大谷翔平日本最速163キロ連発で驚きの平均球速!6/12の登板成績

公開日: : 最終更新日:2016/12/13 スポーツ

      

驚異の163キロ連発記念に平均球速を出してみる

大谷翔平選手が6/12の登板で日本記録の163キロを連発しました笑
明らかに去年と比較して全てがスケールアップしていますね。

投手は球速だけでは無いと言いますが、それでも球が速いのは魅力的ですよね。

というわけで、6/12の登板を球速にスポットを当ててデータで振り替えてみます。

スポンサーリンク

 

登板成績

7回を投げきり打者24人に対して、球数107球、被安打3、奪三振8、四死球2、自責点・失点ともに0でした。

シーズン序盤の成績を見ればまずまずの成績だと思います。

これから夏に向けてまだまだ調子を上げて欲しいところですね。

1回の投球

ストレートの最速は163キロ、最低は158キロでした。
ストレートは全9球投じ平均は161.1キロ。

そのうちファールも含めストライクが7球、ボールが2球でした。

2回の投球

ストレートの最速は162キロ、最低は158キロでした。
ストレートは全6球投じ平均は160.3キロ。

そのうちファールを含めストライクが4球、ボールは0でした。(ヒットや打ち取った球に関してはノーカウント)

3回の投球

ストレートの最速は163キロ、最低は159キロでした。
ストレートは全8球投じ平均は161.1キロ。

そのうちファールを含めてストライクが4球、ボールは3球でした。

4回の投球

ストレートの最速は162キロ、最低は157キロでした。
ストレートは全6球投じ、平均は159キロ。

そのうちファールを含めてストライクが3球、ボールが1球でした。

5回の投球

ストレートの最速は163キロ、最低は153キロでした。
ストレートは全7球を投じ、平均は157.5キロ。

そのうちファールを含めてストライクが3球、ボールも3球でした。

6回の投球

ストレートの最速は162キロ、最低は157キロでした。
ストレートは全14+2球を投じ、平均は159.7キロでした。(測定不能が2球)

そのうちファールを含めてストライクが10球、ボールが3球でした。

7回の投球

ストレートの最速は160キロ、最低は157キロでした。
ストレートは全7球を投じ、平均は158,1キロでした。

そのうちファールを含めてストライクが2球、ボールも2球でした。

総じて後半に球速は落ちているものの160キロはキープ

3回まではかなりスポートが出ていましたが、後半にかけて少し失速しました。
とはいえ、毎イニング160キロ台を記録しています。

ただ、後半にかけて変化球の割合が増えてきましたね。
特に前半はカーブをほとんど投げませんでしたが、後半になるにつれてカーブの投球数が増えています。

なんだかんだ二刀流の疲労はありそうですね。
それでもただただ感服です。

驚きのストレートの平均球速

最速が163キロ、最低が153キロと、ストレートだけ見ると57球(+2球)のうち140台の球が一球もありませんでした。

そして57球の平均球速は驚異の159.5キロ!

ちなみにフォークの最速は149キロ、測定不能を除いて全12球を投じ平均は145キロ。

スライダーの最速は147キロで、最低が127キロ。
スライダーだけで緩急は20キロもありました。
平均速度は全27球投じ135.6キロ。

カーブは最速131キロ、最低が112キロ。
全5球を投じ平均は118.6キロでした。

一試合を通しての平均球速は(159.5+145+135.6+118.6)÷4=139.675キロでした。

 

まとめ

少しはいい暇つぶしになりましたか?笑

ストレートの平均がもう少しで160キロに迫りそうです。

恐ろしいですね。
これからに期待してみていきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

2016年プロ野球新人王を過去のデータから大胆予想!

シーズン開幕前ですが、今年の新人王を大胆予想してみたいと思います! 今年ももう少しで春の選抜、プロ

記事を読む

藤浪晋太郎投手の2016年の成績を大胆予想!

今シーズンはMVP候補か? 高卒で3年連続二桁勝利を挙げている藤浪投手。 松坂投手以来の快挙です

記事を読む

大谷翔平選手の2016年の成績を大胆予想!二刀流が少ない理由

未知なる二刀流を具現化した選手 ここまで異次元の成績を平然と残しているように思える大谷選手。 昨

記事を読む

早実、清宮幸太郎はホームランバッター?元名門野球部の僕が語ってみる

2015年の夏の甲子園をホームランと共に大きく賑わせた清宮選手。 大きな体と、スバ抜けた雰囲気の持

記事を読む

田中将大投手の2016年の成績を大胆予想!

2016年シーズンは完全復活なるか? メジャーに移籍した2014シーズンと2年目の2015年、とも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑