欅坂46とけやき坂46の活動を二分した事で思わぬ副産物を生み出した

公開日: : 欅坂46分析

      

グループ内を二分する意味はあったのか?

欅オタの皆さんこんにちは。
新常です。

けやき坂46に二期生が加わり、アイドル界での地位を磐石にしつつある欅坂46。

そんな順風満帆な欅坂46ですが、そもそもなぜ欅坂46とけやき坂46に分ける必要があったのか?

表向きは長濱ねるさんの加入を口実にしていますが、私個人としては、結果的にもっと大きな大義があるのでははないかと睨んでいます。

二分する必要が本当にあったのか?そして、今後欅坂46はどういう方向に向かっていくのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

欅坂とけやき坂に分けた大義とは?

欅坂46は結成当初からメンバー全員が選抜メンバーとして活動してきており、早くから乃木坂との差別化が囁かれていました。

全員を選抜メンバーに採用し、多様なポジションを経験させる(平手さん以外)ことで、メンバー内の不協和音の軽減、管理不行き届きを無くす目的があったのでは?と個人的には見ています。

また、年代的にメンバー同士を競わせるには相応しくないと言う論理も働いているのかもしれません。

そんな中、長濱さんの中途加入により、若干名のメンバーと軋轢が生じたと噂になりました。

おそらく、「私たちは最終選考で選ばれてここにいるのに、なぜ最終選考を辞退したメンバーが同じ土俵に立っているんだ?」的な理屈なのでしょう。

まぁ天文学的な倍率の中で勝ち残ってきたメンバーが大半なわけですから、その気持ちも頷けますよね。

で、その事態を重く見た運営員会が急遽“実質的アンダーメンバー”として「けやき坂46」のメンバーを募集した、これがけやき坂46が結成された経緯なんじゃないかなと。

なので、表向きの大義名分としては、「長濱ねるさんの受け皿として実質的なアンダーメンバーを募集することでグループ内の軋轢解消を図った」なんじゃないかなーと見ています。

予想外の「けやき坂」の躍進

さて、ここまでは欅坂46のファンであれば暗黙の了解だと思います。
乃木坂46のアンダーメンバーと同様、冠番組にはあまり呼ばれず待遇も良くないのかなー、なんて思ってた人も少なくないはず。

しかし、そんな大方の予想に対し、「あれ?けやき坂46に取って代わられるのでは?」と思わせるほど、けやき坂46の躍進が非常に目立ちます。

特に二期生が加入してから、一期生もより個性を出せるようになってきたなーと。

長濱ねるさんが兼任していたことで蔑ろにされなかったことが一番の要因だと思いますが、欅坂46の一期生メンバーの人数が少なかったでけやき坂46にも多くチャンスが回り、それを見事にものに出来たのも大きな要因だと見ています。

齊藤京子さんらをはじめとした、非常にキャラクターの濃いメンバーが揃っていますからねー。

ある意味ではなるべくしてなったとも言えるのかもしれません。

二分した意味は本当にあったのか?

そんなわけで、長濱ねるさんの受け皿として発足した「けやき坂46」ですが、結果としては英断だったと言えるでしょう。

実質ではなく機能的にもアンダーメンバーとして扱っていたのであれば二分する意味は無かったでしょうが、現在のように欅坂46とけやき坂46は全く異なる特徴を持つ「系列資本の別企業」として機能しているうちは、二分する意味はとても大きかったのではないでしょうか。

偶然の産物とはいえ結果が全ての世界ですから、これはこれで良しとするべきかと。

今後の活動はこうなる!

乃木坂のように選抜制を取らないということは、メンバー内に序列を作らないことを意味しています。

つまり、同じグループに見て全く違うグループである、ともいえるわけです。

そんなわけで、今後は「けやき坂46」としての単独活動が増えてくると予想しています。

イメージ的には、エグザイルグループとして活動する本家エグザイルと三代目的な感じ。

けやき坂46でシングルを出したり、全国ツアーをしたり、果ては冠番組出演を果たしたり、なんて可能性も十分に考えられるのではなかろうかと。

もっと突き詰めていきば、欅坂46とけやき坂46の一部主力メンバーを交換してお互いを切磋琢磨させるとかもありそう。

交換するメンバーを一部主力メンバーに留めることで、選抜行き・アンダー落ちのイメージを軽減できますし、個人推しのファンをお互いのグループに取り込めるしで、良いことばっかり。

まぁ素人の想像なんでどうなるか分かりませんが、意外と面白い試みなんじゃないかなーと思ってます。

まとめ

というわけで、私が妄想する今後の欅坂46の活動を簡単にまとめてみました。

今年のレコ大にもノミネートされ、今業界で最も勢いのあるグループと言っても過言ではない欅坂46。

現在の立ち位置におごらず、もっと大きなグループになるためにはどうしたらいいのかを考える時期に入ってきているように感じます。

今後の発展を祈って結びにしたいと思います。

では。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

乃木坂46、欅坂46のブランド戦略論を分析!【ガチ】

意外と触れられないアイドルのブランド戦略 乃木&欅オタの皆さん、こんにちは。 最近織田

記事を読む

【第3の坂】乃木坂46、欅坂46に次ぐ坂道シリーズは何坂だろうか?

このブログは坂オタの方々に支えられてます 乃木オタ、欅オタの皆さんこんにちは。 新常です。

記事を読む

欅坂46、サイレントマジョリティーの歌詞の意味が深い気がする

アイドルソングにしては強烈なインパクトが・・・ 最近何かと話題になっていたんで、先日彼女らのデビュ

記事を読む

欅坂46の「二人セゾン」MVの感想。乃木坂との違いを解説!

二人セボーン どうも新常です。 早速ですが欅坂46の3枚目シングル「二人セゾン」が公開されたので

記事を読む

欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」の歌詞がなんか惜しい

久しぶりに欅坂46関連を軽〜く書きます サイレントマジョリティーで衝撃的なデビューを飾った欅坂46

記事を読む

欅坂46が今後活動を成功させるために必要な要素を分析

欅坂は成功するのだろうか? 欅オタの皆さんこんにちは。 新常です。 皆さんは欅坂46が成功す

記事を読む

欅坂46はなぜ紅白歌合戦に選ばれたのか?理由を軽く考えてみよう

祝!欅坂46の紅白出場決定! どうも新常です。 今年も年末が近づいてきましたねー。 師走とい

記事を読む

欅坂46「W-KEYAKIZAKAの詩」の歌詞は秋元康の良さが爆発してる

俯瞰の爆発! 欅オタ・乃木オタの皆さんこんにちは、新常です。 坂道関連の記事はお久しぶりですが

記事を読む

欅坂46と乃木坂46の“アーティスト宣言”の記事を読んだ

色々と言いたい! どうも。 新常です。 最近こんな記事を見つけました。 炎上覚悟!?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ▼露出の増える夏に向けて!▼

    パルクレールジェル

PAGE TOP ↑