新入社員が会社辞めたいのは逃げ?ゆとり世代の先輩として一言

公開日: : 最終更新日:2018/08/06 仕事・転職・退職

      

あー辞めたい、会社行きたくないなー

新入社員で退職を考えている方、こんにちは。
新常です。

近頃、新入社員が会社を辞めるのは逃げなのか?という文面をよく目にします。
あくまで私の意見ですが、

1年以内で会社を辞めることは逃げだと思います。

ただ、逃げていいと思いますよ。
だって自分の身は自分で守るのが社会人ですから。

知らんがな。

実は私自身も1年ちょっとで職場を退職した経験があります。
しかも新卒で。

理由は皆さんの悩みと同じで、環境が合わなかったからです。
噂のクソブラックってやつだったんです。

まぁ入職前の情報収集の甘さが招いた事なので自業自得なんですが、それでも「逃げたー」とか、「我慢が足りない」とか散々言われましたよ(笑

でも、そんな事は知ったこっちゃないんですわ。

取り敢えず答えを探すのやめません?

辞めたい人に向けて言っておきたい事は山ほどあるんですが、その中でも一番重要なこと。
それは、

人に答えを求めるのは辞めましょうよ。

という事です。

今はあまり実感できないかもしれないですが、今後、今以上に重要な決断を迫られる機会なんて腐るほどあります。

その度に誰かに答えを求めますか?
むしろ、決定の重要度が増せば責任も重くなるので、誰も加勢してくれなくなりますよ。

だから他人に答えを求めるんじゃなく、自分自身でどうにかする力を身につけるべきです。
辞める云々の前に、まずは主体性を持ってください。

▼新卒早期退職者の転職ならDYMがオススメです

臭いものには蓋をすると臭いが増す

主体性を持つ上で、私から一つ助言が出来るとすれば、

蓋をした臭い物を放置しておくと開けるときにもっと臭くなる

という事ですね。

人間の思考って、どうしても無難な方に流れてしまいがち。
それでいて、環境に対する不条理や不合理を飲み込もうとするんです。

例えば、今辞めたら絶対に後悔する!とか、勤め続けてれば何か良いことがあるかもしれない!って。

ただ、それって重要な決断を先延ばしにしてるだけで何も解決してないんですよ。

万事に通じますが、一定期間の以上の思慮は行動を遅らせるだけでなく、正確な判断を鈍らせたりもするんです。

いずれ向き合わなくちゃいけない現実なら、逃げてないで早めに決断した方が良いというのが私の考えですね。

世代に関係なく会社を辞める人はいます

もし世代批判が辞める足かせになっているなら、それは気にしなくていいと思います。

最近はゆとりだなんだと言われ始め、新人のうちに退職する人たちが批難の的になることも増えてきましたよね。
でも、これってちょっとオカシイんですよ。

インターネットがこの世に生まれて今年で22年目ですが、世の中に根付いてきたのはここ10年くらいの話。
それまでは不特定多数の人が集まるツールは存在しませんでした。

つまり、今までは批難したくとも批難する場所がなかったんですよ。
何だかんだ言っても、面と向かっと堂々と批判できる人は少ないですから。

そういう人たちがインターネットという匿名のツールに活路を見出してきたのがここ10年前後の話なわけです。

そのタイミングがゆとり世代の社会進出といい具合に重なった結果、集中的に批難を受ける形になってしまっているわけです。

いつの世代だって辞める人はやめるし続ける人は続ける、これは何十年も前から変わらない事実ですよ。

退職や転職は逃げでもいい

とはいえ、ゆとり世代が叩かれる大きな理由としては、インターネットの普及だけが要因ではないです。

主に社会的弱者だからという理由は結構大きいと思います。

人間は意地悪な生き物で、常に自分より弱い立場の人間を支配下に収め優越感に浸りたがります。
心理学的にいえば合理化、通称パワハラってやつですね。

そして、この傾向はストイックな環境であればあるほど強くでてきます。
大企業内でイジメなんてザラですよ。
誰も言わないだけで。

まぁ使えない部下に苛立つのは当然かもしれませんが、分かっちゃいても度が過ぎれば流石に納得出来ないですよね。

で、その状況に耐えて続ける事を良しとするのか、我慢せず辞める道を選ぶのかは本人の価値観による部分が大きんでしょうが、ここで私が伝えたいのは、自分の身を守れるのは自分だけってことですよって事です。

極端な話、自殺するくらいなら逃げるんもありじゃない?って話です。

自分自身を守るために“逃げる”という選択肢を選ぶのは、そんなに悪いことですかね?

社会的な評価云々を気にする事も大事ですが、それらは安定した精神状態の元に成り立つという事を忘れないようにしてください。

深く考えても社会構造は変わらない

ただ、いかなる理由で会社を辞めたとしても新入社員の退職にはリスクがあります。
辞めても何とかなるのは事実ですが、それなりにリスクがあるのもまた事実。

次の希望先の面接で、

「こいつ前の職場3か月でやめてんじゃん、根性ないんかな?」

そう思うのは自然の流れですし、仮に声に出さなくとも誰しもが思ってることです。

でも、それが社会ってもんですから、あーだこーだと考えを巡らせても仕方ない部分もあるんです。
理屈ではどうにもならない慣例ってやつですね。

残念ながら、社会ってのは貴方が思うように都合よくは出来てないんです。

会社側のリスクも知るべし

色々と社会の理屈や構造が理解でき、それでも尚辞めたい意思が揺らがない方に一つだけ言っておきたい事があります。
それは、

早期退職されたら雇い主はたまったもんじゃないよーって事。

会社を運営していく上で、最も大きな経費って何か知ってますか?

それは、人件費です。

財務諸表を読める人は分かると思いますが、売上げから人件費を引くと40%程度しか手元に残らないんです。

あんまりピンとこないかもしれませんが、売上1億円の内訳の6000万円が人件費だと考えれば、いかに人件費が占める割合が高いかが分かると思います。

で、これら人件費の内訳には、1円の利益にも貢献していない新入社員の給料も当然含まれているわけです。

会社からしてみれば、出るばかりで入ってこない人間に対して“先行投資”をしているわけですから、こりゃー途中で逃げられたら頭にきますよね。

本当開いた口がふさがらんぜよって。

仮に、証券マンに唆されて買った億の株が、1年持たずして紙くずになったら証券マンに対してどんな感情を抱きますか?
しかもそいつが謝りもせず、

「はぁ?俺は悪くねーし!投資したお前が悪いんだろ?」

こんな逆ギレされた日にゃどうでしょうか?
誠意を持って謝ってくれれば許せるかもしれないですけど、逆上されたら冗談抜きでぶ○殺しちゃうでしょ?

退職時もそれと同じです。

相手の気持ちを考えれば、自ずと態度は決まってくると思います。
社会ってそういう姿勢が結構重要なので、この事はしっかり覚えておいてくださいね。

ブラック企業も意外といい経験になる(かも

さて、少し話は飛びますが、前述した通り私の初めての職場はスーパーブラックでした。
というか、もはや違法?レベル。

詳細は明かせませんが、多分日本でも上位に入るくらいに。

それ以外にも重要な仕事任されまくり、新人なのに責任重すぎ、顔は笑って心はズタボロ的な。

ただ、これらの経験は色んな意味でいい経験になりました。

例えば仕事に対する責任感とか。

新人とはいえそれなりの仕事がバンバン回ってくるわけですから、嫌でも責任感は芽生えます。
普通の人が何年も掛けて積み重ねる経験を、私の場合はすっ飛ばして1年で経験させてもらったわけです。

まぁ辞めた今でこそ冷静に考えられますが、当時はそんなこと考える余裕なんてなかったんですけどね・・。

ただ、そんなブラック経験から転職時「次は二度とブラックに引っかかるまい!」と躍起になれました。

なので、一概にブラック企業を批判する風潮には賛同しかねる部分もあったりしますw

そして何より、自分から動かないと結局何も変わらないんだなーって事をブラックから学ばせてもらいました。

社会人なら主体的に行動しなきゃ

冒頭で私が言った“自分の身は自分で守らなきゃ”“主体性を持たなきゃ”と言った意味が、今しがたお分かり頂けましたか?

結局のところ、退職願いを両親が代わりに提出してくれる訳でもないですし、全てを自分で決めて、自分で動かないとなーんにも変わらないですよ。

逆に言えば、自分の行く末はあなた自身に決める権利があるという事です。
そしてそれは、大人の責任でもあるわけなんです。

ブラックでも自分が成長できると思えば続ければいいでしょうし、無理だと思うなら辞めればいい。

ほんとそれだけのこと。
主体的に動くって大げさに聞こえるかもしれないんですけど、大人として当たり前の事をしましょうってだけなんですよね。

たとえ大企業でもすがる必要はないんじゃない?

これを読んでくれてる人で大企業に勤めてる人もいるのでしょうか?
就職活動大変だったと思います。

正直私は大企業勤めをしたことがないので、本当の意味で内情は知るよしもないわけで。

しかし、父親が某大企業の役員をやっているので、大企業の“倫理”はある程度知っているつもりです。

ぶっちゃけ、全盛期の働きぶりは過労死の基準なんて軽く超えてましたよ。
家族との時間なんて皆無で、残業は200時間を超えていたと思います。

そんなわけで、自分が中小に勤めてみて、改めて大企業の異常なまでの労働時間を再認識させられました。

だからこそ、大企業に死に物狂いでしがみ付く必要ってあるのかなーって考えちゃんですよね。

もちろん私の考えなので万人に受け入れらるとは思っていませんが、こういう見方もあるってのは知っておいてください。

 

転職は人生でそう多くはない。だから大事に。

今まで色々と語ってきましたが、私自身は、

人になんと言われようと自分の人生は自分で決める!

この意思があれば辞めても大丈夫だと思っています。

人間のバイタリティーって追い込まれた時にこそ発揮されるものなので、結局いざとなればどうにでもなるんですよ。
理屈では推し量れないスピリチュアルな部分かも。

ただ一つ言いたいのは、同じ轍は踏むなよってこと。

新卒で退職せざるを得なくなった理由が分かっているなら、その轍は踏んだらあかんですよね。

つまり、次の就職先はしっかりと精査しなさいよー、って事です。
でなきゃ、また同じようなクソ企業に引っ掛かっちゃいますよ。

やっぱりエージェントを利用した方が良いと思う

とはいえ、初めての退職、初めての転職において、次の就職先をじっくり精査するほどの余裕がないと思うんです。

多くの人が働きながら転職先を探すわけで、余裕がないのは当たり前ですよね。

そして、右も左も分からない状態で社会に放り出され、その社会から逃げようとしている人間にとって、今の立場がどれだけ孤独なものかは私がよーく分かっています。

なので今本気で退職を考えているのであれば、ちゃんと転職エージェントに相談してください。

エージェントを利用するメリットは豊富にあるんですが、例えば採用面接でこんなことを聞かれたとします。

 

「あなたは以前勤めていた会社をなぜやめたのですか?」

 

貴方はこの質問に対して論理的な受け答えができますか?

新卒早期退職者に向けた嫌味な質問としか思えませんが、この手の質問は必ずされます。

こういう面接対策を含め、今あなたが抱えている不安に対して様々な面でサポートしてくれるのが転職エージェント。
それ以外にも念入りなヒアリングを通して、あなたの強みを生かせるような企業を紹介してくれます。

しかも、これらのサービスは無料で受けられます。

もちろん、相談したからと言って必ず転職する必要なんてありゃしません。
なので、今の会社を辞める前に相談するべきですね。

社会に出るとこの様な救いの手を差し伸べてくれる場所は少ないので、本当に強い味方になってくれます。

今の会社に不満や不安があり具体的に進退を考えているのであれば、取り敢えず相談してく損はないと思います。

転職エージェント選びは意外と難しい

ただ、転職エージェントって選び方が難しいんですよ。
どのエージェントがどの程度の求人を扱ってるかが事前に見えにくいですからねー。

というわけで、私の体験談と共にオススメする転職エージェントサイトを紹介します。

幾つか紹介しますが、複数社を利用することをオススメします。
理由は3つ。

1、エージェントによって扱っている求人に違いがあること
2、沢山のエージェントと話すことで自分の強みを知れる
3、相性の有無

マッチアップの面やアドバイザーの相性などで、結果的に「一箇所では納得いかなかった!」って人は結構多いです。
なので複数登録して事前情報はしっかりと受け取ってください。

それにアドバイザーも1人の人間ですので、人によってあなたと対峙した時に受ける印象は異なります。
客観的な意見を沢山貰うことは今後大きなプラスになりますし、相手も人間なのでぶっちゃけ合う合わないもあります。
そういったリスク分散も兼ねて絶対に複数箇所に登録してください。

退職する事を具体的に考えているのであれば、今後の自分のためにも出来る事はやっておきましょう。

DYM就職(20代向け)


一昔前に比べて第二新卒向けの転職サイトは随分充実してきた印象があります。

DYM就職もその潮流に乗っかってきた一つですが、同時期に創業した転職エージョントと比べると実績はなかなかのものです。

退職後、すぐに働ける職場を探してくれるのもいいですね。
社会人にとって空白期間を作ることは何より怖いことなので・・。

北海道から福岡まで全国各地に拠点を持っているで、実際にアドバイザーと会って言葉を交わせるのもDYM就職の強みの一つでしょう。

第二新卒を重点的に扱っているエージェントの中でも、特に抑えておきたいエージェントの一つですね。

DYM就職の無料転職サポートに登録する

ハタラクティブ (20代向き)

ハタラクティブ
ハタラクティブは第二新卒やフリーターの転職に特化したエージェント。
個人的な印象ですが、比較的事務系に強い印象があります。

他の第二新卒に特化したエージェントと比較しても求人数は多いですし、優良求人をちゃんと紹介してくれるのはとても好印象。

営業妨害になるので名前は伏せますが、優良求人ありますよーって謳いながら蓋を開けたらう○こまみれのエージェントって意外と多いんですよw
その点、ハタラクティブは信頼の置けるエージェントと言って良いと思います。

アットホームな雰囲気も小心者にはありがたいです。

しかし残念ながら、求人が関東限定なんですよ。

このサービスが全国レベルで展開できればどれだけ助かる人がいるのだろうかと本気で思うくらい優良エージェントなので、関東圏の方は是非とも登録しておきたいところ。

ハタラクティブの転職支援サービスに登録する

いい就職.com (20代向き)


いい就職.comは関東・関西圏を中心に第二新卒の転職を専門的に扱っているエージェントです。

絶対的な求人数で言えば、リクルートやDODAなどには敵いませんが、第二新卒を専門的に扱うエージェントの中ではピカイチの求人数を誇ります。

実は成長段階の駆け出しエージェントの多くは求職者を企業に無理矢理捩じ込もうとする傾向があるんです。

その理由は、扱う求人数が少ないからなんですね。

求人数が少ないということは、時間を掛けてサポートしてたら求職者に逃げられちゃう場合がありますよね。
そうなるとエージェントとしては利益にならない。

ともなれば、無理矢理にでも紹介した企業に就職してもらおうとする論理が働くわけなんです。

その点いい就職,comは扱う求人数が多い上に実績も十分。
つまり、支援を受ける側としては自分のペースで就活できるわけです。

関東圏・関西圏の方を中心に、ぜひ登録して活用しておきたいエージェントですね。

いい就職.comの転職支援サービスに登録する

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゆとり世代以外の人からは批判をくらいそうな記事ですが、別に人が何と言おうと気にしなきゃいいんですよ。
結局自分の人生ですし、社会に出た以上は自分で道を切り開いていかなきゃいけないんですから。

それに都合の悪い事実ばかり目に付きますが、実際のところは、

「会社を辞めることにさほどリスクは無いし、転職するのも世間で言われているほど難しくはないよ」

私の経験上はそんな感じですね

これが同世代のリアルな声です。

みなさんが後悔しない決断を出来ることを願ってます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

起業したい若者はいますぐ考え直すべき。起業のタイミングはいま?

昨今のベンチャーブームに乗せられる若者たち こんにちは。 疲れてますか? 仕事イヤになってませ

記事を読む

会社を辞めたい新卒の新入社員へ。仕事が辛いなら早期退職したらいい

社会は正論しか言わないよね この記事にたどり着くまでに色々な「新卒退職系」の記事を読んだことだと思

記事を読む

問題点を導き出し業務改善のアイデアを生み出す!

問題点を抽出するのは意外と簡単 経営者レベルで事業を考えてみると、事業ドメインを設定し、いざ集客!

記事を読む

正社員のメリットは?非正規雇用からの登用、独立、起業、働き方の多様化

以前どこかの記事で、働くことの意義を「暇な下々の遊び」と勝手に定義しました。 そして、その暇つぶし

記事を読む

仕事ができない人のたった1つの共通点。決断は中途半端がいい?

みなさん元気よく働いていますか? ところでみなさんは仕事ができる方ですか?できない方ですか? っ

記事を読む

体育会系の新卒新入社員は入社3年以内に仕事が辛いと感じるはず

体育会系出身の社会人は使えない? 別に体育会系に限った話でないと思いますが、あえて体育会系向けに書

記事を読む

大企業への就職で家族は幸せになる?管理職の息子が家庭の状況を語ってみる

大企業への就職・転職、ちょっと待った! 大企業で働いてました系の記事って多いですが、働いている家族

記事を読む

仕事にやりがいを感じない!働く理由、辞めて分かる事

仕事が続かなくなる理由の一つとしてやりがいを失うってよく耳にしますよね。 現実、僕が働く医療の世界

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ▼露出の増える夏に向けて!▼

    パルクレールジェル

PAGE TOP ↑