橋本奈々未初ソロ曲「ないものねだり」は乃木坂史上に残る名曲

公開日: : 最終更新日:2017/11/30 乃木坂46分析

      

アイドルの垣根を超えた珠玉の名曲

どうもこんにちは。
橋本さんが引退するという事実と向き合えず、只管に物を書きまくっている新常です。

先日16枚目シングルのMVが公開されたことを皮切りに、次々とニューシングルの詳細が発表されています。
そして、その中の目玉の一つが橋本さんが歌うソロ曲「ないものねだり」です。

曲のイメージとしては「暖炉のある部屋でロッキングチェアーに揺られながら小説を読んでいる女性」といった感じでしょうか?
これにホットミルクを付け足すとより雰囲気が出るかもw

正直、この曲は表題曲を喰う可能性があると思います。
スルメと同じで、噛めば噛むほど味が出てくる名曲。

今まで乃木坂のCDは一枚も買ったことがないんですが、この曲が収録されているCDは買おうと思っているくらい個人的に名曲だと感じちゃってます。
つーか、この一曲のために買います。

スポンサーリンク

 

追記:2017/2/17

ついにMVが公開されました!

橋本奈々未「ないものねだり」フルMVがキター!感想をつらつらと

 ルイアームストロングを思い起こさせる

「ないものねだり」を初めて聞いた時どのような感想を持ちました?

ちなみに私自身は、「おー、ジャズに寄せてきたなー」と感じました。
皆さんも割と同じような印象を受けたのではないでしょうか?

で、実は私は頻繁にジャズクラブに通う自称ジャズ好きです。
ほぼ聴く専門ですけどね(笑

そんな自称ジャズ好きの私が「ないものねだり」を聴いた瞬間、パッと思い浮かんだアーティストが「ルイアームストロング」という著名なジャズトランペッター。

「What A Wonderful World」

このタイトルを聞けばピンときますか?
この曲を唄った人物ですよー。

そして、ルイアームストロングは生前数々の名曲をカバーしているんですが、その中でも「Moon River」「You’ll Never Walk Alone」の2曲が真っ先に思い浮かびました。

曲調はあまり似ていないかもしれませんが、スローテンポ、歌詞の少なさなどの要素はそっくりだと思います。

You’ll Never Walk Alone

Moon River

ジャズっぽさを感じさせる最大の要因

個人的にこの曲の好きな部分は、

・弓を使わないウッドベースの丸く暖かい音
・ワイヤーブラシで叩く波の様なドラムの音
・間奏で入るギターのナイロン弦特有の乾いた音

そしてこれらを含めた打ち込みのないクラシカルな音楽という点です。

クラシカルというとクラシックのリズムっぽく聞こえてしまうのでちょっと語弊があるかもしれませんが、私が言いたいのは“機械音を感じさせない”という意味です。

これらの要素がジャズっぽさを感じさせる大きな要因なんじゃないかなーと思います。

それ以外にもジャズ特有の「粘り気の強い音」「ネットリとした表現」が所々に見られる感じがしますし、サビパートとそれ以外のパートの境界線が曖昧なのもジャズっぽく聞こえる要因だと思います。

この曲をフルバンドの生演奏、橋本さんの生歌、そんでもってCDに収録されているクオリティーで歌うことが出来れば多くの人が涙するんじゃないかなー。

特に生でウッドベースの音を聞いた事がない人は、想像以上のウッドベースの音の優しさに号泣必至ですよ。

いやー、「きっかけ」でアイドルの枠を超えたなーと思いましたが、この曲でそれをさらに上回っちゃた印象です。

マジで乃木坂史上に残る名曲だと思います。

橋本さん意外と歌うまくない?

橋本さんといえば、失礼ですが少し歌が下手なイメージがありました。
ですが、この曲に関してはとても上手に歌えている印象。

多分、音程云々よりもリズムがしっかり取れている事が上手に聞こえてる要因なのかなーって個人的には分析しています。

全体を通して裏拍を強調してたりスローテンポだったりする曲って、リズムが取り難くて歌うのがすごく難しいんですよ。
久保田利伸さんの「missing」などはその代表例。

今回の楽曲も系統的にスローな曲調なので歌うのが難しそうな印象がありますが、所々シンコペーションっぽい技術を駆使したりして上手く歌いこなせてる印象があります。

それに橋本さんの歌声自体が口の中で音を響かせているような“籠った丸い音”の印象を受ける声なので、楽曲と声の相乗効果で、哀愁の中にどこか優しさを持った楽曲に仕上がっている気がします。

歌詞の随所に見られる橋本さんらしさ

今回の曲の歌詞は単純に良し悪しという尺度では測りきれない“橋本奈々未さんらしさ”が随所に見られ、橋本さんの価値観・人生観がとても良く反映されているように感じます。

ないものねだり うたまっぷ

「誰にも干渉されずに自分の人生を謳歌したくなった!」

そんなメッセージが込められているのかなーと思いますし、自分の存在が世の中で思っている以上に大きくなってしまった息苦しさなども表現されていそうな気もします。

特に「一人でいるのが好きになった」=「卒業」を連想させるフレーズはとても印象的です。

この歌詞を橋本さん自身がどのような思いで歌うのかは分かりませんが、個人的に橋本さんという人物を象徴するのにぴったりな歌詞かと。

それに、普段秋元さんが手がける歌詞の一人称は「僕」である場合が多いんですが、この曲に使われている一人称は「私」であることから、秋元さんが橋本さんの為だけに書き下ろした歌詞だというのが伺えます。

ライブで生演奏をするなら・・

ただ一点、叶うならば付け足してほしいなーと思ったポイントがあります。

それは前奏と後奏の部分です。

個人的な好みかもしれませんが、もう少し前奏と後奏を長くしてほしいなーという思いがあります。
せっかく素晴らしい楽曲なので、橋本さんの歌声もさることながらインストゥルメンタルとしての完成度の高さを見せつけてほしいと感じました!

特に後奏に関しては、曲の余韻を楽しむという意味でも長くしてほしい!!

個人的な感想すまそー。

橋本さん卒業後の今だから見たい

皆さんは乃木坂46のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」はご覧になりましたか?

橋本さん、生駒さん、白石さん、西野さん、生田さんの5人にスポットを当て、結成直後からの苦悩の日々を貴重なVTRと共に映像化した本格的なドキュメンタリー映画です。

本編では橋本さん自身の口から乃木坂46加入オーディションを受験するに至った経緯、家族に対する思いなど、時に涙を流しながら様々な心境が語られています。

ちなみに、dTVに無料登録することで「悲しみの忘れ方」をフル視聴することができます。

以前はU-NEXTでも無料視聴を実施していたんですが、6月8日で配信が終了。
現在のところ無料で視聴できるのはdTVだけです。
dTVの配信もいつ終わるか分からないのでお早めに。

無料トライアル期間内(31日間)に解約すれば一切お金は取られないのでお気軽にどうぞ。

★邦画
dTVで悲しみの忘れ方を無料視聴


悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 スペシャルエディション

まとめ

まぁこんな感じで、16枚目シングルのカップリング曲「ないものねだり」が素晴らしい曲だということをみなさんに伝えたかった次第です。

んー、別に橋本さんを特別好きってわけじゃないですが、寂しい気持ちが日々大きくなる一方です。
無意識のうちに橋本さんの価値観に共感していた自分がいたってことなんでしょうか?

それだけ影響力がある人物がいなくなるのは筆舌に尽くしがたいです。

卒業まであと少しですので、しっかりと雄姿を目に焼き付けておきたいと思います。

では。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

乃木坂46で一番トーク力があるのは齋藤飛鳥だと思う

会話って難しい 残暑が厳しいですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。 私は8月の終わりから風邪を

記事を読む

乃木坂46「何度目の青空か?」の魅力を語りたい

音楽は素晴らしい 乃木オタの皆さんこんにちは。 新常です。 定期的に見に来てくれている方は気

記事を読む

乃木坂46のオススメの名曲トップ5をランキングにして紹介してみよう

乃木坂46の曲は歌詞がいいねー どうもこんにちは。 乃木坂46にはまって早4か月が経過した新常

記事を読む

乃木オタをキモいと笑う人は素直に鼻の下伸ばいいのに。

オタばんざーい! 乃木オタの皆さん、お久しぶりです。 新常でございます。 時の流れは早いもの

記事を読む

乃木坂46、17枚目シングルのセンターを予想!サプライズはあるのか?

要望が多いので予想してみます! どうも新常です。 前回の焼き増しのような記事になるかもしれません

記事を読む

欅坂46は乃木坂46、AKB48を超えられるのか?運営方針の違いを分析してみる

秋元グループ総解体!! どうも新常です。 最近は夏バテ気味で以前にも増してやる気が出ない日が続い

記事を読む

乃木坂46、裸足でSummerPV解禁!歌詞とPVから見える今後の方向性

 いい流れには乗るぜ! 特に意図せず書き始めた乃木坂分析の記事ですが、好評につき勢いに乗って新曲「

記事を読む

秋元康の歌詞は名言揃いで特徴的?乃木坂46の歌詞を分析!

秋元さんの詩は人を引きつける技術が使われている 以前サイレントマジョリティーの歌詞を分析した事をき

記事を読む

乃木坂46映画、悲しみの忘れ方のあらすじを簡単に

乃木坂の歴史を知る どうもこんにちは。 新常です。 以前乃木坂のドキュメンタリーを見た感想を

記事を読む

乃木坂46「インフルエンサー」の歌詞は依存に対する最高の皮肉

ぶんぶんぶーん 乃木オタの皆さんこんにちは。 新常です。 久々に乃木坂の歌詞に関する私的な

記事を読む

Comment

  1. 坂道とJAZZは意外とあうのね より:

    はじめまして。
    youtubeでこの人の演奏が素晴らしいので紹介します。
    https://www.youtube.com/watch?v=eig0_ryv09M
     
    https://www.youtube.com/watch?v=2bE4civiYb8

  2. 坂道とJAZZは意外とあうのね より:

    https://nogizaka-journal.com/archives/nogizaka46show-vol13-onair.html
    来週のAKB48SHOWで「ないものねだり」のフルサイズONAIRだそうですよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ▼露出の増える夏に向けて!▼

    パルクレールジェル

PAGE TOP ↑