背中ニキビを3ヶ月で綺麗にする治し方!私が実践した4つのこと

公開日: : 最終更新日:2017/08/03 美容とか健康とか

      

しつこい背中ニキビを3か月で克服!

ジメジメとした梅雨が過ぎ、待ちに待った夏到来です。

で、夏の定番といえばやっぱり海だと思います。

ただ、そんな夏のど定番である海水浴も全員が全員同じように楽しめるとは限らないと思うんです。

その楽しめない要因の一つに、背中ニキビが気になって服を脱げない、という問題があると思うんですよ。

と言いますが、何を隠そう私もその一人でしたので、男女関係なく人前に肌を晒すなら綺麗な背中でありたいと誰しもが考えてるはず!と、勝手に感じているわけです。

そんな悩める背中ニキビ難民の方々に、私が背中ニキビを3か月で克服した4つの方法をお伝えしたいと思います。

出来れば夏前に書きたかったこの記事・・・、今更感が半端じゃないですが、来年の夏に向けて是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

 

背中ニキビ克服までの4ステップ

早速核心部に触れていきたいと思います。

タイトルでは4つの方法と題しましたが、実は今回私が背中ニキビを克服したのはあくまで結果論に過ぎないんです。

というのも、特段背中ニキビを改善しようと躍起になっていたわけではなく、少し生活習慣を変えたらいつの間にか治っていたからなんです。

気がついたら治ってて自分でもビックリみたいな。

そんなわけなので、今回あげる4つの方法は結果論から導き出された、“おそらくこの4つだろう”というものに過ぎません。

その当たりはどうかご了承頂ければと思います。

さて、私が背中ニキビを克服したステップは以下の4つになります、

1、背中ニキビ対策のクリームの使用
2、適度な運動
3、適切な睡眠
4、食事管理

あくまで結果論としてですが、この4つを同時並行で行うことにより殆ど目立たないレベルまで綺麗になりました。

それでは一つ一つの要素を検討していきましょう!

ステップ1 ニキビケア対策商品を使う

背中ニキビにおいてケア商品を使うのは基本中の基本だと思います。

顔のスキンケアをするのと同じように、背中にもスキンケアが必要なんです。

背中ニキビの原因として有名なのが、乾燥・汚れ・自律神経の乱れなどなど。
で、それらに共通するのは肌への過剰な刺激が背中ニキビを誘発するという事です。

そのような不必要な刺激、特に乾燥を防ぐために背中ニキビケアクリームは必要不可欠と言えるわけです。

背中ニキビケア商品の比較は別の記事で書いてるので、ぜひそちらを参考にしてください。

背中ニキビを治す!背中が汚いのでケア商品大手3社を購入比較

ステップ2 適度な運動

私の場合ダイエットの一環として運動をしているので“適度”という言葉が適切かわかりませんが、やはり適度な運動によるデトックス効果の恩恵は大きいように思います。

デトックスというのは、簡単に言えば毒素の排出です。

デトックスに関しては科学的根拠に乏しいとの批判もありますが、こう考えれば納得できると思います。

適度な運動が習慣化

筋量が増えて基礎代謝の向上

基礎代謝が上がり体温の上昇と共に血液循環が改善

血液の循環が良くなれば老廃物の排泄もスムーズになる

適度な運動が習慣化すれば筋肉量が増えることによりニキビの原因となる乾燥だけではなく、ふくらはぎの浮腫みや末端の冷えなども改善が期待できるわけです。

ただ、適度な運動と言われてもかなり抽象的。
具体的な運動量を知りたいですよね。

私の中で適度な運動量は、250キロカロリー前後を消費する運動を指しています。

とはいえ、この数字に根拠はありません。
先ほども言いましたが、あくまで結果論ですから。

ちなみに、250キロカロリーを消費するためには、

ランニング5キロ
筋トレ20分

体重により消費カロリーは変化するので個人差はありますが、大体このくらいの運動量が必要です。

しかもこの運動を2カ月も継続すれば、以前とは別人のような体つきになります。
本当、自分でもビックリするくらいに。

おまけに体重で言えば3キロ前後は落ちますし、筋肉量が増えるので体がとても軽く感じます。

特に腹筋と太ももの筋肉は重点的に鍛えてくださいな。

腹筋と太ももは筋量が多いので鍛えれば鍛えるだけ基礎代謝の向上に繋がりますよ!

ステップ3 適切な睡眠

肌荒れと消化器官の関係についてはなんとなくご存知かもしれませんが、仔細に調べたことがありますか?

実は消化器官が活発に動くのは睡眠時。
寝ている時に食べてたものを消化するので、睡眠は消化器官にとってすごく重要なんです。

寝不足になれば消化機能が低下し胃の粘膜を荒らすだけではなく、消化機能が低下して栄養の吸収が妨げれます。

特に皮質分泌の調整に必要なビタミンB群の吸収が妨げられる事によりニキビを助長してしまうわけです。

つまり、寝ないとニキビが増える、と言えるわけですね。

ちなみに私は1日6時間〜7時間前後は寝るようにしています。

あくまで結果論ではありますが、睡眠時間を増やした事が背中ニキビ改善に大きく寄与したのをすごく感じています。

ステップ4 食事管理

食事管理に関しては非常に明快です。

コンビニ食を絶ち、食事の際は必ず野菜から食べる事を心がけました。

目に見えるものでは無いですが、コンビニ食などに入っている添加物や防腐剤などの過剰摂取はやはり肌にとって敵でしょう。

野菜から食べる理由は、1)血糖値の急上昇を抑え、2)量を食べることにより満腹感を促す、この2点です。

そんなわけで、野菜は毎日400g以上食べてます。

一応1日の総摂取カロリーも計算していますが、最近は以前ほどストイックにはやっていません。

それでも摂取カロリーは抑えている方なので、消化器官(肝臓・胃腸)に掛かるストレスが少なく、肌荒れの改善に繋がっているのは間違いないと思います。

食事管理に関しては別記事で詳しく書いているので、そちらを参考にしてください。

甘いものを控えずに1ヶ月で5キロ減!痩せるための食事法!

なんども言いますが、結果論

というわけで、私が背中ニキビを克服した4つの方法でした。

しつこいようですが、今回ご紹介した方法は結果論であって確実性の保証は出来ません。

今すぐできる対策とすればニキビケア商品を使うことでしょうが、それでも個人差があるのは否めません。

とはいえ、私が生活習慣を大きく変えたことにより背中ニキビが改善したのは事実ですし、論理的に詰めれば私の仮説はさほど論外だとも思えません。

生活リズムを整え、肌のケアを怠らない!

シンプルでありながらこれこそ基本中の基本だと思います!

どれだけの方に参考となるかは分かりませんが、より多くの方の参考になれば幸いです。

では。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

肥満・デブのリスク、ダイエットで痩せたいなら運動は後回し

たまには医療人らしいことも書いてみよう どうも新常です。 いきなりですが私の母親は結構ぽちゃ体型

記事を読む

腹筋ダイエットを行う人が参考にすべきブログを紹介!

筋トレ・ダイエット系ブログをガチ精査! ダイエットを行う上で腹筋を鍛えることが重要なのは言うまでも

記事を読む

甘いものを控えずに1ヶ月で5キロ減!痩せるための食事法!

本格的な夏到来! 2017年も7月に突入し本格的な夏が近づいてきましたが、皆様はいかがお過ごしでし

記事を読む

医療脱毛のメリットは?安全性、値段、期間、脱毛サロンよりメリットは大きい?

まだ脱毛サロンで消耗してるの? みなさんこんばんは。 新常です。 最近話題の医療脱毛専門クリ

記事を読む

湘南美容外科の脱毛効果口コミ実体験!VIOや料金比較も!

湘美の全身医療脱毛ガチ口コミ! みなさん脱毛は医療派ですか? それともエステ派ですか? 実は

記事を読む

横顔ブスの原因と治し方。改善方法、矯正、横顔ブサイクは治るのか?

横顔ブサイクと言われたことはありませんか? 世の中横顔で悩んでる人は意外にも多いです。 しかし、

記事を読む

関節リウマチの初期症状や本当の怖さ。薬以外での対策や治療法はあるの?

関節リウマチは実は怖い どうも新常です。 以前私はリウマチ専門の整形外科で理学療法士としてリハビ

記事を読む

飲む日焼け止め「やかないサプリ」の効果を口コミガチレビュー!

日焼け止めは塗るから“飲む”へ! 今まで日焼け止めは化粧品コーナーの一部に陳列され、塗布するタイプ

記事を読む

背中ニキビを治す!背中が汚いのでケア商品大手3社を購入比較

もう悩まないで!(真矢○き風 背中ニキビって結構悩みの種だと思うんですけど、実際どのケア商品が自分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑