肥満・デブのリスク、ダイエットで痩せたいなら運動は後回し

公開日: : 最終更新日:2017/05/16 美容とか健康とか

      

たまには医療人らしいことも書いてみよう

どうも新常です。

いきなりですが私の母親は結構ぽちゃ体型です。
そして会うたびに「私はなんで太ってるの?」と聞いてきます。

母親がこんな事を聞いてくるのは、私が理学療法士というボディーメンテナンスのプロ資格を持っているからに他ならないんですが、正直なところ、

 

そんなん知らんがなーwww

というのが本音です。

ただ、私なりに太ってる人に対して言っておきたいなーと思うことがあるのでサラッと書いてみようと思います。

現役の理学療法士としてある程度責任を持って書きますが、合う方・合わない方、様々いらっしゃると思いますので、その辺りはご了承ください。

スポンサーリンク

 

太っている理由は簡単でしょ

ぶっちゃけて言うと、デブはなるべくしてデブになっていると思っています。

 

だって単純に食いすぎなんだもん。

食べれば太るのは当たり前だし、食べなければ痩せるのもまた当然の話。
そもそも年齢とともに基礎代謝量は低下していくので、若い頃と同じだけの量を食べてれば太るに決まってます。

そして、大概の太っている人はこの事を分かってるんだと思うんですよ。

でも自分の衝動に負けて食べちゃう。
食べちゃいけないと分かっているのに食べちゃう。
夜中でもガンマンできずに食べちゃう。

どうです?
違いますか?

これを言い換えれば、自分に甘いってことなんです
厳しい言い方をしましたが、これは多くの人に当てはまる事実だと思いますよ。

悔しかったら痩せて見返すしかない。

太っていることのリスクは知っておくべき

一応リハビリの専門職なのでその視点を絡めてお話ししてみます。

太っている人の殆どが罹患しているとして知られている高血圧症。
高血圧症が原因で発症する代表疾患として脳出血がありますが、脳出血後のリハビリは大変ですよ。

出血部位にもよりますが、手足の麻痺が出現し、感覚は無くなり、筋力は衰え、やがて人の手助けなしでは生活できなくなる。
場合によっては、構音障害、言語障害といって言葉が喋れなくなる人もいます。

字にするのは簡単ですが、体の自由が効かない姿を想像してみてください。

ご飯が食べられない、一人で起きられない、寝返りが打てない、歩けない、トイレに行けない、風呂に入れない、自由に出かけられないなど、日常生活に大きな制限が出てきます。
それが脳出血です。

ちなみに、高血圧症が原因で脳出血を起こす場合、目安の血圧は160/90付近だと思っておいてください。
この数値を超えて生活をしている場合、いつ何時脳出血を発症してもおかしくありません。

なぜならこの数字、脳出血後のリハビリにおいて、再発の恐れがあるためリハビリを中止する際の目安になっているからです。
つまり、ちゃんとした医学的根拠に基づいた数字というわけです。

「脳血管の病気なんておじいちゃん・おばあちゃんの病気だろー」なんて思ってた人も多いと思いますが、30代、40代でも脳出血で運ばれてくる人は大勢います。

その証拠に、160/90という数字を見てギョッとした人も多いのでは?

見てくれが悪いからとか、着れる服がないからとか、そんな低次元でダイエットを推奨しているんじゃないんです。
単純に、常時命の危険にさらされている状態が異常だと思うから推奨しているんです。

痩せましょうよ。取り返しがつかなくなる前に。
発症してから後悔しても後の祭りですよ。

デブが痩せるために必要なたった一つのこと

突然、痩せましょう、ダイエットしましょう、などと言われても何をしたらいいのか分からないと思います。

太ってる人が痩せるために必要なたった一つのこと。
それは、

 

痩せる覚悟を持つこと

 

です。

まぁ、痩せるためには多少の努力とカネが必要ということです。
残念ながら魔法のような方法はありません。

食事に気を使って、運動して、それを継続する。
オーソドックスですがこれが一番合理的な方法です。

その他にできる事といえば脂肪吸引くらいですね。

大前提としてダイエットは9割の人が挫折する

当たり前の話なんですが、太ってる人全員がダイエットを行い、全員がダイエットに成功した場合、病気の人を除いてこの世にデブはいないという仮説が立ちます。

もちろん太った人全員がダイエットを実行したとは言い切れませんが、少なくとも大半の人は「痩せよう!」と意気込んで軽い運動なり、食事量を一時的に減らすなりした経験があると思います。

ですが、世の中見渡せば不健康なデブばかり。

つまり、太っている人の大半がダイエットを決意するものの、三日坊主ならぬ、1時間坊主で終了してしまうというわけです。

いつの間にやらダイエット計画は暗礁に乗り上げ、いずれ痩せれば良いいやーと甘えに変わり、最終的に頓挫する。

そして、これらの本質が分かりますか?

「ダイエットは1人じゃ絶対に成功しない」ってことです。

運動するより食う量減らしたほうがいいよ

とはいえ、「一人でやってやろう!」という気概がなければうまくいかないのも事実。

太ってる人がダイエットに挫折する理由で一番多いのは、運動が辛いから。

そりゃー当然ですよね。
重たい体を少ない筋肉で動かそうって方が無理難題ですから。

なので太ってる自覚があるのなら、まずは運動より食べる量を減らすことから始めるべきです。

ただし、野菜偏重、肉・炭水化物断ちのような偏りが出るのも良くありません。
あくまで基礎代謝量、1日の運動消費カロリーを元に、適切な食事を心がければ良いのです。

野菜ばかり食べていると体温が下がり、基礎代謝量が低下して痩せにくくなりますからねー。
体温は下げるのではなく、上げるんですよ!

なぜ食事制限から始めるべきなのか?

前述した様に食事制限から始める理由は、体が重く運動が辛いからという側面もあるのですが、本質はもっと重要なところに隠されています。

太った状態での運動は心臓に掛かる負荷はもちろんのこと、膝にかかる負担も大きいので変形性膝関節症という病気を助長します。
特に女性は構造的に罹患しやすいので注意してください。

痩せるために体をぶっ壊しちゃったら本末転倒もいいところですw

なので、取り敢えず1か月程度食べる量を制限してから運動に臨むべきなんです。

食事での摂取カロリーを正常に戻せば、基礎代謝である程度まで勝手に体重は落ちます。
また、その際のコツとしては炭水化物を減らすことです。

断つのではなく、あくまで、減らす、です。

炭水化物というのは体を動かす重要なエネルギー源なのですが、太ってる人は炭水化物をタップリお腹に蓄えているので特に経口摂取する必要がありません。

ただ、脂肪は燃えてエネルギーに変換されるまでに時間が掛かるので、それまでの繋ぎとして少量の炭水化物が必要になるわけです。
なので、断つのではなく減らすわけですね。

また、脂肪や糖質の吸収を抑えるようなサプリメントの併用も食事制限に効果的だと言われています。

脱・大人ぽっちゃり!ファンケルのカロリミット 

「いっぱい食べる君が好き〜」のCMで有名な、ファンケルのカロリミットなんかは定番のサプリ。

ジンジャーの作用で体温を上げて、脂肪の燃焼効率をあげようって仕組みです。
理屈としてとても分りやすい。

口コミも評判も上々ですし、ダイエットの取っ掛りとしては始めやすいと思いますよ。

▼ファンケルのカロリミット
ファンケルの大人のカロリミット

置き換えダイエットも有効かと

置き換えダイエットって聞いた事ありますか?

朝昼晩の食事のうちの一食、または複数食を別の食べ物に置き換えて摂取カロリーを減らすというダイエットです。
一昔前はりんごを食べることでカロリーを抑えている人もいましたが、その方法はオススメしません。

なぜなら、食べた感じがせずに空腹に耐えきれなくなるから。

なので、ある程度の満腹感が得られる上でカロリーを抑えられる食べ物で代用するのが望ましいです。
インターネットで検索すると置き換えダイエット用の健康食品がたくさん出てくるんで調べてみてください。

体温を上げるために入浴剤を変えてみるのも一手

先ほどお話ししましたが、ダイエットにおいて重要なのは基礎代謝を上げる事。

基礎代謝とは、生きているだけで消費するカロリー量の事ですが、そのカロリー消費量は主に体温によって左右されます。

例えば雪山で遭難した時、人間は熱の消費を抑えてカロリーの消費を防ごうとします。
その際、熱量の低下とともに体温が急低下し、一種の冬眠状態に入ります。

つまるところ、ダイエットではその逆をすれば良いだけ。

体温を上げて、カロリーを消費させ、脂肪を燃やす。

この燃焼サイクルを活性化させることによって、徐々に基礎代謝が上がっていくんです。

では、体温を上げて、カロリーを消費させるのに最も適した場所はどこかと聞かれれば、それは「お風呂」なわけです。

日常生活の中で最も体温が上がり、基礎代謝が向上するお風呂の時間をダイエットに使わないのは勿体なくないですか?
利用できる場面、場所は全部利用してこその本気ダイエットですから。

お風呂をダイエットに利用する方法はいたって簡単。

塩水に浸かればいいだけです。

今流行り(?)の塩風呂ってやつです。

塩水に浸かって浸透圧を亢進させ、発汗を促そうという原理で、この塩風呂という発想は、生理学を履修した人間にはかなり分りやすい仕組みに思えます。

実際、私も生理学を修めましたが、そりゃーそうだよなーといった感想を持ちました。

食塩でもある程度効果が認められているみたいですが、排水溝のサビ云々の問題もあるでしょうから、塩風呂用入浴剤の利用が無難です。

私がオススメする入浴剤は、シーボディー社製の「ミネラルパウダー」という入浴剤。

SiBODYのミネラルパウダー

トライアルセットもあるので最初からガッツリ挑戦するのは億劫だという方は、お試しから始めるのもアリかと。

ちなみに、この入浴剤は宮古島産の「雪塩」という特殊な塩を使用しています。
お塩界ではかなり有名なブランドです。

現地に行ったことがある方は知っているかもしれませんが、このお塩は甘みが強い不思議なお塩。
また、塩なのに見た目が砂糖のように砂状になっているのも特徴です。

基礎代謝を上げて、一気に痩せ体質になりましょうや。

▼ミネラルパウダーの詳しい情報はこちら
ミネラルバスパウダー_冷え改善

どうしても動きたくない人はEMS

カロリー制限をして、汗をかきながら基礎代謝の向上を図る。
さて、その次にすべきなのが皆さんご存知の通り運動です。

ここがダイエットの肝とも鬼門とも言える部分。

自堕落な生活習慣を見直して、老いた体に若さを取り戻すには、残念ながら運動は避けては通れません。

ですが先述しているように、今まで自分の欲求の思うがままの生活を送り、順調に脂肪を身にまとって来た方々にとって、運動という二文字がどれだけ苦痛で恐怖をもたらす言葉なのかは言うまでも無いと思います。

それに、忙しくて運動の為に時間が取れない人もいるでしょうし。

しかも、過度な体重はその体を支える“膝関節”に対して、想像以上の負荷を与えるので、今のままの体型で無理な運動を行えば膝OA真っしぐらでしょう。
詳しくは「変形性膝関節症(膝OA)」とググってみてください。

と、そういう色々な事情が重なって運動が行えない方は多いと思いますので、そのような方々はEMSを試すのもアリだと思います。

EMSとは、電気刺激によって筋肉を収縮させることであり、一般的にその器具のことをEMSと呼んでいます。
リハ業界やスポーツトレーナーなどの業界では広く知られている、しっかりと根拠のある運動方法の一つです。

実際にEMSを体感した事がある方はご存知だと思いますが、電気刺激終了後は何とも言えない疲労感が残り、全く腹筋運動をしていないにも関わらず明らかに腹筋部に持続的な筋収縮が起こった事が実感できます。

体感した方の多くが、あ〜ぁ、これは効くなーという感想を持つと思います。

▼MTGのシックスパッド
シックスパッド
C・ロナウド選手がイメージキャラクターを務めていることで有名なシックスパッド。
多くの有名な方に支持されている今話題のEMS器具です。

その効果は私が今更説明する必要もないと思いますので、是非ホームページで確認してみてください。

そして、まず真っ先に付けるべき筋肉は腹筋です。
理由は後日別の記事で書こうと思いますが、腹筋は人間の体の中でもトップ3に入る重要な筋肉。
鍛えられる筋肉の中では最も重要な筋肉と言って良いと思います。

まぁ理屈はともかく、とにかく腹筋・腹筋・腹筋の嵐です!
腹筋を鍛える重要性は理学療法士としての私が保証します!

シックスパッドのホームページへ

将来の疾病リスクを考えれば、少し値段は高いけど動かず筋肉を付けられるEMSが一番ありがたいのかも、なんて思っちゃったり・・・。

色々考えてみるとプライベートジムは結構合理的

さぁ、今まで紹介してきた一連のダイエット関連商品も、残念ながら貴方にとっては効果をもたらしてくれものでは無かったとしましょう。

さてその場合、先ほども言ったように、ダイエットはある程度強制的に“やらされる”環境が用意されている方が痩せやすくなります。
一人では絶対に甘えや妥協が出るからです。
むしろ、あなたが一人でもやれる人ならすでにデブじゃないはず。

つまり、ウォーキングやランニング、縄跳びやEMSなどは確かに有効なのですが、有効である以前に多くの方が続かないのが現状なわけです。

そうなれば、結果にコミットするあのプライベートジムで絞ってもらうのも一手ですし、近くのフィットネススタジオに通うのもアリでしょう。
依頼と報酬さえあれば、私自ら指導することも可能ですよw

まぁ何にせよ、誰かしらの監視のもとで運動をするのが痩せるための近道であることは間違いありません。

で、私個人としてはプライベートジム推奨です。
なぜなら、プライベートジムは食事の面倒まで見てくれるから。

▼勇気を出して結果にコミットしてみる

元をただせばデブの原因は食事にあるわけなので、運動はもとより食事の制限も並行して行わないと間違いなく痩せにくんです。

また、大半の人は過酷な運動を始めると、「運動始めたから少しくらい食べてもいいだろう」といった甘えから暴食に走る傾向があります。
これは何としても防がんといかんわけです。

なので、食事まできっちり面倒を見てくれるプライベートジムはダイエットに向いていると言えるんです。

それに高い金を払って入会するので、是が非でも痩せなきゃという危機感も出ますしね^_^;
残念ながら、人間はお金が掛からないと必死にはなれない生き物ですから・・・。

結果にコミットするもよし、一人で何とかするもよし、結果的にどっも選択せずに自堕落な生活を送るもよし。

価値観は人それぞれあると思います。
ただ10年後、20年後の未来に自分の体に返ってくるという事を忘れないでくださいねー。 

醜い体型という意味ではなく、生命の危機という意味で・・・。

まとめ

というわけで、太ってる人は痩せましょう。
悪いことは言いません。
とにかく痩せましょう。
将来の病気のリスクが高すぎます。

特に子供がいる家庭ならなおさら自分の不摂生で家族を路頭に迷わすわけにはいかないですからね。
今が本気になる時ですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

横顔ブスの原因と治し方。改善方法、矯正、横顔ブサイクは治るのか?

横顔ブサイクと言われたことはありませんか? 世の中横顔で悩んでる人は意外にも多いです。 しかし、

記事を読む

湘南美容外科の脱毛効果口コミ実体験!VIOや料金比較も!

湘美の全身医療脱毛ガチ口コミ! みなさん脱毛は医療派ですか? それともエステ派ですか? 実は

記事を読む

関節リウマチの初期症状や本当の怖さ。薬以外での対策や治療法はあるの?

関節リウマチは実は怖い どうも新常です。 以前私はリウマチ専門の整形外科で理学療法士としてリハビ

記事を読む

飲む日焼け止め「やかないサプリ」の効果を口コミガチレビュー!

日焼け止めは塗るから“飲む”へ! 今まで日焼け止めは化粧品コーナーの一部に陳列され、塗布するタイプ

記事を読む

背中ニキビを3ヶ月で綺麗にする治し方!私が実践した4つのこと

しつこい背中ニキビを3か月で克服! ジメジメとした梅雨が過ぎ、待ちに待った夏到来です。 で、夏の

記事を読む

腹筋ダイエットを行う人が参考にすべきブログを紹介!

筋トレ・ダイエット系ブログをガチ精査! ダイエットを行う上で腹筋を鍛えることが重要なのは言うまでも

記事を読む

甘いものを控えずに1ヶ月で5キロ減!痩せるための食事法!

本格的な夏到来! 2017年も7月に突入し本格的な夏が近づいてきましたが、皆様はいかがお過ごしでし

記事を読む

医療脱毛のメリットは?安全性、値段、期間、脱毛サロンよりメリットは大きい?

まだ脱毛サロンで消耗してるの? みなさんこんばんは。 新常です。 最近話題の医療脱毛専門クリ

記事を読む

背中ニキビを治す!背中が汚いのでケア商品大手3社を購入比較

もう悩まないで!(真矢○き風 背中ニキビって結構悩みの種だと思うんですけど、実際どのケア商品が自分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑