2021年西武ライオンズ優勝の鍵を握る1番問題を解決する選手

公開日: : 西武ライオンズ

      

後半戦の巻き返しは君にかかっている!

どうもこんにちは。
西武ファンの新常です。

秋山選手流出後の西武は長らく一番問題に悩まされてきました。
その長年の悩みを彗星の如く現れたニュースター若林選手が埋めたと思いきや、まさかのACL損傷で離脱・・・。

さて、困った。

しかし私には、この選手こそ一番にがっつり固定するべきだろうと思う選手がいます。

それは、当ブログでも今年成績を残しそうな期待すべき選手としてあげた、

 

岸潤一郎選手です。

 

私は彼の一番固定を強く推進します。

その理由を今からつらつらと。

スポンサーリンク

 

去年のファームでは後半戦から成績が向上した

多分、去年の岸選手を見てない方々は、現状の岸選手に「選球眼の悪いフリースインガー」という印象を抱いていると思います。
確かに、現状の成績を見るにその通りかと。

この現象、実は去年のファームの前半も全く同じでした。
それが後半戦に突入した途端、四球が増え、三振が激減しました。

要するにこれは、プロの球に順応したということが言えるのではないでしょうか。

で、これを今シーズンに当てはめてみれば、徐々に一軍投手の球にも慣れてきて、さて後半にどのような成績になるのか?!

ということが言えると思います。

現に一軍で100打席立った現在も三振は16と印象よりも少なく、コンタクトする力に長けていることが分かります。

あとは結果を欲しすぎずに、どれだけ自分の得意球にアプローチをかけていけるかが勝負と言えそうです。

個人的には打率.270で出塁率.350前後は期待できる打者だと思います。
四球も今よりもっとたくさん選べるタイプの打者だと思ってます。

あとは起用が高木渉選手との兼ね合いになりそうな感がありますが、守備に難がある高木選手より岸選手の方が起用しやすいというのが現場の本音でしょう。
つまり、今がチャンスなんです。

だからこそ、このチャンスをしっかりと掴んでレギュラーの地位を磐石にして欲しいと思うばかりです。

一軍には愛斗選手や高木選手、ファームには鈴木選手や若林選手らが控えており、来年のドラフトではまた新たな敵が入団してくるでしょう。
加えて外国人選手の加入も考えられますから、今が本当にラストチャンスかもしれません。

プロの世界は厳しいですから、本当になんとかチャンスをものにして欲しい。

おじさんそう思います。

期待してまっせ!
頑張れ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

no image

西武2020年新入団選手背番号予想の答え合わせ

いやー、結構外しましたわ。 こないだ背番号予想したんですけど、めちゃめちゃ外しました。 一応答え

記事を読む

no image

西武ライオンズが選手層を厚くするにはどうしたら良いのか?(野手編)

FAの冬 はてさて、ライオンズファンにとっては恐怖のオフシーズンがやってきました。 毎年毎年移籍

記事を読む

no image

元理学療法士が考える投球動作で踏み込む足が重要な理由

土台の重要性をもう一度確認しよう こんちゃ。元理学療法士の新常です。 先日、野球における球速アッ

記事を読む

no image

西武内海投手の復活を願うファンです。

来年こそはローテーションでみたいぞー こんにちは。 遅れてやってきた内海ファンです。 内海さん

記事を読む

西武辻監督の後任は誰?次の監督は松井二軍監督?予想っすぺ

来季は集大成らいしい どうも。 熱狂的ライオンズファンの新常です。 先日はの新入団選手会見後の

記事を読む

no image

西武平良海馬は先発挑戦で山本由伸ルートに乗れるのか?

日本のエースになってくれ! こんにちは。 熱狂的ライオンズファンの新常です。 熱狂的ライオンズ

記事を読む

no image

沖縄県代表西武学園富士大学付属大阪桐蔭ライオンズ埼玉校

ライオンズは埼玉だったの忘れてた このタイトル見てクリックした貴方は相当ライオンズファンでしょうね

記事を読む

【祝】西武増田達至投手宣言残留!

ホントありがとう 正直、いつものパターンで移籍するのかと思っていました。 ホント残る決断をしてく

記事を読む

no image

西武ライオンズ2021年の投手陣を考えてみる

王座奪還の鍵を握るのは? 2020シーズンも残すところあとわずかになりました。 3連覇を狙った今

記事を読む

no image

パリーグの移籍選手が全員帰ってきたらどこが一番強いのか選手権

妄想の世界へようこそ この記事はSB一強に嫉妬するライオンズファンが、もしFAもポスも怪我もない世

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑