【開業リハへの道】財務諸表の役割〜貸借対照表編〜

公開日: : 最終更新日:2017/02/15 PT・OTの開業

      

会社のカルテ。それが財務三表です。

開業志向のリハ職のみなさんこんにちは。

以前リハ職の開業について記事を書いたんですが、その記事、意外と多くの人に読まれているんです。
やはり、開業情報のニーズが高まっているという事なのでしょう。

しかし、あの程度の記事で集客が出来てしまうという事は、まだまだリハ界の開業情報は少ないといわざるを得ません。

その証拠に、「理学療法 開業」「理学療法 独立」など、明らかに開業思考の人が検索しそうなワードを調べても大した記事は出てきません。
無論、私の記事を含め。

というわけで、今回から複数回に渡って本気で独立を考えている人に対して、財務諸表を中心とした会計の基礎、経営分析の基礎などをお伝えしていければと思っています。

この記事はその初歩の初歩、財務諸表についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

と、その前に

今シリーズは集客やマーケティングなどの経営花形学問分野とは違い、非常に退屈でつまらない学問です。
時には難解な言葉や複雑な計算が出てくる場合があるので、読むのが面倒くさくなる時もあると思います。

それに、本来会社経営において財務諸表を触るのは税理士や会計士などの一部の人間。
ゆえに、「なぜそんな学問を知る必要があるんか?」と思う人もいるでしょう。

しかし、会社や事業を起こすにあたって必ず知っておくべき内容なので、どうか根気強くお付き合いお願いします。

面倒な事は外部に・・・・。
いやいや、面倒な事こそおんぶに抱っこじゃなく、しっかり知識を身につけておきましょう。

財務諸表を制すものは会社経営を制す!
です。

財務諸表とは?

では早速本題に入ります。

タイトルにもある様に今回は財務諸表の中の一つ、貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)についてお話しをしていきます。

さて、財務諸表、ひいては貸借対照表とは一体なんなのでしょう?

財務諸表とは、事業においてどのようにお金を得て、何に使ったのか?そこから得た利益や損失の程度、その利益は株主にどの程度還元され、事業投資にどの程度使われたのか?などを記した、会社経営においてのカルテのような存在です。

株式に興味がある人は聞いた事があるかもしれませんが、大企業が四半期ごとに発表する決算書は財務諸表を中心に作成されています。

そして、財務諸表の中でも特に重要と言われているのが以下の3つ。

・貸借対照表
・損益計算書
・キャッシュフロー計算書

主にこの3つを財務三表と呼び、経営分析に大きな役割を果たしています。

また、会社組織においては、会社規模の大小に関わらず財務諸表の作成が義務付けられています。

まぁ財務諸表の大枠に関してはいずれ別の記事で深く掘り下げていきます。

貸借対照表とは?

貸借対照表とは、読んで字のごとく、カネの貸し借りを対照表にして分かりやすくまとめたものになります。

現金や固定資産の程度、銀行からの借金の程度などといった財政状態を外部の利害関係者に開示するための財務諸表です。
つまり、貸借対照表を見れば自己資本の割合・企業の当期利益・借金の程度など、企業の情報が丸裸になるという事です。

貸借対照表は以下に示した図のように、3ブロックに分けられています。

この対照表は左右の資産合計が原則一致するので、balance seat(B/S)と呼ばれます。
また、左側の資産の部を借方、右側の負債・純資産の部を貸方と言います。

資産の部に計上される項目は、主に預金、手形、固定資産、流動資産などの有形・無形資産です。

つまり、銀行や株主から調達した資金の使い道を示しているのが資産の部になります。

負債の部に計上される項目は、銀行からの借金、買掛け金、支払手形など、返済義務のある借金です。
抱えてる借金だと思っておけばオーケーです。

純資産の部に計上される項目は、株券と引き換えに株主から得た資金、事業活動で得た利益、またその積み重ねなど、原則返済義務が無い資金の事です。
別名自己資本とも呼ばれ、こちらは借金とは違い株券と引き換えに得た資金になるので返済義務がなく、ある種の安全資産と言えるんです。

つまりは・・。

企業の活動資金(総資産)は全て、負債+純資産に賄われています。

先ほどお話ししたように、純資産の内訳は株主から得たお金や事業で得た利益です。

すなわち、企業は借りたお金&株券と引き換えに得たお金&利益を利用して、土地を買い、ビルを建て、商品を作り、人を雇い、商品を販売しているわけです。

つまり、負債+純資産=会社の全資産という図式が成り立ち、これがB/Sにおいて左右の資産合計が一致する理由なんです。

ちなみにこの式が成り立たなくなったしまった場合を債務超過といい、場合によっては倒産も視野に入れなくてはなりません。

また、経営活動において借金額が少ない方が有利なのは言うまでもないので、返済義務の無いB/S右下の純資産の部が注目されがちですが、実は貸借対照表上で注目するべき場所は資産の部と負債の部です。

なぜなら貸借対照表の本質的意義が、

「企業にどれだけカネを生み出す力があるのか?」

を測定する指標だからです。

つまり、総資本はカネを得るためのカネ(収入)、負債はカネを得るために支払わなければいけないカネ(支出)と言い換えることができるんです。

この二つをしっかりと理解することが出来れば、企業がどの程度カネを生み出す力を有しているか分析できてしまうので、投資家や金融機関にとって必然的に純資産の相対的意義が乏しくなるわけです。

ですが、当然純資産の割合が高ければ(借りているカネが少なければ)返済義務を持つカネが少ないわけですので、倒産のリスクは低くなります。

ここで参考までに会社の資産をどの程度自己資本で賄えているかという指標をお伝えしておきます。

その名も、自己資本比率です。

例えば、

総資本 10,000,000円
負債  3,500,000円
純資産 6,500,000円

という会社があったとします。

この場合、6,500,000÷10,000,000×100=自己資本比率65%になります。

この数字が高ければ高いほど自己資本比率が高く、低ければ低いほど負債額が大きい企業といえます。

ですが、銀行からお金を借りていないということは、不渡りを出すリスクが無いのでピンチの時にお金を貸してくれない可能性に繋がります。

例えば、銀行が多額の融資を実行していた場合、貸付先の企業に潰れられては困りますよね?
ですので、銀行側としても潰れないようにどうにか追加融資の道筋を付けようとしてくれます。

しかし、銀行から一銭も借りていない企業であれば、潰れようが何しようが銀行にとってはどこ吹く風。
つまり、ある程度銀行からカネを借りておいたほうが有事の際に助けてくれる可能性が上がるわけです。

このような関係をステークスホルダーといい、外部と利害関係を築く事は企業にとって倒産のリスクを下げる事に繋がるんです。

必ずしも無借金経営が良いとは限らんわけです。

仕上げに

トヨタ自動車 第3四半期決算

こちらにトヨタ自動車の最新の決算報告書をリンクしておくので、7ページ以降に記載されている貸借対照表をご覧になってみてください。

現時点で勘定項目は無視してオーケーなので、どういう感じでB/Sが作成されているのかを感じてみてくださいな。

では、今回は初回なのでこのくらいに。
いずれ貸借対照表は深くまで掘り下げる予定ですので、今は大枠をしっかりと理解しておいてください。

次回は、財務諸表その2、損益計算書編をお送りします。 

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

独立開業理学療法士が月収100万円稼ぐために必要な計算

100万円稼ぐのはキツイ 開業を考えているPT・OTのみなさんは、具体的な収益目標をどのように掲げ

記事を読む

理学療法士、作業療法士の開業や独立はあり?ビジネスモデルを考えてみる

開業情報ニーズの増加 病院、施設、在宅。 今リハビリの需要は多様化してきています。 そして高

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▼冬の離島は空いててオススメです!

若ハゲは何歳から?&若ハゲは対策で治る!系の記事に対する疑問

若ハゲじゃない、それは普通のハゲだ! ハゲ、薄毛に悩んでいる若者はた

湘南美容外科の脇脱毛料金が1000円?!安い理由を解説します!

湘南美容外科の脱毛が気になる! 湘南美容外科の1000円ワキ脱毛が噂

【第6弾】伊藤万理華を大解剖!特徴を簡単に分析してみた!

今日はイトマリさんの日 乃木オタの皆さんこんにちは、新常です。 ま

自惚れ理学療法士副業系ブロガーの俺が伝えたい。俺の失敗から何かを学べ!

俺は天才じゃなかった 今年で28歳になりますが、私は日々を無駄に生き

宮古島と石垣島の違いを比較。旅行ならどっちがいいの問題

石垣島or宮古島はどっちオススメ? この記事は、離島旅行を計画する際

→もっと見る

PAGE TOP ↑