プロ野球のドラフト会議は職業選択の自由を侵害するのか?

公開日: : 西武ライオンズ

      

今日は少しディープな話題に・・・。

みなさんこんにちは。
熱狂的ライオンズファンの新常です。

今日は、ドラフト会議は職業選択の自由を侵害するのか?という少しハードな話題を私なりに考えてみたいと思います。

ところどころ聞きなれない言葉が出てくるかもしれませんが、そこはご了承くださいm(_ _)m

スポンサーリンク

単刀直入に言えば・・・、

私個人の見解ですが、ドラフト会議は職業選択の自由を侵害しているとは言えないと考えています。

で、なぜ私がこのように考えたのかを理解してもらうためには、そもそも職業選択の自由とは何のかを知ってもらう必要があります。

職業選択の自由とは?

職業選択の自由とは、国が国民の職業・就業に制限をかける事を原則禁ずるという国民からの国家に対するルールです。

いわゆる憲法上の問題ということですね。

そうだとすれば、私人間で行われるドラフト会議は原則職業選択の自由が及ぶ範囲ではないことが分かります。

ドラフト会議は職業選択の自由を侵害している!と考えなしに主張する人は、この前提を忘れている人が多いように思います。

ただし、例外もありうる

もっとも、私人間においても一方が他方に対し大きな影響力を持つ場合においては、私人間にも憲法の効力を適用しようという考えがあります。

それが憲法の私人間効力と呼ばれる問題です。

ちなみに通説はこの私人間効力を無条件肯定するのではなく、私人の間で使われている「法律」を介して私人の間にも憲法上の考え方を反映させようという立場です。

この辺りは法律をしっかりと勉強しないといまいちピンとこないかもしれませんね。

例えば、会社と従業員がその典型です。

会社と従業員は国家と国民の関係ではないので憲法の制限が掛かる関係ではないんですが、実際は力の強弱がはっきりしているので国家と国民の関係とみなして「憲法」の考え方を「法律」を通して一般人にも適用しようという考え方です。

この問題については三菱樹脂事件といういう有名な判例があるので、興味があればぜひ調べてみてください。

で、この私人間効力の考え方を応用すれば「ドラフト会議は選手が自由な球団に入ることが出来ないルール」として、職業選択の自由を侵害するとも思えます。

それでも侵害しているとは言えないと思う

しかし、ドラフト会議は興行上の観点から戦力均衡を図るために必要不可欠な措置であることから合理的理由がないとはいえないし、NPB所属後はFA権を取得する事により意中の球団に移籍することが可能となります。

またFAの制度上の問題点(年数や人的補償)は、選手会とNPBの建設的な話し合いにより改善に向け努力すべきではあるが、どちらかが一方的に制定した制度とは言えない事からも、NPBによる自由の侵害とまでは言えず双方が制度改善に向け努力をすべきにとどまると考えられます。

さらに、意中の球団に入団できるか否かは球団と選手の意思が一致しなければならないところ、ドラフトがない場合に必ずしもその意思が一致するとは限らない事から、意中の球団に入団できないことが職業選択を侵害しているとはいえません。

以上から、ドラフト会議は職業選択の自由を侵害しているとは言えないと考えます。

まとめ

以上、私が考えるドラフト会議が職業選択の自由を侵害していない理由でした。

この問題に関しては、憲法上の問題と私人間の問題がごっちゃになってしまうと意味が分からなくなるので、そこだけは注意したいですね。

それではまた。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

no image

西武ライオンズさんさぁ、もう少しYouTubeに力入れない?

前々から感じてはいたけども・・・ どうも。 新常です。 私前々から思ってたんですけどね、西武ラ

記事を読む

no image

元理学療法士が考える野球における投手の球速の上げ方

スピードを上げるにはどうするべきか?を考える こんにちは。 私は野球ファンであり、西武ライオンズ

記事を読む

西武ライオンズよ!SBに勝ちたければ5年FA流出を阻止するのだ!

いい加減自転車操業から脱却してくれや・・・。 いろいろ察してるライオンズファンのみなさんこんにちは

記事を読む

no image

西武ライオンズファーム(2軍)期待の若手の将来像【野手編】

どうもライオンズ大好きおじさんです。 私シーズン中は1軍も2軍も満遍なく見てるんですが、特に2軍は

記事を読む

no image

【祝】西武ライオンズギャレット残留決定!

うおーーー! どうも熱狂的ライオンズファンの新常です。 今日は朝から激アツなニュースが飛び込んで

記事を読む

西武ライオンズのFAは負の歴史なのか?

FA大杉内俊哉 どうもこんにちは。 生涯ライオンズファンの新常です。 昨日こんな記事を見かけま

記事を読む

no image

西武2020年新入団選手背番号予想の答え合わせ

いやー、結構外しましたわ。 こないだ背番号予想したんですけど、めちゃめちゃ外しました。 一応答え

記事を読む

no image

西武ライオンズのドラフト指名戦略はこうあるべきだ!

FA補強ができないライオンズにとってドラフトは死活問題 なんか以前も書いたような気がするんですが、

記事を読む

no image

西武ライオンズ松本航!弱点を克服して来期こそエースに!

待たれる投手王国の復権 ついに今シーズンも終わってしまいましたね。 3連覇を期待されながらも結果

記事を読む

no image

西武ライオンズ増田に4年12億円は高いのか?

日本シリーズも終わりそうだし、そろそろね。 ライオンズファンにとっては毎年恒例のFAシーズン。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30代から未経験職種への転職を成功させるためには?現実は厳しいけど頑張るしかないという話

現実はつらたにえん。 どうも。最近30代で未経験職への転職を成功させ

no image
日本の選挙制度は出来レースだから若い世代の投票率が上がっても結局何も変わらないんじゃないか説

投票数や投票率ではなく、世代間の得票率で決めればいいんちゃいますか?

【改訂版】西武ライオンズ2021年先発ローテーション予想!

開幕の足音が近づいてまいりました どうも。ライオンズファンの新常です

相続は財産や不動産を相続させるだけでなく被相続人の思いも相続させるという話

882条にはそれぞれのストーリーがある どうもこんにちは。新常です。

20代・30代理学療法士は転職失敗を恐れず今すぐ転職すべき。業界の危機は近いぞ。

業界の危機を共有しておこうと思います (この記事はprを含みます)

→もっと見る

PAGE TOP ↑