西武ライオンズ松本航!弱点を克服して来期こそエースに!

公開日: : ライオンズ

      

待たれる投手王国の復権

ついに今シーズンも終わってしまいましたね。

3連覇を期待されながらも結果は振るわず3位に終わってしまいました。

来年の王座奪還に向けて先発投手陣の整備は必要不可欠。

その中でも、松本航投手にはもう一皮も二皮も向けて大きく飛躍してほしい!

というわけで、今シーズンの松本航投手の反省点から来シーズンの飛躍の鍵を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

左打者を克服できなかった一年

松本投手の最大の弱点は、左打者に相性が悪いことでしょう。

特に左の好打者が揃うSB戦ではその傾向が顕著に現れ、ひどく打ち込まれるシーンも目立ちました。

今オフは、この対左打者をいかに克服するかが大きな鍵になると思います。

なぜ左打者に弱いのか?

私見ながら、松本投手が左打者に弱いのには2つのポイントがあると考えています。

その1 左打者の内角をえぐれない

左投手が右打者の内角をえぐるボールをクロスファイヤーと言ったりしますが、これは右打者が左打者の内角をえぐる場合も殆ど同じです。

故に、右投手が左打者を抑えるには相手の懐に思い切って投げ込む必要があります。

そのインコースが相手の腰を引かせ、アウトコースをより遠い球に見せることができます。

しかし松本投手の場合は、インコースにストレートを投げ込もうとすると、どうしてもシュート回転して真ん中付近にに入ってきてしまいます。

そこを狙われて痛打されるケースが目立ちます。

このインコースをえぐりきれないという弱点を克服しなければ、今後も対左打者は厳しい結果が待っていそうな気がします。

対策としては、左打者の時はプレートの右端を踏んで角度をつけて投げ込む等の工夫があっても面白いかもしれません。

これがうまくハマれば、仮にシュート回転して中に入ってきたとしても、ある程度相手の腰を引けさせることが出来るように思います。

その2 インコースにカットボールを投げきれない

今年の高橋光成投手や去年からの千賀投手の飛躍を見るに、インコースのカットボールは左打者を封じるために非常に重要な役割を担っています。

松本投手の場合、このインコースのカットボールの制球力があまり高くなく、抜け球となって真ん中〜外よりのコースに集まりがちです。

仮に右打者相手であればいわゆる「抜けカット」として有効かもしれませんが、左打者に対しては半速球のホームランボールでしかないでしょう。

この抜け癖を克服して、かつ左打者のインローに投げ込み自打球で相手をひるませる事が必要となってきます。

松本投手はストレート・スライダー・カットボールの割合が高い投手なので、このカットをいかに自分のものに出来るかが来期飛躍の大きな鍵を握ると考えています。

来期はカーブを武器に出来るか?

さて、私が個人的に感じている松本投手の弱点は上記の通りですが、さらにもう一つ大きな弱点があります。

それは、決め球がないこと。

ストレートの質は抜群なのに三振が取れない理由は、この決め球を欠くことにあると言っても過言ではないでしょう。

あえて言えばストレートが決め球なのかもしれませんが、それではストレートの調子が悪い時にめった打を食らってしまいます。
というか、実際食らっています。

また、決め球がないことはファールで粘られ無駄な投球数や四球を増やすだけ。
おまけにイニングも稼げないというおまけまでついてきます。

故に、松本投手は今オフ死に物狂いで決め球を取得するべきだと考えています。

そして、現在の持ち玉でもっとも決め球になりそうなのがカーブです。

スピードを殺した高めに浮き上がってからストンと落ちる様は、まるでかつての岸投手のチェンジアップ風カーブのようです。

このカーブできっちりカウントなり空振りを取れるようになれば、ストレートがもっと生きてきて三振数も激増すると思います。

でも、今のカーブはプロでは通用しない

いやいや、そんないいカーブがあるならもっとたくさん使えよ!と思う方も多いと思います。

現に、松本投手のカーブを中継等で見たことのある方は、「いやー、もっとカーブ使えばいいじゃん」と思ったこともあるかもしれません。

しかし私個人としては、今のままのカーブでは使い物にならないと感じています。

その理由は至極簡単で、

腕の振りが緩みまくるからです

私が見たところ、松本投手のストレートは最速150前後・アベレージで140前半と言ったところです。

他方で、カーブの球速は120に満たないほどスピードが殺されており、チェンジアップとしての意味合いも含めて非常に緩急が効いています。

そこまではいいんですが、松本投手はカーブを投げる時ゾーンに置きに行くことを意識しすぎてなのかめちゃくちゃ腕が緩みます。

というか、もはや腕を振り切れていないレベルで緩んでしまっているので、ほとんが見切られてしまっています。

正直あの腕の振りでカーブを投げてもあまり意味がないというか、むしろ大事故を防ぐためにも投げない方がいいだろうと思えるほど。

この腕の緩みが松本投手の独特のカーブの良さを90パーセント以上殺してしまっているように見えます。

今年のオフでは、この腕の緩みを何としても克服してほしいです。

もしできれば、来年は相当成績の向上が望めると思います。

腕の振りが少々横から出ようともあまり気にせず、とにかく腕を強く降ることだけを考えて投げ込んでほしいなと思います。

森脇投手のカットボールをみれば明らかですが、少々横から腕が出ようともしっかり振り切ればカウント球としても決め球としても十分に機能します。

頑張って弱点を克服して、来期高橋・浜屋・松本・平良投手の若手4本柱をぜひ見せてください!

楽しみにしています!

では。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

no image

【大成功】西武ライオンズ2020年ドラフトは失敗する未来が見えない

断言しよう、世紀の大成功ドラフトとなる おひまなライオンズファンのみなさんこんにちは。 今日は2

記事を読む

no image

西武ライオンズさん、来年平良海馬君をもう一度先発転向させてみては?

ぶっ壊れないか心配です。 皆さんこんにちは。 ライオンズファンとしては今年一年はとても苦しい年で

記事を読む

no image

西武ライオンズファーム(2軍)期待の若手の将来像【野手編】

どうもライオンズ大好きおじさんです。 私シーズン中は1軍も2軍も満遍なく見てるんですが、特に2軍は

記事を読む

no image

パリーグの移籍選手が全員帰ってきたらどこが一番強いのか選手権

妄想の世界へようこそ この記事はSB一強に嫉妬するライオンズファンが、もしFAもポスも怪我もない世

記事を読む

no image

西武ライオンズよ!頑張って金満になるのだ!

金満is正義! みなさんこんにちは。 突然ですが、相変わらずパリーグはSB1強状態が続いています

記事を読む

no image

新戦力の台頭がまたれる西武ライオンズ!来期はこの選手に注目!

CSの夢潰える 11/8の幕張決戦は、ライオンズの自滅に近い形であっけなく幕をおろしてしまいました

記事を読む

no image

西武三軍野手育ちすぎちゃうんじゃないか問題

育成の西武となれるか? こんにちは。 熱狂的ポジティブ願望ラインズファンの新常です。 最近sb

記事を読む

no image

元理学療法士が考える投球動作で踏み込む足が重要な理由

土台の重要性をもう一度確認しよう こんちゃ。元理学療法士の新常です。 先日、野球における球速アッ

記事を読む

no image

西武ライオンズ2020年ドラフト独自評価!

野手偏重ドラフト! 先日行われたドラフト会議で、私の贔屓の西武ライオンズは育成を含めて12名を指名

記事を読む

no image

西武ライオンズ2021年の投手陣を考えてみる

王座奪還の鍵を握るのは? 2020シーズンも残すところあとわずかになりました。 3連覇を狙った今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑