谷翔平日本最速163キロ連発で驚きの平均球速!6/12の登板成績

驚異の163キロ連発記念に平均球速を出してみる 大谷翔平選手が6/12の登板で日本記録の163キロ

記事を読む

田中将大投手の2016年の成績を大胆予想!

2016年シーズンは完全復活なるか? メジャーに移籍した2014シーズンと2年目の2015年、とも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

長期休みなら宮古島・石垣島に!!
安く行くならHIS!
宮古島と石垣島旅行を徹底比較!
JTBとHISの沖縄離島の見積もりを比較

旅行前のカラダケアに部分、全身脱毛を!
ミュゼなら3/31までに契約すれば
お好みの部位5か所が500円!!

完全赤字の出血大セールなのでお見逃しなく!
ミュゼプラチナム

湘南美容外科の脱毛実体験を公開!わき5回1000円+無制限3400円

  • 夏の厄介な日差し対策に飲む日焼け止めという提案!
    やかないサプリ

PAGE TOP ↑