欅坂46の「二人セゾン」MVの感想。乃木坂との違いを解説!

公開日: : 最終更新日:2017/01/14 欅坂46分析

      

二人セボーン

どうも新常です。

早速ですが欅坂46の3枚目シングル「二人セゾン」が公開されたので私なりに感じた感想をつらつらと書いてみたいと思います。

ついでにこちらもどうぞ。

欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」の歌詞がなんか惜しい

スポンサーリンク

 

今回の作品で乃木坂との差別化が明確になった

兼ねてから乃木坂と欅坂は運営方針の違いが分からず差別化が進んでいないんじゃないか?と言われ続けてきました。

ですが、今回の作品を持って私の中ではっきりと乃木坂との違いを感じることができました。

今回のMVも“欅坂らしい”いい感じの仕上がりになってると思います。

今後、私が感じた“差別化”が本格化していくのか?それとも次回作からまた大きな方向転換を図ってくるのかは分かりませんが、とりあえず現時点で感じるポイントを簡単にまとめてみたいと思います。

その前にMVと、無料音楽ストリーミングアプリの紹介を〜

無料音楽ストリーミングアプリAWAmusicは利用していますか?

このAWAというアプリは約3000万曲を歌詞付きで無料ストリーミング再生できる超人気アプリです。
登録の必要がないのでダウンロードで即使えるのもありがたい。

音質も言うことなしなので、ぜひこの機会に利用してみてください。

iTunesでAWAを無料ダウンロード

乃木坂との差別ポイント1:ダンスのタイプが違う

私はダンスの専門家では無いので専門用語などは分かりませんが、見た所、欅坂と乃木坂のダンスには大きな違いがあるように感じます。

例えば、乃木坂はいかにもアイドルらしい可愛らしいダンスが多いですが、欅坂の表題曲過去3作品のダンスはアイドルらしからぬバレエ(?)をモチーフにしたかのような優雅な舞の様な傾向が強い様に感じます。
それに加えてテクニカルな動きというか規則的な動きというか・・・。

2作目まではたまたまだったかも知れませんが、さすがに3作続けてこの手のダンスを踊っているのでやはり意図的に違いを生ませたんだと思います。

ルックス+楽曲の非アイドル感が乃木坂だとしたら、欅坂はルックス+楽曲の非アイドル感+ダンスの非アイドル感って感じでしょうか。

乃木坂の上品さを継承しつつ、欅坂らしい優雅さを見ることが出来るダンスに感じました。

乃木坂との差別ポイント2:MVの構成が違う

過去の乃木坂46のMVを見てみると、サビ以外のカットはストーリ仕立てで構成されている作品が多くダンスシーンがあまり写っていないのですが、欅坂46のMVのメインはまさしくそのダンスシーン。

今回の「二人セゾン」に関しても5分強のカットの中の殆どがダンスシーン。
前作も前々作も同様ですね。

ルックスを前面に出し独特な構成が多い乃木坂のMVに対して、欅坂のMVは正に正統派といった感じでしょう。

あえてストーリ性を感じさせず、個々の実力だけで勝負しようとする欅坂のスタイルはいかにも勝負に出ている感じがします。

乃木坂との差別ポイント3:2のおかげで全員が映る事が出来る

ストーリ性の強い乃木坂のMVは、構成上どうしても多く映るメンバーとあまり映らないメンバーの差が激しくなってしまいがちです。

一方の欅坂のMVはダンスシーンがメインで構成されているので後方のメンバーも比較的多く写り込むことができています。

AKB⇨乃木坂⇨欅坂と徐々にメンバーを絞る運営方針を取っていると何処かの記事で書きましたが、その結果、全員が映りやすくなるダンスシーンをメインにしてMVを構成するという方針に繋がったんでしょうか?

まぁそのあたりは定かではありませんが、確実に言えるのは乃木坂と比較して個人の露出度が高く知名度も上がりやすい状況にあるという事です。

乃木坂との差別ポイント4:表題曲は疾走感を重視してる?

これは私自身の価値観の問題かもしれませんが、しっとり横ノリ系が多い乃木坂に対して、欅坂の表題曲は縦ノリ系、いわゆるジャンプしたくなるような疾走感がある曲に偏っているように感じます。

ノスタルジックな乃木坂に対して、ポップな欅坂とも言えるのかな?

とはいえ、まだ三曲しか出ていないので精査は難しいところなですが、それでも現時点ではその傾向があると言って良いと思います。

今回のMVはいかにも「セゾン」っぽいよね

みなさんが「セゾン」という言葉にどのようなイメージを持っているかは定かでは無いですが、今回の「二人セゾン」のMVっていかにも「セゾン」っぽく無いですか?(笑

ご存知のように「セゾン」はフランス語圏の言葉です。

となれば、芸術の都であり花の都であるパリのイメージでMVを作ったとしても何ら違和感は無いはず。
THAT’S優雅!!

イメージって共有するのが難しいんですが、何となく伝わりました?(笑

0:46付近に写ってるメンバーの名前を教えてちょ

非常に恥ずかしい話なんですが、欅坂46はまだ情報収集中の身でして名前と顔が一致しないんですw

正直乃木坂の西野さんかと思ったんですが、まぁ違いますよね。
第一西野さんが出てたらもっと話題になっても良いはずですもんね。

追記:この方はおそらく齋藤 冬優花さんですね!

まとめ

先ほども言ったように欅坂の情報はまだまだ少なく私自身も密度が濃い記事をなかなか書けない状態なので、今日はこんなところで終わりたいと思います。
前回同様走り書き&適当な内容でスンマセン。

ただ、今後烈火の如く欅坂関連の記事を上げていこうと思っているので、暇でしたらいつでもご覧になってくださいな。

ではまた。

あなたにオススメの記事

欅坂46は乃木坂46、AKB48を超えられるのか?運営方針の違いを分析してみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

欅坂46、サイレントマジョリティーの歌詞の意味が深い気がする

アイドルソングにしては強烈なインパクトが・・・ 最近何かと話題になっていたんで、先日彼女らのデビュ

記事を読む

欅坂46が今後活動を成功させるために必要な要素を分析

欅坂は成功するのだろうか? 欅オタの皆さんこんにちは。 新常です。 皆さんは欅坂46が成功す

記事を読む

欅坂46はなぜ紅白歌合戦に選ばれたのか?理由を軽く考えてみよう

祝!欅坂46の紅白出場決定! どうも新常です。 今年も年末が近づいてきましたねー。 師走とい

記事を読む

【第3の坂】乃木坂46、欅坂46に次ぐ坂道シリーズは何坂だろうか?

このブログは坂オタの方々に支えられてます 乃木オタ、欅オタの皆さんこんにちは。 新常です。

記事を読む

欅坂46と乃木坂46の“アーティスト宣言”の記事を読んだ

色々と言いたい! どうも。 新常です。 最近こんな記事を見つけました。 炎上覚悟!?

記事を読む

乃木坂46、欅坂46のブランド戦略論を分析!【ガチ】

意外と触れられないアイドルのブランド戦略 乃木&欅オタの皆さん、こんにちは。 最近織田

記事を読む

欅坂46「W-KEYAKIZAKAの詩」の歌詞は秋元康の良さが爆発してる

俯瞰の爆発! 欅オタ・乃木オタの皆さんこんにちは、新常です。 坂道関連の記事はお久しぶりですが

記事を読む

欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」の歌詞がなんか惜しい

久しぶりに欅坂46関連を軽〜く書きます サイレントマジョリティーで衝撃的なデビューを飾った欅坂46

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑