大谷翔平選手の2016年の成績を大胆予想!二刀流が少ない理由

公開日: : 最終更新日:2016/12/13 スポーツ

      

未知なる二刀流を具現化した選手

ここまで異次元の成績を平然と残しているように思える大谷選手。
昨シーズンは打者での起用が少なかったですね。
僕個人としては打者大谷選手にとても魅力を感じているので今シーズンはたくさん打席に立つ姿を見たいです。

一体今年はどのような起用法になるのでしょうか。
楽しみですね。

少しだけ二刀流についての考察をしつつ、今シーズンの成績を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

二刀流人口が少ない理由

高校野球まではおなじみの「4番ピッチャー」ですが、大学、社会人、プロ野球とレベルが上がっていく毎に投手と野手の境目がはっきりとしてきます。

理由は至ってシンプルで、「疲労」だと思いますよ。

野球をやっていた方は分かると思いますが、ピッチャーの労力って結構すごいんですよ。
肩はもちろんですが、想像以上に足にくるんです。

職業柄分かる事なんですが、下半身の安定性が不足している時に無理な運動をしているとほぼ怪我に繋がります。
それも、軽い怪我ではなく重たい怪我が非常に多い。

高校野球であれば試合数や間隔に余裕がある事も多いですし、試合ができる期間も限られているので重大な怪我に繋がるケースはそこまで多くはないのですが、それ以上のレベルだとそうはいきません。

周りのレベルも上がってくるので必然的に投手に求められる事も増えてきます。試合数も勿論多くなります。
つまり、投手は投手だけに専念しないと立ち行かなくなってしまうのが普通なんです。

その普通を逸脱したのが大谷選手という事です。

なぜ大谷選手は二刀流が出来るのか?

これも答えはシンプルです。

体力が桁違いなのでしょう。

常識ではこれしか考えられません。

具体的な体力の数値などは分かりませんが、体つきなどから見ても間違いなく馬力があると思います。
一応運動の専門家としての意見ですので、それなり信ぴょう性もあるかと思います。

体力というのは何も心肺機能だけを指しているわけではなく、「フィジカル」全体を指す言葉です。
大谷選手の場合は、肩甲骨周囲の筋が異常に柔らかい事と、長い足を思うように動かす事ができる運動神経の良さが二刀流を可能にしているように見えます。

天性の体の柔軟性により怪我をしにくいという事が二刀流を実現させている大きな要因なのではないでしょうか。

いずれはどちらかに絞るのでしょうか?

一野球ファンとして大谷選手には二刀流を貫いて欲しいとは思いますが、将来を見据えた時にどちらかに絞らなければならない時が必ず来ると思います。
その場合、投手か野手のどちらかに絞るという議論が必ずや世間を賑わせると思います。

僕個人としては、「投手」推しです。

理由は幾つかあるのですが、一番の理由は、「打者としての可能性」です。

プロ野球入団時に投手として入団してきた選手で、現在は打者で活躍してる選手って結構多いですが、その逆はほぼ0です。
というか0でしょう。

つまり、投手に専念するという選択肢を取っておけば、もし投手がダメになったとしても次の選択肢である「打者」が残されている状態になります。
個人事業主として活動するプロ野球選手に取ってこれほど心の支えになるものは無いでしょう。

大谷選手ほどの逸材をプロ野球界から失ってしまうのはあまりにもリスクが大きいと思っていますので、どちらかを選択しなければいけなくなった場合は迷うことなく「投手」を選択して欲しいです。

今シーズンの成績を予想してみます!

話が逸れまくってしまいましたが、ここでやっと本題に入りたいと思います。

投手成績

14勝4敗 勝率0.741 奪三振290 防御率2.23

打者成績

打率222 本塁打14 打点27

計算してみたらこんな感じの予想になりました。

投手でいえば奪三振が、打者で言えば本塁打の数字が少し目立ちますが期待値込みです。
予想通りに行くかは分かりませんが今年もシーズン開幕が楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

藤浪晋太郎投手の2016年の成績を大胆予想!

今シーズンはMVP候補か? 高卒で3年連続二桁勝利を挙げている藤浪投手。 松坂投手以来の快挙です

記事を読む

大谷翔平日本最速163キロ連発で驚きの平均球速!6/12の登板成績

驚異の163キロ連発記念に平均球速を出してみる 大谷翔平選手が6/12の登板で日本記録の163キロ

記事を読む

2016年プロ野球新人王を過去のデータから大胆予想!

シーズン開幕前ですが、今年の新人王を大胆予想してみたいと思います! 今年ももう少しで春の選抜、プロ

記事を読む

田中将大投手の2016年の成績を大胆予想!

2016年シーズンは完全復活なるか? メジャーに移籍した2014シーズンと2年目の2015年、とも

記事を読む

早実、清宮幸太郎はホームランバッター?元名門野球部の僕が語ってみる

2015年の夏の甲子園をホームランと共に大きく賑わせた清宮選手。 大きな体と、スバ抜けた雰囲気の持

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

沖縄離島に安く行くならHIS!
宮古島と石垣島旅行を徹底比較!
JTBとHISの沖縄離島の見積もりを比較

▼オススメの日焼け対策▼
夏の日焼け対策に飲む日焼け止めという提案!
やかないサプリ

PAGE TOP ↑