日本人は差別しないは嘘?外国人に聞いてみた

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 社会問題

      

日本人と外国人には認識の差がある

日本って世界で初めて国際社会に対して人種差別撤廃を訴えた国って知っていましたか?
恥ずかしながら、僕はこの記事を書きながら初めて知りました。

そんな歴史もあるくらいですし、日本人って本能的に差別って言葉に敏感だと思うんですよ。
欧州とは違って、「差別なんてしません!」って人結構多いですもんね。

もちろん僕もその一人ですし、差別している気は毛ほどもありませんが、我々日本人と外国人の意識は少しだけ違うみたいです。

実際に知り合いの外国人4人に聞いてそれをまとめてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

 

まずは差別について大まかに

差別の始まりは黒人の奴隷から始まっている節が有力だそうです。

奴隷の歴史はかなり古く、紀元前から黒人を奴隷として扱う習慣があったそうです。この奴隷制が現在の黒人差別へと繋がっているようです。  

なぜ、黒人が奴隷の対象となったのか?

外見と教養が白人に劣るという説が有力だそうです。つまり似て非なる物として扱われたと言う事です。奴隷にされた歴史は有りませんが、我々黄色人種にも同じことが言えるかもしれません。  

日本人は差別しないの?

この問いに関してはグレーですね。
人によっては差別されていると感じる人もいるようですし、そうでない人もいるようです。

ということで、知り合いの外国人に差別されたと感じた瞬間を聞いてきました。

 

外国人が差別を感じる瞬間

今回話を聞いいてみたのは、イタリア人2人(白)、アメリカ人 (黒)、ブラジル人(黄色っぽい)、この4人の外国人に話を聞いてみました。

アフリカ大陸がいませんが、いい感じに大陸別に別れた感じですね。

ジロジロ見られる

日本って島国で民族に多様性が無くておまけに鎖国をしていたので、容姿や国籍の違う人種に慣れていないんですよ。本能的に。
その証拠に外国人を見るとついつい目で追ってしまう事がありませんか?

見ている僕らからすれば特に悪気はないですし、人によったら憧れの目で見ている人もいるでしょう。顔やスタイルを含めた容姿は東洋人に比べたら圧倒的に優れていることが多いので、当然といえば当然ですよね。
そこに深い意味はありませんよね?

でも、外国の人はジロジロ見られることにすごく差別意識を感じています。

実はこれ、欧米の人だけじゃなくて、日本国内で日本人も対象になってることがあるんです。

僕の住む地域は比較的東南アジア系の人が多いのですが、彼らもまた東洋人をジロジロと見る習性があります。
これは非常に不愉快。

「何見てんだ!ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!」

本当こんな心境。

彼らにとっては特に深い意味はないのかもしれませんが、見られている当事者はかなり嫌な思いをします。
人によっては差別されていると感じてもおかしくはないです。

これと全く同じことを感じているってことですね。

はなから否定的な姿勢

具体的には「ハグと刺青(タトゥー)」です。

日本人って初対面の人に対して抱きついたりすることってないじゃないですか。握手することにすら抵抗がある人もいるかもしれません。
下手したらセクハラで訴えられかねません。

ですが外国では挨拶として当然のように理解されている国も多いですよね。

この文化の違いに戸惑うようで、ハグを拒否されたり、苦い顔されると差別と捉えてしまうこともあるそうです。
でもここ日本ですから、郷に入っては郷に従えよと思っちゃうことも事実。

タトゥーに関しては、言うまでもないでしょうが、公共施設の制限やヤクザの存在がそう思わせる様です。

「自分は何も悪いことをしていないのになぜ?」

こんな思いがあるようですよ。

これに関しても文化の違いですからある程度は理解して欲しいところではありますよね。

日本文化を理解してないと思われてる

西洋文化であるナイフやフォークを日本人は使いこなすことができますよね。
それと同じで東洋文化である箸などを自在に使えることは今や当然のことみたいです。

ですが、多くの日本人はそのことを知らずに「箸使えるんだー!」とか言っちゃってます。

これが相当イラッとくるみたいです。

「こんなの使えて当たり前でしょ?」
内心こんな感じらしですよ。

まぁこれは許して欲しいところですw

 

結局差別は無くならない

東洋人の中に端正な顔立ちの西洋人がいればそりゃー目立つって。
僕は外国人と一緒にいることが多いので見慣れていますが、全く見たことがない人にとってはまさに異星人。

そんなのが街中を集団で歩いてたら絶対見るでしょ!
でもそこに差別の意識はないし、見てる側は一切悪気はありません。

 

だからこそ差別は無くならないんでしょうね。

 

結局、どれだけ我々が「差別してませんよー」なんて言っても、当事者がそう感じていれば差別になってしまいますからね。 差別なんてそんなもんなんですよ。

つーか文化が違うんだからお互いに理解しなくちゃ。

当事者同士に共通の認識があれば区別。
当事者同士の考えに偏りがあれば差別。

こういう事でしょうね。

まとめ

かなり内容が漠然としていますが、実際こんなもんですよ。
結局我々日本人は外国人を差別している意識がほとんどないんですからね。

だからこそ差別は永遠になくなる事は無いでしょう。

今各地で移民問題が話題になっていますがこのことについてどう思います?
僕は民族に多様性が無い日本人にいきなり受け入れなさいって言っても無理だと思います。

きっと移民たちは差別されていると感じ、かなり肩身の狭い思いをすると思います。
我々にどんなにその気が無くても。

問題はそれだけではないでしょうけどね。

近年、外国人観光客が増えてきており、関東圏や各地の観光地では外国人を見る機会もかなり増えてきていると思いますが、歴史が変わらない限り、日本人の意識も変わらないでしょう。

 日本で差別が表面化しない理由はここにあると思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

体罰問題について考えてみる。体罰とはいけないものなのか?

体罰はいけない事なのか? 体罰がいけない事なのか、こんな議論がいたるところで繰り広げられています。

記事を読む

真珠湾攻撃の真実。パールハーバーはなぜ行われたのか?

真珠湾攻撃についてどこまで知っていますか? 真珠湾攻撃についてはご存知の方も多いかと思いますが、ど

記事を読む

ギャンブル依存症かもしれない。克服するには家族の理解も必要?

体の病とは違い精神的な病気は外見からはなかなか判断が難しいと思いますが、実は依存症に悩んでいる方はた

記事を読む

覚せい剤を使用するとなぜ逮捕されるのか?弁護士に聞いてきた。

薬物はダメ。絶対。 最近世間を賑わせている薬物問題。 薬物を使用すると逮捕されるのは常識としても

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑