独立開業理学療法士が月収100万円稼ぐために必要な計算

公開日: : 最終更新日:2017/05/23 PT・OTの開業

      

100万円稼ぐのはキツイ

開業を考えているPT・OTのみなさんは、具体的な収益目標をどのように掲げているでしょうか?

月収100万円!
年間売り上げ2,000万円!
目指せ億万長者!

こんな感じでしょうか?

こういう具体的な数字を挙げた目標は士気に関わるのでとても重要だと思います。

ですが、具体的に月収100万円稼ぐためにはいくらの売り上げが必要だか考えたことはありますか?

自覚があるかどうかは分かりませんが、貴方はセラピストから一人の経営者になろうとしているんですよ。

経費を理解する

経費で落ちる!
経費削減!

人生30年以上生きていれば、経費という言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが、銀行員や経営者・個人事業主、会社の経理担当ではない限り、経費という言葉の意味をしっかりと把握している方は少ないように思います。

無論、PT、OTが運営されているブログの開業関連の記事を読んでみても、大雑把に「経費がかかる」と記載されているだけで、具体的に経費について踏み込んだ記事は少ないように感じます。

経費というのは“社益を得るための出費”と考えておくと分かりやすいと思います。

少し突き詰めると損金・費用・経費の違いに多くの方が辿り着くと思いますが、その辺はまた別の記事で書くとします。

簡単な損益計算書を作ってみましょう

さて、経費を理解するためにとても重要なのが、損益計算書を知るということです。

損益計算書とは、売上高から費用(経費)を引いていき最終的な純利益を知るための財務諸表のことです。
そして、年間の純利益を出すためには大きく分けて5段階の計算が必要になります。

例えば、こんな企業があるとしましょう。

【株式会社ABC建設】

年間売り上げ:100億円
売上原価:70億円
販管費:25億円
営業外損益:△2億円
特別損益:1億円

以上がABC建設の簡単な損益計算書だと思ってください。
実際には計算した後の数字が記載されているので“損益計算書”と呼ばれるわけですが、ここではその計算過程を順を追って説明していきます。

大雑把ではありますが、100億円の売り上げから5段階に分けて“経費”と呼ばれる費用を差し引きしていくので、100億円の売り上げに対していくらの純利益が残るのか予想してみてください。

【第1計算:売上高総利益】

売り上げ100億円に対して原価(材料費など)が70億円かかっているので、当期の売上高総利益は30億円となります。これが売上高総利益の計算。

【第2計算:営業利益】

売上高から原価を引いた30億円の中から、販管費(人件費や販売費、減価償却など)25億円を引いた残りの5億円が営業利益。営業利益は本業の好不調に左右されるので結構大事。

【第3計算:経常利益】

経常利益は、営業外収益(配当や利息の支払いなど)を営業利益に差し引きする段階で、今回は△2億円の支払いが生じているので、残りの3億円が経常利益となります。

【第4計算:税引き前純利益】

税引き前純利益は、特別損失(株式の売却益、売却損など)を経常利益から差し引きする段階で、今回は3億円+1億円=4億円が税引き前の純利益となります。

【第5計算:純利益】

純利益は、法人税を支払った後の最終的な残額の事を指します。この場合、4億円×0.6=2億4千万円が最終的な純利益額となります。尚、法人税は40%で計算しています。

売上高純利益率は2.4%

というわけで様々差し引きした結果、最終的な純利益は売上高に対してわずか2.4%しか残りませんでした。((2億4千万円÷100億)×100)

100億円の売上高を上げるために、実に97,6億円もの経費が掛かっているわけです。
恐ろしいですね。

額が大きすぎて現実感がない方は、数字を10分の1にしてみると分かりやすいかもしれません。

2,400万円の利益を得るためには10億円の売上高が必要だと計算になります。

どうです?
やる気失せました?w

まぁ今回はあくまで一例であって、すべての業種にこの数字が当てはまるわけではないことをご了承ください。
特に例に挙げた建設業はコストの叩き合いが必須なので、どうしても利益率が落ちちゃいますから・・。

これをPTの開業に当てはめて考えてみる

利益を上げるためのプロセスが分かったところで、具体的に理学療法士や作業療法士の整体開業(個人事業主)を例に損益計算、損益分岐点をシミレーションしてみたいと思います。

ただ、こういう経費や設立費用、納税の事に関しては確実に税理士か会計士に相談してください。

自分が損するだけならまだしも脱税でしょっ引かれる可能性もあるので、可能な限り専任の税理士は着けておいた方が良いですよ。
一人でやろうとしたら間違いなく後悔すると思います。

税理士ドットコムで近所の税理士を探す

では、それを踏まえて色々と試算していきましょう。

固定費対象

家賃(中野区の築35年物件 13坪) 年間162万円
リース代(物理療法の器具) 年間69万円
広告宣伝費(チラシ代、メディア運営代、電柱広告) 年間7万円

減価償却費

リフォーム代 坪単価30万円×13,5坪=405万円÷耐用年数(39年)=11万円
事務机 1万3千円÷耐用年数(8年)=1,625円
パソコン 15万円÷耐用年数(4年)=3万5千円
自社車 120万円÷耐用年数(4年)=30万円
ベッド×2台 32万円÷耐用年数(8年)=4万円

減価償却費年間合計 80万9千円

固定費年間合計 319万5千円

初年度費用 

リフォーム代 405万円
自社車、PC、ベッド、机 200万3千円
式金礼金 54万円
年間家賃 162万円
リース代 69万円
広告費 7万円

初年度費用合計 812万4千円

損益分岐点

理学療法士の整体の場合、変動費はほとんど掛からないと想定されるので今回は変動費20%で計算していきます。

損益分岐売上高=固定費(319万5千円)÷1-0.2=399万3千円となります。

この399万円強が損益分岐のライン、すなわち利益0円のラインとなります。
このラインを割ると事業赤字が出ます。

もちろんですが、初年度や出費が多い年度、固定費上昇により損益分岐点は変動することをお忘れなく。

今回は分かりやすさに拘って399万3千円として話を進めていきます。

目標利益達成額

目標利益を2,000万円に設定した場合、いくらの売り上げが必要なのか?
また、客単価をいくらに設定し、何分の施術をすれば固定費が回収できるのか?

実は他の療法士系ブログを見ていて私が一番気になったのがこの“客単価の設定”の部分です。
本来、しっかりとした根拠の上で価格帯を設定すべきなのですが、結構曖昧に述べてる方が多くてびっくりました。

価格帯は事業の根幹に関わる部分ですので、目標利益、目標売上高、遊休時間、稼働日数を基にある程度明確に設定すべきだと思います。

そして、価格を決める上で最も重要なのはいかに利益を確保するかという点。
そこで必要なのが、利益目標を達成するにはいくらの売り上げが必要なのかを知るということです。

目標利益を計算する場合、先ほどの式の固定費用の部分に目標利益額を足した状態で再度計算していきます。

固定費(319万5千円)+目標利益(2,000万円)÷1-0.2=2,899万3千円です。

目標利益2,000万円の場合、約2,900万円の売り上げが必要というわけですね。

さて、週休1日+祝日休みとして年休64日、年間稼働日数301日で日割りすると、1日当たりの目標売り上げが96,322円だという事が分かります。

この目標売り上げを達成するには料金を8,000円とした場合、96,322円÷8,000円=12人の施術を1日当たりしなければなりません。
仮に10,000円に設定した場合でも、9人以上の施術が必要です。

12人に8,000円で施術した場合、40分の施術時間でも最低8時間以上はかかります。
朝9時から開始して、午後6時までフル稼働の計算ですね。

実際には受付などのタイムロスや遊休時間が入ると思うので、朝9時から午後8時までの営業が現実的なラインでしょう。

それでは、施術料金8,000円で事業赤字を出さないためには1日に最低何人の施術が必要でしょうか?
少し計算してみてください。

ヒントは損益分岐点。

損益分岐点の金額399万3千円を年間稼働日数(301日)で割ると1日の目標売り上げが計算できます。

つまり、399万3千円÷301日=13,265円が1日当たりの損益分岐点です。
この金額を単価で割ると、13,265円÷8,000円=?

答えは1.65人でした〜。

最終的な利益額

あなたが仮に売上高2,900万円、純利益2,000万円を達成したとします。

会社勤めであらば源泉徴収として諸々引かれた額が手元に残りますが、個人事業主の場合は「確定申告」という所得証明を税務署に届けなければなりません。
その上で来年度の所得税、住民税が計算されるわけです。

純利益2,000万円の場合、主な控除対象は以下の4つ。

国民年金 年間19万5千円
健康保険 年間73万円
青色申告控除 年間65万円
基礎控除 年間38万円

控除対象合計 約176万5千円

課税対象となるのは社会保障額支払い後の残額から控除額を差し引いた額、すなわち1731万5千円に対して課せられ、その税金の合計は6,288,000円となります。

内訳は、

所得税392万円
住民税164万円
健康保険73万円

です。

つまり、仮に初年度2000万円の純利益を上げた場合、翌年度の税金は630万円近くも掛かると言うわけであります。
これを年収に換算すると、1731−630=1,011万円となるわけです。

月収計算すると91万円ですね。

こうやって一つ一つ計算していくと、売上高の3分の1程度が収入として還元されることが分かりますよね。

病院勤めで200点のリハを毎日20単位こなしたと考えた時、1ヶ月で約80万円の売り上げが想定されます。
その3分の1である27万円が給料として還元されていると考えれば、現状の給料の妥当性が自ずと見えてくると思います。

100万円手取りでもらうのって大変ですよねー。

はい、お疲れモード

と言うわけで、すごく大雑把ではありますが、損益計算を基にした年収シミュレーションを行ってみました。

具体的な売り上げ目標や集客目標が明確になったでしょうか?

私の計算上では月収100万円を稼ぐために必要な要件は、1日14人以上のお客さんに単価8,000円、施術時間40分で月240時間前後稼働出来れば達成可能だという結論に至りました。

何度も言いますが、今回の試算は素人である私の知識を基にした試算に過ぎませんので、かなり大雑把なものになります。
本気で開業を検討している方は確実に税理士に相談することをお勧めします。

節税や納税の際には絶対に税理士の力が必要になりますので、予め自分と馬の合う税理士さんを探しておいてくださいね。
もちろん開業の相談にも乗ってくれるので、気兼ねなく色々と相談しみてくださいな。

それでは良い開業を!

税理士ドットコムで近所の税理士を探す

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

理学療法士、作業療法士の開業や独立はあり?ビジネスモデルを考えてみる

開業情報ニーズの増加 病院、施設、在宅。 今リハビリの需要は多様化してきています。 そして高

記事を読む

【開業リハへの道】財務諸表の役割〜貸借対照表編〜

会社のカルテ。それが財務三表です。 開業志向のリハ職のみなさんこんにちは。 以前リハ職の開業につ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▼冬の離島は空いててオススメです!

若ハゲは何歳から?&若ハゲは対策で治る!系の記事に対する疑問

若ハゲじゃない、それは普通のハゲだ! ハゲ、薄毛に悩んでいる若者はた

湘南美容外科の脇脱毛料金が1000円?!安い理由を解説します!

湘南美容外科の脱毛が気になる! 湘南美容外科の1000円ワキ脱毛が噂

【第6弾】伊藤万理華を大解剖!特徴を簡単に分析してみた!

今日はイトマリさんの日 乃木オタの皆さんこんにちは、新常です。 ま

自惚れ理学療法士副業系ブロガーの俺が伝えたい。俺の失敗から何かを学べ!

俺は天才じゃなかった 今年で28歳になりますが、私は日々を無駄に生き

宮古島と石垣島の違いを比較。旅行ならどっちがいいの問題

石垣島or宮古島はどっちオススメ? この記事は、離島旅行を計画する際

→もっと見る

PAGE TOP ↑