宮古島と石垣島の違いを比較。旅行ならどっちがいいの問題

公開日: : 最終更新日:2018/12/07 旅・観光

      

石垣島or宮古島はどっちオススメ?

この記事は、離島旅行を計画する際に大多数の方が悩む壁、

その名も、

宮古島と石垣島どっちがいいの論争」

に対して、私の独断と偏見でズバッと決着をつけちゃう記事です。
ぶっちゃけ行けばどっちも楽しいんですが、同時に二兎は追えないですからねー!

あらかじめお伝えしますが、この記事は著しく公平性に欠くので注意してください。
完全に私の主観により書かれているので、偏りが凄まじいことを念頭に置いて読んでいただければ幸いです。

✴︎「あなたはどっち派?」への投票にご協力頂きありがとうございました!
結果は以下の通りでした!

【結果分析】

まず、最初に謝っておきます。
この記事は「悩んでいる人に向けて書いている」ので、検討中が多いのは当たり前の話でした・・・。
これに関しては、回答欄に「鋭意検討中」を設けた私の判断ミスです。

そんなわけで今回は、「宮古島」or「石垣島」の投票のみを有効投票として分析させてもらいます。

その結果、ご覧の通り綺麗に二分されてるので、やはりどっちが良いかを客観的に決めるのは難しいという判断に至りました。

そこで、客観的に決めるのが難しい以上、やはり誰かの主観に頼らざるを得なくなってくるでしょう。
となると、この記事の「不公平性」は、意外と価値の有るものになるのでは?という結論に至りました。( ;´Д`)

早速結論から出していきたいと思います

いきなり結論からお伝えしますが、私は

 

「宮古島推しです!」

 

それも圧倒的に。
某知恵袋サイトでは石垣島推しが多いですが、初めての離島なら絶対に宮古島に行くべき!!

両者の違いは結構明確

多くの人が決断できない背景には、石垣島と宮古島の違いがよく分からない!!という悩みがあると思います。

実は両島の違いは明確で、

“海に行くなら宮古島、大自然や離島を楽しむなら石垣島”

といったイメージです。
海も自然の一部なので若干矛盾がありますが、要は宮古島には海以外何もないという事ですね(笑

離島に何を求めますか?

私はモーレツに宮古島を推したいんですが、無理強いするのも忍びないので両島の特徴を簡潔に書き出してみました。

【石垣島の印象】

石垣島には大自然と多くの観光地があるので、子連れでの1週間滞在も飽きずに過ごせます!
リゾート施設の整備もしっかりとされているので、のんびり休暇を過ごしたい方にはぴったり!

結論:石垣島=ザ・リゾートアイランド!

【宮古島の印象】

宮古島は観光地が少なく、島も狭いので子連れでの長い滞在は飽きちゃうかも。
しかし、海が抜群に綺麗!
一度見たら一生忘れらない透明度をお約束します!

結論:宮古島=海に特化しすぎw

【総論】

二つの島に行った経験のある私の印象はこんな感じですねー。

プール付きのホテルがあって、飲食店がたくさんあって、観光地がたくさんあってetc・・・、こんな感じのザ・リゾートを求めるなら絶対石垣島です!

一方、私はとにかくきれいな海が見たい!海で遊べればそれでいい!って人は絶対宮古島!

大雑把な区分わけですが、どちらがより貴方の理想に近いでしょうか?

▼ここから先は私のエゴタイム▼

宮古島は石垣島に比べて、驚くくらい観光地が少ないです。
下手したら1/10以下くらい。

それでも私は宮古島を推しますよー!

なぜなら、宮古島は一般道から海が望める場所が多いので、常に「沖縄キター!!」感が味わえるから!
どこを走っていても海を感じる事が出来る空間がひじょーにたまらんのですw

一方、石垣島は島が広いので道路から海が見える場所が少ないんですよね。
せっかく沖縄きたのに山ばっかじゃんって・・・。

▼宮古島の伊良部大橋

▼離島旅行なら格安HISがオススメ!

最初は離島旅行の注意点を

それぞれの離島のいい場所に触れる前に、まずは離島旅行の際に気をつける事を少しお話します。
心構えとでも言っておきましょうか。

多分、今からお伝えする部分にさえ気をつけていれば離島旅行を最大限楽しめると思うので、ぜひ参考にしていただければと思います!

石垣島も宮古島も洗濯物が乾かない!

「現地でタオルを洗濯して翌日使おう!」

と考える方も多いと思うんですが、現地では異常に洗濯物が乾きにくいことを予めお伝えしておきます。

日差しが強いのに洗濯物が乾かないというのは若干矛盾するかもしれませんが、要は湿度の問題ですね。

離島は海に囲まれてるので湿度が猛烈に高い環境です。
故に洗濯物が乾きにくいわけですが、外干しで乾かないならまだしも、部屋干しでも全然乾かないんです・・・。
どんな湿気してんだよ!って。

荷造りをする際はこのことをしっかりと考慮しておくべきでしょう。

日差しが強い上に部屋干しでも乾かないほどの湿気ですから、そりゃー熱中症にもなりますよね。
離島の湿気、やばいです。

旅行の準備はしっかりとしておくべき!

まず最初に一言。

 

 

現地に日焼け止めは売ってない!!!

多くの観光客が集まる灼熱の島に行くわけなので、日焼け止めがどこも品薄になる事は想定の範囲内。
というか、単純にドラッグストアを探すために半日以上時間潰すのって勿体なくないですか?

んなわけで基本的に日焼け対策グッズは現地調達しようと考えずに、事前にしっかりと用意しておくべきですねー。

離島の日差しはモーレツ

結局のところ、離島旅行を楽しめるか否かは現地でどれだけ有意義に過ごせるかに掛かっているわけですが、それを妨げる最大の要因は日焼けです。

灼熱の島に行くわけですから多少の日焼けは仕方ないにしても、それを最小限にとどめる努力をしないとマジで辛い思いをしますよー。

私の友人(当時23歳)は初めての宮古島旅行で39度の高熱を出したんですが、その原因が過度な日焼けでした。
一応日焼け止めは全身に塗ったくってたんですが、大の字になってバカみたいに日差しを全面に受けとめてたら案の定w
その後は本人曰く、「この世の地獄」だったそうでw

しかも、驚くべきは日差しを浴びてた時間の短さ。

バカみたいに浴びてたというと2時間も3時間も無防備にというイメージかもですが、そいつが浴びてた時間はせいぜい15分がいいとこ。
しかもまだ夏前の6月中旬。これが7月、8月のトップシーズンだったらどうなってたんでしょうねー。

で、結局その旅行中は日焼けによる体調不良で予定を大幅に変更。
後日談ですが、当人は相当気まずかったらしいですよw

それ以外にもパパが熱出せば「誰が運転するの?」って話にもなってきますし、もっと最悪なのは子供が熱を出しちゃうこと。
パパは最悪置いてけぼりでOKでしょうが、子供に限ってはそういうワケにはいきませんよね。
結局、日焼け対策ばっちりだったママが看病する羽目になり「いつも苦労するのは女よねー」って喧嘩の火種が出来上がり〜。



ってな事態を防ぐためにも、日焼け対策はがっちりやってください。特に男性陣。
逆に言えば、日焼け対策さえしっかりすれば基本的には有意義に過ごせるわけなので、そこは協調性を持って行きましょうw

離島の日差しは5月中旬〜10月中旬までの期間が特に強い時期なので、その時期を検討してる方は特に気をつけてくださいねー。

日焼け止めの選び方のコツ

日焼け対策の量的なアドバイスとしては、3泊4日で行くとしたら日焼け止め1本と保湿クリーム1本、その他シーブリーズ系などがあると吉かなと。
さらに女性の場合は顔用と全身用で日焼け止めを分けてあると尚良し!!って感じですね。

保湿クリームは日焼けによる風呂上りの乾燥対策にマストで、日焼け止めは消費量が半端じゃないので可能なら2本くらいあれば安心です。

一方、日焼け対策の質的なアドバイスとしては、SPF50+/PA++++のものを選ぶと良いかなーと思います。

SPFというのは皮膚への紫外線の吸収を遅らせる値のことで、国内最高値は50。
PAは紫外線を弾く強さの値で、4+が国内最高値。
海外だともう少し強いのも売ってるんですが、国内製品はこれが最高値です。

その辺のレベルの日焼け止め探していくと、全身用は資生堂のアネッサが、顔用は化粧下地と日焼け止めが一体になったKOSEの澄肌CCクリームがオススメ。

日焼け止めに多少お金を掛ける余裕がある方は両方購入しておくと良いと思いますが、最低でもアネッサは絶対に持って行った方が良いです。

で、このレベルの日焼け止めを最低2時間に1回は塗り直してください。
汗やら水しぶきやらでいつの間にか落ちてて、気がついたら超絶日焼けしてるなんてのは良くある話なので気をつけてくださいね。

ただ、この程度の日焼け対策では到底防げないのが離島の日差し。
先の39度の友人もそうですが、意識して塗り直してた私ですら初日からお風呂に入れないくらい焼けました。

以降、私が併用してるのが飲む日焼け止め。
塗る日焼け止め、飲む日焼け止めの両方を使って、内と外の両方から日焼けをブローッック!!みたいな。
理屈としては分かりやすいと思います。

特に飲むタイプを使い始めてからは、塗りムラが減って足の甲とかうなじとかの日焼けが劇的に減りました。
日焼けによる痛みが大っ嫌いな私にとって(笑)、飲む日焼け止めを併用するメリットはホントに大きいですね。。

で、コスパを考えると飲む日焼け止めはやかないサプリがオススメですねー。

オススメ理由は幾つかあるんですが、やっぱり消費者のニーズにマッチするからですかね。

はっきり言って、飲む日焼け止めって何処の商品も値段が高いんですよ。
しかも定期縛りのところが多いので、単価8000円の4回以上購入が約束させられたりして、短期で飲みたい人の要望とイマイチ合致しないんです。

「え?日焼け止めなのに3万以上もするの?!!」みたいな。

その点、やかないサプリにはいわゆる定期縛りもない上に、単価も安いので、「旅行期間だけ飲めれば十分だわ!」って人には特にオススメしたいですね。

(どーでもいいかもしれませんが、私も沖縄旅行時には必ず持参してます。薬事法に引っかかるので具体的な効果には言及しませんが、まぁ特に不満なしって感じですね。)

やかないサプリ

んで、もし値段度外視でそれなりのを購入しようと検討してるなら、圧倒的にメディパラソルがオススメです。
100%自然由来なので子供でも飲めますし、購入者の実感度も90%超えてます。

まぁその分値段も高いんですが、毎月先着500名限定で「モニター」と称してプライスダウンセールやってるんで、そういう機会を狙ってみてはいかがでしょうか。

そして、最後にこれだけは肝に銘じておいてください。

離島の日差しはまさに異世界。
焼けるではなく、焦げる、だということを。

(✳︎写真は6月中旬、気温は33度、宮古島の新城海岸)
new_IMG_3596
晴れるとメッチャ綺麗な青空になるんですが、遮るものが何もないのでクソ暑い・・・。

日焼け止め以外の離島旅行の持ち物リストはこっちに詳しくまとめてるので、ご参照くださいな。

初めての石垣島・宮古島旅行に必要な持ち物リスト!事前準備はしっかりと!

宮古島の良いところ

海がキレイすぎてたまらーん

▼宮古島の海水(砂山ビーチ)
new_IMG_3336
▼石垣島の海水(米原海岸)
IMG_3355
写真では伝わりにくいのがもどかしいですが、旅行の目的がビーチなら圧倒的に宮古島がオススメです。
しつこくて申し訳ないんですが、これは断言しちゃいます。

正直、石垣島の海とは格が違いますよ。
海水の透明度、全体の雰囲気、広さ、ビーチの数など、どの要素を比べても宮古島が一枚も二枚も上手。
宮古島の海にはマジで感動すると思います。

海に入りたいなら絶対に宮古島に行くべし!!!!

ダイビングも宮古島でしょ!

私は船酔いでダイビングを楽しむ余裕がなかったんですが、一緒にダイビングをした友人曰く「宮古島の海の方が魚が多い」らしいです。
まぁ透明度が高いんだからそりゃそうか!

ただ、宮古島はとにかく波が荒い(笑
船上は常にユラユラで私はゲロゲロw

逆に石垣の海はとっても穏やかだったので、ギリギリ風景を楽しむ余裕がありましたよー。
とはいえ、結局ゲロってますがw

宮古の時は日が悪かったんですかね?
もしくは海流の関係なんでしょうか?

まぁどっちにしろ、ダイビングをするなら酔い止めは必須。
絶対に酔わない!と思ってる人ほど、あっという間に酔いますよ(経験者は語る

あー、思い出しただけで吐きそうw

▼石垣島で遭遇したマンタさんです。

石垣島でこのレベル。
宮古島はこれ以上。

宮古島の透明度、マジやばいです。

宮古島は砂がメッチャ綺麗

宮古島の海水がキレイなのは散々お伝えしましたが、私がそれ以上に感動したのが砂のキレイさです!!
特に与那覇前浜ビーチの砂浜は感動もんです(泣

▼与那覇前浜ビーチ

この写真で伝わるかどうか分かりませんが、こんな雰囲気のビーチがはるか彼方まで続いています!
おまけにビーチ全面が砂時計の砂みたいにサラッサラ!

これは口頭では中々伝わらない部分だと思いますので、是非現地で目の当たりにしてくだされ!

石垣島のいいところ

自然を楽しむなら間違いなく石垣島!

熱帯雨林を流れる川、都会では見ることの出来ない自然動物(と虫たちw)、その他多くの自然が石垣島の熱帯リゾート感を演出してくれます。

思い出してください、幼き日に教科書で見たマングローブを!
石垣島に行けば、そのマングローブを目の当たりにすることが出来ますよ!

また、カヌー、水牛、サイクリングなどのアクティビティーを楽しみたい方、居酒屋などの食事処が気になる方は間違いなく石垣島の方が楽しめますよ!

▼石垣に咲くハイビスカスが沖縄を感じさせてくれました。

伝統風景、音楽がいたるところから聞こえる竹富島

竹富島・西表島・小浜島などの離島に立ち寄りたいなら、フェリーの関係上石垣島旅行が絶対条件になります。

で、数ある離島の中で最もお勧めしたいのが竹富島。

雄大な自然という側面から見れば西表島が一番ですが、沖縄の伝統を感じさせてくれるのは間違いなく竹富島です。

高い石垣に囲まれた赤かわらの伝統家屋。
至る所で水牛車を目にし、三線音に触れ、海の匂いを感じる場所です。

これぞ沖縄の原風景!という風情ある情景が竹富島には広がっていますよ。

▼竹富島の街並みです
new_new_img_3407
石垣島から離島に行くには、「〒907-0012 沖縄県石垣市美崎町1番地 石垣港離島ターミナル」この住所をカーナビに入れてください。

このターミナルから離島行きの船が出ているので、併設されてるチケット売り場で行きたい離島の乗船チケットをゲット!

最遠の西表島でも片道40分程度なので、本島を拠点にして日替わりで各離島を観光する事も十分可能ですよ!

肉を食うなら石垣島じゃ!

やっぱ離島といえば肉ですよね!肉!
石垣牛・宮古牛ともに結構有名ですし、どちらの牛も島を上げて宣伝してますしねー。

で、私の結論としては、

 

肉を食うなら石垣島じゃ!!!

です。
脂の乗り方、味の濃さ、見た目の良さ、すべてに石垣牛が上回ってるかなーと。

ただ、一つだけ問題が。

宮古島の焼肉屋は予約なしで入れるのに対して、石垣島の人気店は5月終旬という非繁盛期にも関わらず、事前予約なしでは入れない盛況っぷり。
特に食べログ上位に来ているお店は、早すぎるくらいのタイミングで予約を入れておかないと多分入れないっす。

ちなみに私達一行が予約が取れなかったお店の名前は「炭火焼肉 やまもと」というお店。

まだ5月の終旬なのに、「2か月くらい先まで予約が埋まってるんですー、申し訳ございません!」ってな感じで景気良くお断りされちゃいました(笑

お立ち寄りの予定がある方は早めのご予約を!!

▼石垣島でふらっと立ち寄ったNATIVE DELIのローストビーフ(?)です。 new_img_3419

石垣島は夜道が安全

なんか語弊を生みそうな表現なんですが、ここで言う安全とは単純に街灯の有無です。

石垣島はインフラがしっかり整備されているので、どの道を通ってもそれなりに街灯があります!
街の規模が宮古島より大きいので当たり前なんでしょうが、こうした小さな差が石垣島に多くの観光客を呼び込む要因なのかなー。

一方、宮古島は街はずれがとにかく真っ暗。
街灯が全くないので運転が怖い怖い。
冗談抜きでスペースマウンテンを懐中電灯一つで走ってる気分です。

ただ、宮古島は星が綺麗に見えるという利点があったりするのは内緒・・・。

宮古島は水道水がゲロマズ

これ強烈にインパクトがあったんですが、宮古島の水道水ってゲロマズなんですよ。
しょっぱいような苦いような・・・。
マジで海水混じってるんじゃね?ってくらいに。

歯磨きも躊躇うくらいのレベルですからねー。
ちょっと辛いっす。
話によると現地の人も飲み水は買ってるらしいですよ。

ちなみに石垣島は問題なく歯磨きできました( ^ω^ )

それでもやっぱり宮古島!

でも、なんだかんだ言っても宮古島が好き!!
強く当たるのは好きの裏返しよーなんて。

最終的には軽くディスりつつ、やっぱり宮古島の海は魅力的!

石垣島の圧倒的な大自然も魅力的ですが、個人的には宮古島の海が勝っちゃいました。

ですが、これはあくまで私の主観です。
実際どう感じるかは行ってみないと分かりませんからねー!

どちらの島を選ぶのかは分かりませんが、現地に行ってその目で離島の自然を堪能して来てください!

どちらに行こうと、楽しさは私が保証します!!!

旅行代理店選びの目安と予約時期

さて、ある程度方針が決まったら、次にするべき事は事前予約です。
というか、これをしないと何も始まりませんw

私は普段HISにお世話になることが多いのですが、その都度JTBにも見積もりを出してもらっています。
で、両者の違いによるオススメを端的に述べると、

安いが神!
どうせ海に入って、遊んで、寝るだけだし!

って人はHISがオススメ。

一方、

良いホテルで海を眺めながら優雅なひと時を過ごそうじゃないか!

って人はJTBがオススメです。

私の経験則ですが、友達と遊びに行くなら格安のHISで十分だと思います。
逆に恋人やちょっと優雅な家族旅行、新婚旅行や夫婦水入らずでの旅行なら優雅なJTBです!

旅費と飛行時間は大きく変わらない

離島旅行の私史上最安が、レンタカー込み・ホテル連泊3泊4日のプランで宮古島48,500円、石垣島53,000円でした。

フライト時間は両島とも直行便で2時間30分〜3時間程度です。

「直航便なんてあるの?」

と、思う方も多いようですが、これに関しては間違いなく“あります”ので心配しないでください。

ただ、旅行代理店により料金設定に違いがあるので、詳しくはこっちの記事をどうぞ↓

JTBとHISの沖縄旅行の見積もり比較!

予約はお早めに・・・。

参考程度ですが、旅行時期と予約開始時期の対照表を作っておきました。

私の経験談なんですが、6月に石垣島に行こうとして3月中旬に代理店に行ったところ、飛行機・ホテルともに埋まっていて予約が取れなかったことがありました・・・。

そんな苦い経験から、旅行の際は早めの予約を心がけています。
特に近年は石垣・宮古ともに観光客数が激増してるので、皆さんも旅行を計画する際は、早め早めのご予約を!


▼HISの離島旅行はこちらから

▼JTBの沖縄旅行プランはこちらからどうぞ

ズバリ狙いどきはいつ頃かいな?

折角の離島旅行ですから、人の少ない日を狙い撃ちして、楽しく優雅に過ごしたいですよね。
というわけで、こっそり狙い目の時期をお教えしたいと思います!

私の経験上、天気が良い・観光客が少ない・旅費が安いの3拍子が揃っている時期は6月の終わりです!(特に梅雨の明ける20日以降くらいが狙い目)

この時期に休みを取るのは至難の技だと思いますが、取れた際にはぜひ離島旅行へ!

最後に・・・。

最後に石垣島・宮古島で撮った印象的な写真を載せて終わりにしますねー。

▼宮古島でのサンセット
new_IMG_3606
▼石垣島(カイジ浜)の星の砂
new_IMG_3417
それでは、良い思い出をたくさん作ってきてくださいねー。
ではでは。

やかないサプリ

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

石垣島観光なら竹富島の海や自然、街の景色を楽しもう!

沖縄の自然を満喫するなら石垣島でしょ! こんにちは新常宗です! 夏に向けて旅行の準備を着々と

記事を読む

リゾバ体験談!リゾートバイトのリアルな口コミ、オススメのアプリを紹介!

↑リゾバの休日に撮った白浜の写真です! リゾートバイト、略してリゾバ。 今若い女性を中心にリゾ

記事を読む

JTBとHISの沖縄旅行(石垣島)の見積もり比較。2万も差が・・・

安旅派?or豪華派? 旅行プランを立てる際に、必ず気になるのが予算編成だと思います。 国会で

記事を読む

初めての石垣島・宮古島旅行に必要な持ち物リスト!事前準備はしっかりと!

旅行を楽しむコツは最高の準備! 初めての離島旅行前は、飛行機の時間と同じくらい事前準備が気になると

記事を読む

朝霧JAMに初参戦!服装や持ち物、駐車券チケットが分かり難い?

↑ ↑ ↑ ふもとっぱらキャンプ場の夜は幻想的なイルミネーションに彩られます 朝霧ジャムに初め

記事を読む

宮古島観光なら海とビーチでしょ!海が綺麗すぎてワロタw

宮古島は海がステキ! 前回の石垣島レポートに続き、今回も始めて宮古島に行く人に向けていろいろと

記事を読む

飲む日焼け止め「やかないサプリ」の効果を口コミガチレビュー!

日焼け止めは塗るから“飲む”へ! 今まで日焼け止めは化粧品コーナーの一部に陳列され、塗布するタイプ

記事を読む

Comment

  1. きょうこ より:

    ありがとう(*˘︶˘*).。.:*♡本当にどっちがいいかなと思ってたので、参考になりました(•ө•)♡

きょうこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新入社員が会社辞めたいのは逃げ?ゆとり世代の先輩として一言

あー辞めたい、会社行きたくないなー 新入社員で退職を考えている方、こ

会社を辞めたい新卒の新入社員へ。仕事が辛いなら早期退職したらいい

社会は正論しか言わないよね この記事にたどり着くまでに色々な「新卒退

若手理学療法士が3度の転職実体験を語ってみる

転職を成功させるための求人情報の参考にどうぞ 理学療法士や作業療法士

宮古島と石垣島の違いを比較。旅行ならどっちがいいの問題

石垣島or宮古島はどっちオススメ? この記事は、離島旅行を計画する際

理学療法士、作業療法士の給料が安い4つの理由と上げる方法

(病院経営事例集より画像引用) 現状を憂う前に行動を! いきなりで

→もっと見る

  • ▼露出の増える夏に向けて!▼

    パルクレールジェル

PAGE TOP ↑