医療脱毛のメリットは?安全性、値段、期間、脱毛サロンよりメリットは大きい?

公開日: : 最終更新日:2016/12/12 美容とか健康とか

      

まだ脱毛サロンで消耗してるの?

みなさんこんばんは。
新常です。

最近話題の医療脱毛専門クリニックのアリシアクリニックの広告を見てふと思ったことがあります。
それは、

「ついに医療業界も本気で脱毛サロンを潰しにきたな」

ということ。

そして私自身、

「医療脱毛推進派です」

当然周りの医療関係者もみんな医療脱毛行ってますよ。
(少数サロンもいますが笑)

ちなみに今回気になったバナー広告がこちら↓ (クリックできません)

アリシアクリニック

これを見ただけでは何のこっちゃなので、医療人としていろいろと書いていきたいと思います。

電車内の広告は少し違うんです

都内を中心に関東圏内の電車では本当によく見るんですよ。
ただ、今さっきお見せした広告と少し違うんです。

中央線内の広告は、「エステ派?医療派?」と広告の中に大きく記載されています。

類似した業界では他の企業とどれだけ差別化を図るかが命題と言われる中、これほどまでに露骨に銘打った宣伝をいまだかつて見たことがないです。

黄色はエステ、青は医療と視覚にも色覚にも訴える

黄色がエステサロンで青が医療脱毛を表しているのですが、現状の立ち位置としては黄色のエステが上。
ですが、青の医療脱毛がその領域を広げていく様が広告から見て取れます。

「これから追い抜くから覚悟しておけよ?」の意思表示とも捉えられますね。
もちろんモデルが着ている服も青。

いやー、実際の世界でも下からの突き上げほど怖いものはないですからね。
なんせ失うものが何もないですから。
(もちろん脱毛も実際の世界ですが笑)

そして、青は世界的にも最も人気がある色であり、嫌う人が殆どいないのが特徴の色なんです。

そのような点からもアリシアクリニック本気出してるよ。って思います。
製作側の本当の意図は分かんないですけどね。

永久脱毛と半永久脱毛の違い

というわけで、脱毛サロンを淘汰すべく医療脱毛が立ち上がったわけですが、そもそも違いってなんなんって話ですよね。

医療脱毛とサロン脱毛の何が違うのって言われれば「永久か半永久か」って答えるしかないですよね。

簡単に言えば、脱毛サロンのレーザーは弱すぎて奥まで届かない(半永久)、ということです。
逆に医療脱毛のレーザーは出力が強いので、痛みが伴う分根元からムダ毛をやっつけてくれる(永久)というわけです。

と言っても、永久に生えないわけではなくて、怪我は組織を一時的に破壊するのが医療脱毛。破壊できないのがサロン脱毛って感じですね。

たいした差が無いように感じるかもしれませんが、金銭面を考えればこれは意外と大きな差になりますよ。

それは後述します。

脱毛サロンって違法じゃないの?

これ昔から気になってたんですが、そもそも脱毛サロンって違法じゃないんか?

で、これについてはつい最近知ったんですが、

 

いや、違法じゃないよ、全然やっていいんだよー。

 

ってことらしいですね。

ただ、脱毛サロンのレーザーは照射出力がかなり弱いとのこと。
厚労省が定める基準では人体においてはほとんど効果が認められない程度の出力だそうです。
え?詐欺やん笑

考えてみたら当然の話で、素人が高出力レーザー使って変に幹細胞とか傷つけたらヤバイですもんね。
それに違法行為だとしたらミュゼが180店舗以上抱えてるのもおかしな話になってきますね笑

でも常識で考えたらやばくない?

例えばですが、人の爪を切る行為一つにしても看護師の資格が必要なんですよ。

爪切りという行為はいわゆる「侵襲行為」に当たります。
つまりは、「人の体を傷つける可能性があるよー」「危ないよー」「ちゃんとした知識を持ってやってねー」ってことです。

ですが、医療脱毛という言葉があるように脱毛分野は医療行為に当たらないんですよ。
仮に医療行為だとしたらわざわざ医療脱毛なんて言う必要ないですからね。

そこで考えて欲しいんですが、みなさんにとって爪切りと脱毛はどちらにリスクがるとと感じますか?
きっと答えは割れますよね。
価値観は人それぞれですから。

でも、少なくとも私の中では脱毛>爪切りでリスクが高いと思うんですけどね。

なので、私の中ではサロンより断然医療脱毛だと思うんですが・・。

そもそも痛みを伴う施術を無資格者にやってもらうのは怖すぎです。
整体やマッサージとはわけが違いますからね。

脱毛サロンのリスクってなんぞや?

考えれば考えるほどたくさんあるんですが、やっぱり一番のリスクは「緊急時の対応」ですよね。

さっきも言ったように、照射出力が弱いとはいえど毛を抜くという侵襲行為には何ら変わりがありませんから。

レーザー治療機を扱って施術をする以上、最低限の知識と技術は絶対に必要です。
もちろんサロンの方々も技術・知識ともに素晴らしいのでしょうが、医師に勝てるでしょうか?

基本的に医師の資格を持っていれば、「医療行為」と呼ばれるものは全て行えます。
レントゲン撮影、関節注射、抜糸、切開は当然のこと、脱毛だって同じです。

特にレントゲン撮影や関節注射などの体の内部を侵襲する行為に関してはすこぶる知識が深いです。

なんたって拒否反応が出た場合にちゃんと対応できないとヤバイですからね。ヤバイで済めばいいです。下手したら人生詰みます。

そういう時のために知識はちゃんと持ってるんですよ。

これは脱毛でも全く同じことが言えます。
高出力、低出力に関わらずレーザーを使用する場合にはそれなりのリスクが伴います。
当然体の内部を侵襲するわけですから拒否反応が出る人もいるでしょう。

そういった場合に速やかに対処できるのは医療機関だけ。

お金を払ってでも医療脱毛を選ぶ価値は大きいと思いますけどね。

肌が弱い人はなおさら医療脱毛でしょ

世の中には様々に皮膚病と呼ばれる症状があります。
アトピー、光線過敏症、ニキビなどなど。

それらの症状が顕在化している場合はいいですが、仮に素人目では判断できない程度の初期症状であった場合どうでしょうか?

そして、その症状が出ている場所にレーザーを当てられて皮膚症状が進行してしまった場合誰が責任を取るのでしょうか?
仮に賠償という形でサロン側からお金を貰ったとしても、傷が残ることには変わりません。

こんなものは未然に防げたはずなのに・・・。
そう後悔しても後に立たずです。
こうなりゃ脱毛どころじゃないですよね。

こういった要素を考えると医療機関で脱毛するメリットはとても大きいと思いませんか?
少なくともサロンに行く前に一度医療脱毛の専門クリニックでカウンセリングを受ける意義はあると思いますけどね。

アリシアクリニックのカウンセリング予約をする

湘南美容外科クリニックのカウンセリング予約をする

医療機関だからこそできること

私自身は前述したように「体の安全はお金で買える」という価値観を持っています。
なので、お金を出してまで脱毛サロンに行くメリットはあまり感じません。

とはいえ、低出力のレーザーで比較的安全が保たれているも事実。
劇的な効果は期待できないですが、その分痛みがないのが特徴ですよね。

となると脱毛サロンがいいじゃんってなりそうなんですが、それこそ医療機関のメリットを活かしましょうよ。

先ほどもいましたが、医療脱毛は立派な医療行為。
ゆえに麻酔の使用も当然認められています。

基本的になところに立ち返っていただきたいんですが、そもそも毛を抜くことに痛みが伴わないっておかしくないですか?

脱毛って痛いものですよね。
だからこそ効果があるわけで。
でも多くの人は痛くないほうがいいのは当たり前だのクラッカー。

そんな痛みに弱い人に対して麻酔を使用してくれるのが医療脱毛のいいところです。
これは脱毛サロンでは絶対にできませんよ。

ここまできたら脱毛サロンを選ぶメリットはほとんどないですよね。
あれを除いては・・・。

脱毛は長期スパンで考えたほうがいいよ

そう、あれとは「お金」の事。

医療脱毛の最も高いハードルは高額な料金設定ですよね。
ハゲと美容は保険が効かないというのは医療界の常識。
こればっかりはしょうがないんです。

それでも医療脱毛を選ぶ人がいるから業界が成り立ってるわけです。
というか、長期的に見れば医療脱毛の方がお得なのは明らか。

みなさん周知の通り、激安の殿堂脱毛界のドンキホーテことミュゼが100円脱毛を実施していますが、あれはワキとVラインだけ。全身脱毛をやろうとすれば結局は高額請求されます。

そこで初心に帰って欲しいんです。

そもそも脱毛に興味がある人がワキとVラインだけで満足できますか?って話ですね。
綺麗になりたいから脱毛するんですよね?
であれば、一度試せば全身をやりたくなるのは当然の摂理。

そこで問題になってくるのはお金の話。

ミュゼプラチナムアリシアクリニックの全身脱毛の料金表はこんな感じ。

スクリーンショット_2016-07-11_21_18_46↑アリシアクリニックの全身脱毛(VIO込み)スクリーンショット_2016-07-11_20_15_51

↑ミュゼプラチナムの全身脱毛(VIO込み)

やっぱりアリシアの方がどうしても高いよねー。
でも考えてみてください。

一箇所綺麗にするのに掛かる回数が、脱毛サロンが10回、医療脱毛は5回程度と言われていますよね。

だとすればミュゼは42000×10回=42万円です。
一方のアリシアクリニックは見ての通り33万円です。

ちなみにVIOを抜くと、スクリーンショット_2016-07-11_20_13_34

5回でこの値段なのでミュゼの6回とほとんど変わりません。

脱毛し放題で55万円って事はミュゼ10回分より13万円高いのか・・・。
となれば一ヶ月1万円を節約すればなんとかなるレベルですね。
それに分割払いもあるしね。

しかも、アリシアクリニックはサロン乗り換えでキャッシュバックやってますよ。

そんなわけで金銭的なハードルもミュゼと殆ど変わらないという事が分かっていただけましたか?

アフターケアも医療機関ならでは

まだまだありますよ。
アフターケアでも大きな差が出ます。

脱毛後に痛みがある人ない人がいると思いますが、医療機関での施術であれば「処方箋」を出してもらうことが可能です。
つまりは痛み止めの内服薬。もしくは外用薬ですね。

何度も言いますが、脱毛は侵襲行為。
ゆえに皮膚に傷がつく可能性も0ではないです。

化膿してしまった場合の可能性を考えれば医療機関で施術を行うのが最もポピュラーな選択肢。
医療脱毛は効果も認められてますし、痛みに対しては麻酔が使えます。
それに回数も少なくて、何より長期契約であれば費用対効果は抜群です。
正直脱毛サロンより安い。

ここまで知っててまだ脱毛サロンで消耗するの?

ケノンは知ってますか?

「そんなこと言ったって脱毛に時間をかけたくない!それに脱毛ってお金がかかるからちょっと踏み切れないなー」

そんな人に医療だサロンだと不毛な論議をしていても仕方ないですよね。
そういう人にはケノンという脱毛機がオススメ。素人でも簡単にできるセルフ脱毛機です。

ホームページを見てもらえれば分かりますが、口コミは抜群。

それに実は隠れケノン派って多いんですよ。
私の知り合いにも使ってる人います。

何より女性であればVIOなどのデリケートな部分の脱毛はお店でやるのは正直気が引けますよね笑
そういう人にとってもケノンは最適ですよ。

脱毛方式はフラッシュ脱毛
いわゆるサロンでの脱毛と同じですね。

高出力ではないので完璧を求めるのは厳しいですが、ある程度までなら綺麗になります。
日々の脱毛のお手伝いとしてかなり重宝します。
痛みの具合に関してもサロン脱毛と同程度の痛みなので、そこまで神経質になる必要もないですよ。

とはいえ、さすがに出力を上げると痛みがあるので、事前のアイシングはちゃんとやったほうがいいですよ笑

69000円と値段的には安くありませんが、サロンでの脱毛と比較しても割安。
費用対効果で考えれば十分価値はありますよ。
自分のペースで脱毛できるのもありがたいですしね。

▼ケノン脱毛について詳しく見てみる
脱毛器ケノン

読み終わった方はこちらもどうぞ

湘南美容外科の全身脱毛後の口コミ!2年経過した実体験を公開します!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

湘南美容外科の脱毛効果口コミ実体験!VIOや料金比較も!

湘美の全身医療脱毛ガチ口コミ! みなさん脱毛は医療派ですか? それともエステ派ですか? 実は

記事を読む

肥満・デブのリスク、ダイエットで痩せたいなら運動は後回し

たまには医療人らしいことも書いてみよう どうも新常です。 いきなりですが私の母親は結構ぽちゃ体型

記事を読む

甘いものを控えずに1ヶ月で5キロ減!痩せるための食事法!

本格的な夏到来! 2017年も7月に突入し本格的な夏が近づいてきましたが、皆様はいかがお過ごしでし

記事を読む

飲む日焼け止め「やかないサプリ」の効果を口コミガチレビュー!

日焼け止めは塗るから“飲む”へ! 今まで日焼け止めは化粧品コーナーの一部に陳列され、塗布するタイプ

記事を読む

関節リウマチの初期症状や本当の怖さ。薬以外での対策や治療法はあるの?

関節リウマチは実は怖い どうも新常です。 以前私はリウマチ専門の整形外科で理学療法士としてリハビ

記事を読む

背中ニキビを3ヶ月で綺麗にする治し方!私が実践した4つのこと

しつこい背中ニキビを3か月で克服! ジメジメとした梅雨が過ぎ、待ちに待った夏到来です。 で、夏の

記事を読む

背中ニキビを治す!背中が汚いのでケア商品大手3社を購入比較

もう悩まないで!(真矢○き風 背中ニキビって結構悩みの種だと思うんですけど、実際どのケア商品が自分

記事を読む

腹筋ダイエットを行う人が参考にすべきブログを紹介!

筋トレ・ダイエット系ブログをガチ精査! ダイエットを行う上で腹筋を鍛えることが重要なのは言うまでも

記事を読む

横顔ブスの原因と治し方。改善方法、矯正、横顔ブサイクは治るのか?

横顔ブサイクと言われたことはありませんか? 世の中横顔で悩んでる人は意外にも多いです。 しかし、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑