乃木坂46、裸足でSummerPV解禁!歌詞とPVから見える今後の方向性

公開日: : 最終更新日:2017/11/30 乃木坂46分析

      

 いい流れには乗るぜ!

特に意図せず書き始めた乃木坂分析の記事ですが、好評につき勢いに乗って新曲「裸足でSummer」のPVと歌詞を分析してみようと思います!

結論から言うと、今回のPVはとても興味深い。
色々方向性を伺わせる描写が描かれているので、それらを紐解いていこうと思います。

スポンサーリンク

 

ジャケ写はこんな

裸足で Summer (Type-A CD+DVD) [ 乃木坂46 ] 

とりあえず歌詞

大人の事情で消しましたー。

歌詞はこっちのリンクからどうぞ

うたまっぷ 裸足でSummer

とりあえずPV

ネイティブアメリカンを意識した感じなんですかね?
ヒッピー?

それにしてもダンス場面のカット適当すぎじゃね?(笑

今後は西野さんを中心に据えるという強い意志

一通りビデオを見てもらえれば分かると思うんですが、単体で引き顔を撮られているメンバーは斉藤さん、西野さん、生田さん、白石さんの4人です。(橋本さんは微妙)

斉藤さんはセンターメンバーなので当然シングルカットが多いのは頷けます。
問題は次点に引きが多いメンバーが誰であったかという点。

私調べでは西野さんが5回、白石さんが4回、生田さんが1回。

特に落ちサビ部分の西野さんの「I know〜」はかなり印象的。

バックの音が小さくなってボーカルが最も目立つ落ちサビの部分にわざわざ西野さんを持ってきています。
本来であれば間違いなくセンターメンバーが挿入されるシーンです。
そのシーンに西野さんを持ってきた事で今後の方向性を強く伺わせる印象的な場面だと感じます。

法則崩れが世代交代を感じさせる

今回のPVの大まかなペアは、

・斉藤さん、白石さん、西野さんのフロントセンタートリオ
・橋本さん、生田さんのフロントサイドコンビ
・高山さん、桜井さんの中段サイドコンビ
・秋元さん、衛藤さん、松村さんの中段センタートリオ
・生駒さん、若月さんの後方ベテランコンビ
・星野さん、堀さん、北野さん、中元さんの後方ヤングカルテット

基本的にはこんな感じで撮影されています。
今回注目したいのは、このメンバーの法則が崩れてる場面が2シーンある点です。

2:22秒付近にセンターメンバーの西野さんとサイドの生田さんのツーショット、3:11秒付近には同じくセンターの白石さんとサイドの橋本さんのツーショットが映されています。

これが何を意味するのか、また制作側に意図があったのかは分かりません。
ただ今の乃木坂の現状を考えると、西野さん生田さんペアは次世代の乃木坂を背負っていく存在であると言わざるを得ないと感じます。

やはりこの法則崩れには何か意図があるのでは?と勘ぐってしまいますね。

生田さんのアップはあるが橋本さんは微妙 

今回のPVは構図的に白石さんに対するのが西野さんだとすれば、橋本さんに対するのは完全に生田さん。

今回のPVを見る限り橋本さんの引きの絵は無いと言っても良さそうですが、生田さんの引きは冒頭に一発あります。
これが何を意味するのかは制作側にしか分かりませんが、一つ言えるのは最近の生田さんは注目度が上がっているということ。

今の乃木坂46で他の媒体へのチャネルとなっているのは完全に生田さんでしょう。

生田さんと橋本さんは左右違えど立ち位置は同じ。
であるとすれば、PVに差をつける必要も無いはず。

それを敢えて変化させてきたと言う事は生田さん経由で乃木坂を知った新規の人を固定客に迎える戦略なのか、もしくは・・・?

色々勘ぐっちゃいますね(笑

you knowとI knowをどう解釈するか?

冒頭で斉藤さんが「you know?」と誰かに同調を求めているシーンがとても印象的ですよね。
ただ、このyou knowをどう解釈するかで色々変わってきそうです。

歌詞全体の流れは無視して、人から人へのメッセージだと考えればどうなるか。

斉藤さんの「you know?(そうでしょう?)」という同調を求める発言に対して、「I know(わかってる)」と西野さんが答えています。

しかもその歌詞の場面はツーシーンとも顔面どアップ(笑
となると、それなりの意味を含んでいると考えるのが普通ですよね。

今回の歌詞は秋元さんらしくもあり、らしくない部分もある。

私が乃木坂分析というカテゴリーを開設した大きな理由は、秋元さんの書く歌詞の比喩が素晴らしいと感じたからです。
ただ、今回の新曲に関しては正直イマイチ。

前回のきっかけやサイレントマジョリティーは分析しがいがあったんですが、今回の曲に関してはあまり分析する気にはなれませんでした。
表現がストレート過ぎて深読みしにくいです。

以前の歌詞分析の記事で「秋元さんの歌詞はメタファー要素が多い」と書いたんですが、まさしく秋元さんの歌詞の生命線はメタファー要素がどれだけ描かれているかだと感じています。

今回の曲は表現が正直すぎて歌詞から連想される風景が皆無。
ただリズムに乗った言葉を聞いている感覚です。

今までは比喩を多用していた歌詞が多かったのでなんとなく共感を得やすい歌詞だったんですけどね・・。

楽曲はシンプルで良いと思う

ユーチューブのコメント欄には厳しい意見がありましたが、個人的にはこの曲調は結構好きです。
なんとなく疾走感のあるレゲエっぽい感じがしませんか?

確かに派手さはあまりないですしBメロからサビの部分は少し分かり難い感じもします。
曲の展開も単調ですしね。

でもこの曲のサビって売れる法則で有名なカノンコードじゃないのかな?
聞いててすごく心地の良い感じがしちゃってます。

音楽に詳しい方がいましたら解説お願いします。

まとめ

だめだー、眠くてまともな内容が書けない。
だったら目が冴えてる時に書けって話ですねw

兎にも角にも今回の新曲、メロディーはいいと思いますが歌詞にはがっかり。
やっぱり今年のピークは「きっかけ」だったのかなー?

紅白出るとしたらきっかけでしょう。
きっと。

ではお休みなさい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
お役に立てれば光栄です。

関連記事

乃木坂46、16枚目シングルのセンターを大胆予想!センターは・・・。

どうも。 最近怒涛の勢いで乃木坂関連の記事を書いている新常です。 このブログのコンセプトは「雑

記事を読む

君の名は希望の歌詞に秘められた“擬人化”という比喩が凄い

久々の歌詞分析をしてみます 乃木オタの皆さんお久しぶりです。 新常でございます。 今回は久々

記事を読む

乃木坂46に代表曲が無いと言われるのはなぜ?原因を分析してみた。

乃木坂46のさらなる飛躍を願って 乃木オタの皆さんこんにちは、新常です。 乃木坂46が結成されて

記事を読む

乃木坂46オススメの名曲ランキングベスト5!ミドルオタ編

ファンからオタへの登竜門 乃木オタの皆さんこんにちは。 新常です。 乃木坂関連の記事を書くの

記事を読む

乃木坂46「サヨナラの意味」の歌詞は光と陰のツンデレ歌詞

暗いようで明るく、明るいようで暗い 最近様々なアーティストの歌詞を読むことが増えてきたんですが、じ

記事を読む

橋本奈々未さんが乃木坂46を卒業して芸能界も引退するらしいです。

ガチの卒業だね。 乃木オタの方にはなんともショッキングな出来事ですねー。 今まで乃木坂46を牽

記事を読む

乃木坂46ドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」を見た感想を率直に。

乃木オタ必見の映画 どうもこんにちは。 新常です。 私事ですが、今更ながら乃木坂46主演の初

記事を読む

欅坂46と乃木坂46の“アーティスト宣言”の記事を読んだ

色々と言いたい! どうも。 新常です。 最近こんな記事を見つけました。 炎上覚悟!?

記事を読む

乃木坂46、16枚目シングルのセンター橋本奈々未とは?新曲のテイストは?

予想は見事に外れた どうも新常です。 ついに乃木坂46の16枚目シングルの選抜メンバーが発表され

記事を読む

乃木坂46「ないものねだり」のMVは絶対に作るべきだ

単純に見たい、それだけ。 どうもこんにちは。 新常です。 年の暮れ、皆さんはいかがお過ごしで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ▼露出の増える夏に向けて!▼

    パルクレールジェル

PAGE TOP ↑